真田丸感想42話「味方」⑤幸村の勝算

2016-10-30-04-43-20

前回、幸村に作兵衛という味方が新たに加わることとなりました。

幸村は秀頼に呼び出され秀頼の正室である千を紹介されます。
秀頼は千の父が徳川秀忠であると同時に千は豊臣家の者として秀頼に付いて来ることを約束していると伝えます。

あたし死ぬのかしら?

あたし死ぬのかしら?

その横で千は目を大きく見開き全身に緊張を走らせます。その様子を見て取った幸村は千に話しかけることが出来ずにいると、それに気付かず秀頼は「左衛門佐。母とも諮ったのだが、そなたは長年、父に仕え我が母の覚えも良い。是非、豊臣の総大将になってはくれぬか」と言います。これに幸村は「滅相もない事でございます」と断ろうとしますが横に居る修理が「お味方の殆どは関が原以来の牢人達。余程しっかりした人物が上に就かねばまとまりが付きませぬ」と後押しをすると秀頼が「左衛門佐をおいて左様な者が他に居るだろうか」と更に畳み掛けて来ます。幸村も秀頼にそこまで言わせたのであればと「恐悦至極に存じます」と答えます。

幸村「総大将になりそうだ」内記「やりましたな!!殿も草葉の陰で喜んでおりますぞ」盛親「お主等きれいに咲くのだぞ」

幸村「総大将になりそうだ」内記「やりましたな!!殿も草葉の陰で喜んでおりますぞ」盛親「お主等きれいに咲くのだぞ」

幸村は総大将に任じられたことを内記に報告すると「それは誉れの限りではございませぬか」と喜びますが、当の幸村は「些か気が重い」と答えます。内記は「若殿ならきっと成し遂げられます。いやぁ目出度い。大殿に申し上げねば」と励ましの言葉を掛けると昌幸の位牌に報告へと向います。そんな二人の向こうでは相部屋の盛親が竹筒の水を庭に咲く花に掛けていたのですが、二人の話が漏れてくるのを聞いていた盛親も「総大将。是非ともお引き受けなされ」と声を掛けます。
2016-10-30-04-44-54
盛親は部屋に入り腰掛けると「やはり戦は柱になる者がおらんと、儂なんぞはとうに戦の仕方も忘れてしもうたわ」と笑います。幸村が「これまで何をなされていたのですか」と聞くと「京の町で寺子屋を開き子供たちに読み書きを」と答えます。幸村が「そうでしたか」と言って頷くと「長宗我部家再興のため嘗ての家臣に背中を押され此度の戦に加わったが」そう言うと顔を幸村に近づけるとやや小声になって「儂は本来、戦が嫌いでな」と言います。

そんな泥棒みたいな髭してるのに?

そんな泥棒みたいな髭してるのに?

幸村は驚き「そうは見えませぬ」と言いますが盛親はしかめ面をして「この顔で誤解されがちだが儂は肝の小さな男でな。実は其方と相部屋になってほっとしておるのだ。部屋が広くて些か淋しかった」と胸中を告白すると「全く、そうは見えませんでした」と幸村は鳩が豆鉄砲を喰らった様な顔をして答えると「上に立ってくれる者が居ると実に助かる」と盛親は頷きながら言うと幸村は驚きから立ち直れずに首を縦に振るのでした。

2016-10-30-04-46-04

全登「神々よ我らを守りたまえ・・・」盛親「やだ、隣の人怖い・・・、この悪魔めが!!とか言って襲い掛かって来ないだろうな」


大阪城で軍議が開かれる事となり主要な牢人たちが集められ、各自各々に軍議が開かれるのを待ちます。全登は祈りを捧げながら待ち、盛親は怪訝な表情で横目で様子を伺います。同じように幸村も待ちますが、そこへ一人の男が話し掛けてきます。男は言います。
「それがし加藤嘉明様の下で鉄砲大将を務めておりました塙 団右衛門でござる。以後、お見知り置きのほど」と挨拶をすると「こちらこそよしなに」と幸村も応じます。団右衛門は「剣術の腕は今ひとつながら、戦の時は欠かせぬ男でございます」と言いながら取り出した小袋から小さな木札のようなものを取り出して手渡します。

幸村(その内に夜露死苦とか書いて来そうだな・・・)

幸村(その内に夜露死苦とか書いて来そうで怖いな・・・)

