こんにちは英子です。

今日のお昼は何にしようかしら?
/(-_-)\ コマッタァ・・・ 。

何も変化のないルーティンワークをこなす日々。
って言うか何で営業部で皆のマドンナであるエイコちゃんがこんなうらぶれた部署に異動になったの?
解せぬ・・・。

はぁ。
(*´Д`)
深い溜め息が止まりません。
ダメよダメダメ。
ため息を吐くと幸せも一緒に逃げてくって死んだおばあちゃんも言ってたじゃない。

飛檄は突然訪れました。
ある日、壁際代表の馬場課長の元に暇潰しに訪れたと思われる社長。
いつも通り下らない話をするんだと思っていたら「ようやく馬場君の居場所が決まったよ」
そう言うと営業課長に馬場課長が新しい部署を立ち上げることになったからよろしくねと言い残して二人でどこかへと去って行きました。
みんな、どうでも良い人がどこかへ行ったんだなぁと思っていたら、
なんと社長が戻って来て更に言いました。
「なんか事務とか出来る子が欲しいから一人ちょうだいよ」
「え?」
「馬場君、誰が良い?」
「じゃあ、英子君を」
え?何?何が起きているの?
ポカーンとしていると社長は営業課長に
「じゃあそう言うことだから」
こうして私は異動になって今ここにいます。

気を取り直してお気に入りのサイトを見てみましょうって10分前に行ったばかりだから更新なんかされてません。
体感では終業時間5分前くらいですがよく考えてみたらお昼もまだ食べていません。

「誰か助けてください!!お願いします!!!」
・゚・(つД`)・゚・
とSOS信号を出したって誰も助けてくれません。
ヽ(´Д`;)ノ…

終業時間8時間で仕事が一時間位で終わってしまう毎日では、
楽しみ何てランチ位しかないの( ゚Д゚)!!

お店を色々と開拓してるけど小洒落たオサレカフェには行けません。
なんであんな小鳥が啄むみたいな量で千円以上すんの?
何で?

そんなことを考えていたら、ああ!馬鹿課長、略して馬鹿長(バカチョウ)と私が心の中でひっそりと罵っている馬場課長がトコトコやって来る。

お昼いっしょに行こうか?とか言われたらどうしよう・・・。
そうならない為に日頃めちゃくちゃ冷たくしているのに・・・、鬱だ。
もしそうなったら、その間も給与が発生しないとムリ!

「英子君は普段お昼はどうしてるの?」

「普段は霞を食べています」

「だったら、たまにはチャイナに行っちゃいなよ。」

そう言うと、ムカつくどや顔をして、そのままどっかに行っちゃいました・・・。
(ハイパーメディアクリエーターってなに?何なの!?マジキモい)

それでお昼はラーメンを食べに行こうと思ってたけど、
これは中華っぽいものを食べたい・・・。
もしかしてバカチョウのあの下らないダジャレの影響
( ゜o゜)ハッ
ってなったのでパスタを食べてきました。

悲しい笑い(ダジャレ)に合掌

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。