真田丸感想35話「犬伏」①真田家の絆


2016-09-04 22.04.55

前回、佐和山に蟄居となり事実上の失脚となった三成が大阪城へと再び戻り打倒家康の旗を掲げます。

大阪の真田屋敷では家族一同が集まり、信幸が徳川の命令によって上杉討伐に出陣するが、真田は上杉側に付くという説明が行われます。
それを聞いた薫が「裏切るのですか」と言うと昌幸は「表返るのじゃ」と答えます。

家康は豊臣から権力を奪おうとする簒奪者である。従って、家康を討つ事は本来の役割に戻る。それを表返ると称したのでしょうね。

次に幸村が後の予定を説明します。
明日大阪を出発。
昌幸は上田
信幸は沼田
其々もどり軍備を整えた後に会津へ出発。

残る家族は真田が上杉に付いたとなった際に危険が及ぶ可能性が高いという事で大阪を脱出するようにと指示が出されます。

幸村は残された家族の先導をきりに頼みます。
しかし、きりの思いを知っているのか春は「母上様は必ず、この春が無事に上田までお連れ致します」と言ったかと思うと薫に抱き付きます。

母上様は私が守ります。信繁様の妻は私だという事お忘れなく

母上様は私が守ります。信繁様の妻は私だという事お忘れなく

流石はきりの危機回避能力と梅の押しの強さを併せ持つ春です。それを見てきりは忌々しそうな表情を浮かべます。

何と言う押しの強さ!!

何と言う押しの強さ!!

幸村は目をぱちくりとします。

私は特に何も見ていない

私は特に何も見ていない

その後に薫ときりと春とで場所を移した後も、薫の奪い合いは続くのでした。
2016-09-04 22.08.50

その一方で、信幸は昌幸へ稲から話があると伝え、稲は忠勝から稲に宛てられた文を昌幸に手渡します。

2016-09-04 22.22.31
内容は昌幸が裏切る素振りを見せたら徳川に知らせるようにというものでした。
しかし稲は自分が真田伊豆守の妻であり、徳川に動きを知らせるような真似は決して致しませんと言います。
2016-09-04 22.10.07
それを聞いた昌幸は稲の手を取ると「おまえは立派な真田の嫁じゃ」と言います。それを聞いた稲は口を開き何事かを言おうとしますが言葉にはならず息を吐き出すと微笑み、その目は赤くなっています。

2016-09-04 22.12.03
2016-09-04 22.11.50
それを後ろで見守るおこうは、その目に涙を溜めながらも笑顔を浮かべ喜びます。稲とおこうの間には確かな絆が生まれていたようです。
それはきりと春に二人の爪の垢を分け与えてやりたいと思う程です。
2016-09-04 22.12.18
しかし信幸は稲と目が合うと頷きますが、稲に父を裏切らせ辛い思いをさせていると考えるのか素直には喜ぶことが出来ないようです。

月並みな感想ではありますが、この家族の幸せが少しでも長く続けば良いのにと祈らずにはいられません。

真田丸35話「犬伏」感想つづきます。
真田丸感想一覧