その木札には「塙 団右衛門参上」と書かれていました。団右衛門は幸村の後ろに座ります。
2016-10-30-04-46-52
塙団右衛門は言っていた通り加藤嘉明のもとで供小姓として仕え始め、やがて一千石の扶持を受け、二百人の兵を預るまでになっています。加藤嘉明の下を離れたのは関が原の戦において足軽大将として出陣。その際に敵を欺くようにとの指示を無視して正面から敵を打ち破るも、帰陣後にそれを叱責されたのを不服として、戦が終わり帰還した後に屋敷の柱に「遂不留江南野水 高飛天地一閃鴎」(かもめは江南と言う小さな水に留まることなく天高く飛ぶ)と書き残して加藤家を立ち去ったと言います。そんな団右衛門ですが勇猛であることは知られており各大名より仕官の声が掛かったそうなのですが、例によって加藤嘉明が「奉公構」を出したことで牢人暮らしを続けざるを得ず、やがて喰うのにも困る事となった団右衛門は洛西妙心寺に坊主として入り鉄牛と称していた事もあると伝わっています。
2016-10-30-20-41-53
そうこうしていると修理が「右大臣様のおなりです」と声を掛けると皆が一斉に平伏します。秀頼が現われ、修理の「それではこれより軍議を始める」と開始が告げられると又兵衛が立ち上がると「その前によろしいか」と発言します。治房は又兵衛に飛び掛り抑えようと身構え、修理は又兵衛を嗜めますが秀頼は「治房。構わぬ」と又兵衛の発言を許します。又兵衛は腰を下ろすと修理に向って「我々は皆、豊臣家の御為に馳せ参じた者ばかりでございます。皆、徳川に歯向かった為に禄を失い。そして皆、殿様をお守りしたい一心でここに集い申した。思いは一つ、となれば昔の身分、禄高、しがらみなど一切なくして貰いたい。禄を失えば皆、牢人。そんな事で差を付けられては堪らん。それだけは言うて置くぞ」と述べます。これを修理は眉間に皺を寄せて口を引き結び聞きます。そこに横から有楽斎が「流石は黒田家随一の豪傑。後藤又兵衛殿。言葉の重みが違いますなぁ」と言います。修理は「ではこの儀は一旦預りまして吟味致します」と事を一旦は収めようとします。秀頼が其れで良いかを聞くと又兵衛は「異存はござらぬ」と受け入れます。
こうして軍議が開かれる事となります。
2016-10-30-04-47-42
修理は「では先ず、殿より采配を御預かりする全軍の総大将を選ぶ事とする。殿は左衛門佐殿を御望みである。御一同、それでよろしいな」と確認を取ると又兵衛は再び立ち上がり「不承知」と否認します。
又兵衛は言います。
「我等は真田に使われる為に入城した訳ではない」
幸村は「私も総大将になりたい訳ではござらん」と言い話を続けようとした所で「ではご辞退なされるよ」と勝永が話の腰を折ろうとしますが幸村は「しかしながら我等は其々に腕はあっても、まとめていく力がなければ徳川には勝てませぬ。大局を見る事の出来る誰かが上に立つ。それによって何倍もの力を得ることが出来るのです」と続けます。又兵衛は「だから、それが何でお前なのだ」と根拠を求めると「私には二度、徳川勢と戦い。二度勝ちを手にした武功がござる。徳川の戦を熟知しております」と幸村が答えると、勝永が「確かに上田城の話は聞き及ぶ。しかし、初めの戦いは今から三十年も前の話。お主は二十歳にもならぬ若造であった筈だが」と痛い所を突いて来ますが「早熟でござった」と返すと更に勝永は「その時は旗を振っていただけという噂もあるが」と隠し持っていたネタで追求しますが幸村は「噂は噂」と断固として認めません。これには背後から失笑の声も聞こえて来ており、幸村に分が悪い状況となります。そこで端に座っていた全登が「真田殿こそが総大将に相応しいと存ずる。真田殿の下ならば兵たちも喜んで戦う筈」と真田の名声によっての兵の士気向上を理由に幸村を推すと又兵衛は「後から来た者に従うことはない」と入城の順番を理由に断ろうとします。有楽斎が「まあまあ御一同、そう、いきり立たんでも宜しかろう。と落ち着いて話そうではないか」と感情的になることを諌めようとすると又兵衛も分が悪いと見たか「総大将には、もっと相応しい方が居られる。長宗我部殿はどうじゃ」と言うと「えっ」と盛親は突然の推薦に驚きますが又兵衛は続けて「盛親殿は四国を斬り従えた。長宗我部元親殿のご嫡男。まさしく大大名である。国衆上がりの真田なんぞとは比べものにもならぬ。総大将には相応しいのは盛親殿だ」と以前の実績を理由に推薦しますが「そういった事に拘るのを嫌われたは何処のどなたでござったか」と全登は又兵衛の一貫性の無さを責めると又兵衛は言い返せずに黙り込みます。そこで幸村は「修理殿。如何なさいますか、ご裁定はお任せ致します」とここで判定を願い出ます。
2016-10-30-04-48-03
これに有楽斎も「もう決めてしまわれよ」修理の裁定を促すと「それでは、この件は一先ず預り」と保留にしようとしますが勝永が「預る時が何処にある」そう言うと立ち上がり「敵は直に攻めて来る。今ここで決めて頂こう」と決断を迫ります。その迫力に修理は気圧され秀頼の方を見ますが、秀頼も明快な答えを持つには至っていないのか困惑の表情を浮かべます。それを見て取った幸村は「分り申した。ご辞退仕りまする」と言うと秀頼は「すまぬ・・・」と答えます。これに幸村は「このような事で和を乱していては戦に勝てませぬ」と正に秀頼が幸村に強引に決めることの出来なかった理由を理解している事を伝えます。しかし、これは盛親が総大将になっても同様である事が言える為「では、拙者もお引き受け致し兼ねる」と盛親も辞退を申し出ます。又兵衛は「ならば、総大将は立てず。其々が死力を尽くし徳川と戦うのみ」と、どうやら又兵衛には場当たり的に突進してしまう傾向のある発言をします。今回はその突進力が裏目に出てしまい場が静まり返ると幸村が沈黙を破ります。「私に一つ。策がございます」と献策を願い出ると、困惑を隠し切れないままの秀頼が「申してみよ」と幸村に発言を促すと「誰か一人が際立ってしまうと、却って角が立つ事が分り申した。されど勝つ為の戦をするには、やはり大将は欠かせませぬ。10万の兵を5つに分け、其々に大将を置き、その上に総大将として右大臣秀頼公御自らが立たれるというのは如何でしょう」と述べます。秀頼公は「良い考えじゃ」とこれを受け入れます。
幸村は「如何かな。後藤殿、毛利殿」と反対派の二人に聞くと勝永は「それならば」と受け入れ、又兵衛は「勿論、その中に我々も入っておろうな」と自分の位置を確認しようとすると、これは修理が「では、その儀は一旦、預って」と保留しようとしますが「お主は一旦、預らねば何も決められぬのか」と又兵衛は一喝します。修理は「重要な案件故しかと吟味の上で」と反論しますが勝永が「今、ここで決めて頂こう」と反対派の自分と又兵衛にとって不利な状況になる事を避けようとします。そこで幸村が「例えば、こうしては如何かな。私に、毛利殿、長宗我部殿、明石殿。そして後藤殿の五人」と案を出すと又兵衛は「良かろう」と頷き、他の者も頷きます。修理は「では、今後は、この五人衆の合議によって事を決めて行くとする。秀頼様」と案を受け入れ、秀頼に承認を求めます。秀頼は眉間に皺を寄せたままではあるものの無言で頷きます。それを見た修理は先が思いやられると大きなため息を吐いて「次の詮議に参ろう」と軍議が続けられる事となりました。

