文明の起こり

新しい芽生え

岩波講座の世界歴史の旧版を今さら読み始めました。最初は本編29巻セットを5千円位で安く買い叩いた時は得したと思ったのも束の間、いつしか5千円やるから誰か持ってってくれないかな?と思うほどの邪魔者と化してから結構な月日が経… 続きを読む 文明の起こり

投稿日:
カテゴリー: 歴史 タグ:

千利休が切腹に至った理由について思うこと

抹茶

利休という人について 千利休は大永2年(1522年)和泉国の堺に生まれました。 幼名は田中与四郎、南宗寺で修業を行い宗易という法名を授かり他に抛筌斎(ほうせんさい)とも呼ばれていました。 利休という名は居士号であり、居士… 続きを読む 千利休が切腹に至った理由について思うこと

投稿日:
カテゴリー: 歴史 タグ:

日本二十六聖人について

時津港前にある日本二十六聖人上陸の地の記念碑

豊臣秀吉はキリスト教の禁教令を発布しています。 実は以前にもバテレン追放令を出しているのですが、それでもキリスト教の布教を止めませんでした。 これはキリスト教の布教は同時に交易も行われることからのお目溢しであったようです… 続きを読む 日本二十六聖人について

投稿日:
カテゴリー: 歴史

貿易の実利と宗教という洗脳との天秤に揺れる豊臣秀吉のバテレン追放令

天秤

秀吉はサンフェリペ号の積荷を回収する口実としてバテレン追放令を口実として利用していますが、そもそもバテレン追放令とは何なのでしょうか? バテレン追放令とは 秀吉はもともとキリスト教に対して織田信長の方針を継承して容認して… 続きを読む 貿易の実利と宗教という洗脳との天秤に揺れる豊臣秀吉のバテレン追放令

小田原攻めでの北条氏の思惑を凌駕する豊臣秀吉

石垣の上にそびえる日本の城

今回は天正18年(西暦1590年)に豊臣が北条氏を下すにあたって小田原城を攻めた小田原征伐で起きた北条氏政の誤算について書いてみたいと思います。 北条氏政が籠もる小田原城は豊臣方に隙間なく囲まれています。 北条の城を中央… 続きを読む 小田原攻めでの北条氏の思惑を凌駕する豊臣秀吉

投稿日:
カテゴリー: 歴史