月別アーカイブ: 2015年11月

【続報】ブラックバイトによる団体交渉拒否とその後の動向 

以前にも書きました。
「ブラックバイトによる団体交渉拒否とその後の動向」
についての続報となります

飲食店チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のフランチャイズ加盟店を運営する会社と団体交渉をしていたところ、会社側から一方的に交渉を打ち切られたとして、労働組合「ブラックバイトユニオン」が11月5日、東京都労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

ユニオンは、首都圏にある「しゃぶしゃぶ温野菜」の店舗でアルバイトとして働いていた大学生が、4カ月間も休みなしで働かされたうえ、約20万円の自腹購入を強いられたなどとして、9月下旬から、その店舗を運営する「DWE JAPAN」(千葉県成田市/DJ社)と団体交渉をおこなっていた。

DJ社側が「団体交渉の内容をブログにアップするなら、これ以上交渉することはできない」として、一方的に交渉を打ち切ったと説明している。翌20日、会社側に再度、団体交渉を申し入れたが、一切回答がない状況だという。

●署名提出も、レインズ社は受け取らず

こうした状況を受けて、ユニオンは11月5日、フランチャイズ本部のレインズ社を訪れて、インターネット上であつめた署名を提出しようとしたが、同社から受け取りを拒否されたという。青木氏は記者会見で「レインズ社はフランチャイズ加盟店に助言・指導にあたる立場にかかわらず、今回の被害を防ぐことができなかった。解決のために話し合いに応じる責任がある」と語った。

一方、レインズ社は11月4日、DJ社とアルバイト学生のトラブルの事実関係について「第三者機関」がまとめた調査報告書の概要を同社のホームページに掲載した。報告書のなかで、第三者機関は、「4カ月休みなく働かされた」「自腹購入させられた」という大学生側の主張について「事実として確認できない」と結論づけている。
yahooニュースより一部抜粋

レインズ社が依頼した「第三者機関」が出した結論は、大学生側の言っている事を「事実として確認できない」

大学生は嘘をついている
続きを読む