又兵衛と勝永は連携を組んでいますが、全登は幸村方、そして盛親は中立となれば、合議を進めるにあたって幸村が不利な状況に陥ることも無く、その上で大将を決める軍議では要所要所で幸村が事を決める主導権を持った形で進められたことを考えると悪い流れではないように思えます。
2016-10-30-04-49-37
軍議が終わった後、幸村と内記で自室に引き上げる渡り廊下の途中で内記は「いやぁ、これでは先が思いやられますなぁ」と自分の頭を撫でながら言うと幸村は立ち止まり庭を眺めます。内記は続けて「牢人達は皆、己のことしか考えておらんし、修理殿には、それをまとめる力が無さそうです。秀頼公は気丈にして居られたが如何せん、まだお若い。牢人達の勢いに目を丸くされて居られた」と述べるのを幸村は笑顔を浮べながら頷きます。内記はそれを見て訝しげに「口元が笑って居られますが、何がそんなにおかしいのですか」と幸村の顔を覗き込んで聞きます。幸村は「確かに牢人衆にまとまりはない。だが、それは、各々が、自分の行く末に望みを持っているからこそ。あの者達は、今の境遇から這い上がろうとして、ここに集った。無理やり駆り出された徳川の兵達とは、そこが違う」と兵の士気の問題に於いて豊臣方が優位性を持っている事を見抜いたことを伝えます。これに内記は音を立てて自分の頭を抑えて驚きます。幸村は「この戦、十分、勝てる」と言い口元に笑みを浮べるのでした。
2016-10-30-20-40-57
真田丸42話「味方」感想おわり
真田丸感想一覧