お茶

キュートに給湯


こんにちは英子です。

今日は何でか会社への来客が多くて大変です。

どうしたのかしら?
借金取り?

いえいえ、まだ月末ではないので、
仮に飛びそうになっていたとしても、
まだばれるには早いはず。
とか、思っていたら新しく何かを企画をするらしくて

それで、業者さんに声を掛けたら

この不況で暇なせいか、
ぞろぞろとやってきたというのが真相なようです。

あ、いつもyahooニュースを隅から隅まで
読み込んでいる暇な課長が珍しく忙しそう。

「ああ、英子君、悪いけど、時間が押していてね。
5分もすると、また業者が来るからお茶を出すようにね。
こう、キュート給湯してね」
m9っ( ̄ー ̄)ニ

「分かりました」
(調子に乗っている事が・・・)

夢を見るのは寝ている時だけにしてほしいですね
( ゚д゚)、ペッ

さてとそれでは文句も言わずにお茶いれなくちゃね。

先ずは入れる器にお湯を入れて温めてから、
急須にお茶っぱ入れて
お湯を入れて1分ほど蒸らすと、
この時に急須を揺すりたくなるけど
そこはガマンして頂戴ねっと、
それがすんだら各お茶碗に均等に入れて、
最後に「美味しくなーれ!!」
୧꒰*´꒳`*꒱૭✧モエモエ
と雑巾を絞って汁を入れて出来上がり♪

課長、美味しく飲んでね~

悲しい夢と駄洒落に合掌

雑巾

※この記事は2010/7/20にUPしたものを再編集したものになります