こんにちは英子です。

昨日は飲み過ぎて、
お酒がまだ残っているせいか、
少しフラフラします。

なぜか私は人から打ち明け話や相談をされる事が多いのです。
正直、私自身は墓まで持って行くつもりの秘密を持っているので打ち明け話なんて絶対にしません。
相談については、こっち方が相談したい位です。

しかも、打ち明け話や相談話なら、
イケメンから
「実は英子さんの事を好いとるとです」
といった何故か九州弁での告白とかだったら
ウェルカムなのですが・・・。
そんなことは一切ありません。
あ、でも九州男児は男尊女卑の文化が色濃く残るという噂も聞くのでリスク高そうだからノーンセンキューかもしれません。
(イケメン除く)

告白されることはあっても、それはハゲたおっちゃんから
「実は会社が揺れた誤発注あるじゃん?
あれやったの実は俺なんだよね。
ハハハハハ」

うーん、全く笑えないです。
あれで犯人不在のまま担当課長が責任取らされて飛ばされちゃったって聞くし・・・。

他に相談話の例だと、
実は裁判で子供の親権を争っていて、

「俺は犬だ、子供よこせなんて言えねぇのが分かってんのに
俺は止めねえんだよ。
こんな浅ましい俺を笑ってくれ。」

悲惨すぎて笑えないっす。

まぁ、これは極端な例なのですが、

うちの会社は飲み会がある時、
会社で普段は話さない人とも交流を持とうという事で、
シャッフルされるので知らない人と一緒になる事が非常に多いのです。
イケメン君と隣になったらどうしようと、
毎回ドキドキしているのですが、
一回もそうなった事はありません。
なんで?

今回もヘビーな打ち明け話を聞くことになりそうな、
嫌な予感がするなぁって思っていたんです。
案の丈太郎君です。
(でも年を取ってるほど人の抱える秘密って大きいです。
実は平凡な何も無い人生って難しいのかも)

今回となりの席になったのは他部署の独身46才のおばちゃんです。
もう嫌な予感が全開です。
[´Д`]エンジン全壊

いやぁ女も長く生きてると色々ありますね。

これから語るも涙。
聞くも涙の悲しい話がはっじまるよー♪って感じです。

聞いたらこの人もあの時に、
あんな事が無ければって思うのですが、
最後はおばちゃん大号泣です。

しかし、いや、別に良いのですが、
もちろんおばちゃんの話したい趣旨は伝わっているんですよ。
とても悲しいお話です。
そんな中での一言です。

東映映画で始まりに出てくる波が
ざっぱぁぁんとバックに流れるタイミングで吐かれた台詞です。

「あの時!!!私の人生は360度変わってしまったのよ!!

そして号泣。

元に戻ってるよ!!!
元通りだよ!!何の問題もないよ!!!
王様の耳はロバの耳~!!!!
とは、ツッコメませんでした。

はぁー、すっきりした。

悲しい女の一生に合掌

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。