社会人合唱団

教育の為に今日いくところ

どうもっす!出井っす!!
あの後、結局なし崩し的に研修に参加する事になったっす。
どんな事をやるのか、
ちょっと不安なんすけどワクワクもしてます。
軽く修学旅行の気分すね。

それで、まず最初に駅前にみんな集まるらしいっすね。
お!それっぽい団体がいるぞってんで行ってみました。

しかし朝の通勤時間帯で
一番人通りの多い時間に
固まって待っているのは、
ちょっと恥ずかしいっすね。
とはいえそこは悲しき新入社員っす。
この集合時間と場所だと
通勤時間帯に絡むから周りに迷惑な上に、
社名が出ていると出勤している人々に
非常識な会社だと思われるから、
他の時間帯と場所に変えてみたらどうかね?
ウォッホン。
という訳には行かないっす。
仕方ないので名簿に出席のチェックを入れて
並ばされて待っています。
そんな事を思いながら待っていたら、
前にハゲ。
もといチビ。
いやチビハゲデブのオッサンが現れたっす。
倒しても経験値は少なそうっすね。

「私がこれから研修の間、教官をする井角です。
それじゃあ、皆さん集まったので歌いましょう!!」

歌詞の印刷された紙が配られました。
歌うっすか?
ここで?(゜o゜)
巨人の何とかのオープニングをここで?
自分は埼玉生まれの埼玉育ちっす。
小さな頃は白いライオンの星になると決めていた自分に
このテーマソングを歌えと言うっすか?

「おらー歌えー」

小さな声を出す一同っす、
だって恥ずかしいんすもん。

「声が小さーい」

少し声が大きくなる一同っす。
辺り一面に響くバカでかい声で井角が歌い出しました。

周囲の人達から集まる冷たい視線が痛いっす。
こちらを馬鹿にしたような顔で
薄笑いを浮かべて駅に向かう人の姿も地味に痛いっす。
でも自分も同じ光景を見たら笑うっす。
仕方ないっす。
この光景はバカ以外に見えないっす。

「オマエラ―、こんな簡単な事も出来ねぇのか~、
社会舐めてんじゃねぇぞ、オラ~!!」

ほんとマジで勘弁してほしいっす。

「ちょっと良いかな?」

あっポリスメンす。
何か警官二人にハゲデブが両脇を抱えられて連れてかれたっす。
そして、耳を澄ますと声が聞こえて来るっす。

「やめれー、これから教育の為に今日行く所があるのだー」

悲しい笑い(だじゃれ)に合掌