こんにちは。英子です。

今日も暑いですね。

特に馬鹿長が暑苦しい。
最近、太陽に吼えろのDVDBOXを買ったらしくて、
口調が命令口調になっていてムカつく上に暑苦しいんです。

もうアレよね。
懐かしのテレビ特集でよくやってる。
故松田優作の「なんじゃこりゃー」とかやってんのよ。
こっちこそなんじゃこりゃーって感じよ。
憧れてた花のOL生活を送れるかと思ったら、
何でこんな薄汚れたおっさんのモノマネの相手なんかしないといけないのよ。
普通だったら私に群がる男どもの相手をするのに苦労して、
私を取り合って決闘とか・・・。
これは古いな。
それこそ故松田優作の時代の出来事なんじゃないの>
って言うかそうなったら引く。
引きますわよアナタ。
しかも女を取り合って頑張ってくれるのは良いけど、
喧嘩に買ったからって何でアタシがそいつのものになるのよ?
私の意思はどうなるのよ?
もしかしたら勝った方も負けた方も大して好きじゃない可能性だってあるじゃないだわさ。
だってねぇ「英子さん!どっちが好きなのか決めてくれ」何て言われたら私だって悪い気はしないけど、
でもねぇ。
その空気の中で「いいえ、どっちも好みではありません。私はもっとシュッとした顔が好きなんです」
とか言えないじゃない?
まぁ一度位は「私のためにケンカをするのは止めて!」って言ってみたいけど、
それだって2度目3度目になったら
「そこのスタバに居るから終わったら報告に来て頂戴」って感じになるわよ。
と言っても、ここじゃそんなことが起きる可能性はかけらも無さそうだけどさ。
まったく私の理想を返して欲しいわよ。

なんて一人でグチってたら社長がやって来ました。
この人も暇よねぇ、
お陰で社内まともに付き合っているのなんて、
うちの馬鹿長位だって噂だしね。

いつも通りつまらない話をしているのを聞いていたら、
社長から衝撃の質問!!

「馬場君て普段なにやってんの?」

この一言に焦った課長。
普段なにもしないで壁のシミを数える位しかやる事のない人です。
本当のことを言ったら最悪、部署ごと消滅してしまう。
しかも、それだけならまだしも
仕事をしないといけない部署に異動となったら
本当に働かなくてはいけなくなってしまう。
とでも思ったのでしょう。
子供もいないのに子供の学費がとか、
どうせ老後は中途半端に介護状態になって、
生きてるだけ地獄の老後が確定しているので老後が不安だとか、
挙句の果てに会社の給料が安いとまで言っていました。
社長に向って何を言っているの?
この人は・・・。

って言うか何でこの人クビにならないんだろ?

とか思っていたら流石の社長も呆れたらしくて、
スタスタとどこかに歩いて行ってしまいました。

まさか、今日は新人研修の日でスピーチとかあるのに、
すっかりその事を忘れていたりとか、
そういうオチは無いわよね。

その後、課長はウンウンと3分位頭を抱えて独り言で、
「良いアイデアが浮かばない。稼がなくては・・・」と、言っていました。
あらあら、流石に自分の存在意義の様なものを考えるようになったのかしら?

その後、馬場課長はパッと輝いた顔をしていました。
きっと素晴らしいアイデアが浮かんだのでしょうね。

まさか、「アイデアとは愛である」とかダジャレが頭に浮かんで、
自分はこのままで良いんだ。とか会社のヒモとして生きていくと決心した。
とか、そんなオチは無い。と信じたい英子でした。

悲しい笑いに合掌(駄洒落)

ダジャレ(駄洒落)一覧はこちら

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。