真田丸45話「完封」①裏切者は誰か

2016-11-13-21-53-07

前回、徳川を大阪城に籠城して向え討つ事が決まり、幸村は城の弱点である南側に真田丸と名付けた出城を築きます。

慶長十九年十一月十九日 木津川口砦にて大阪冬の陣の前哨戦となる事件が起こります。深夜徳川方の蜂須賀勢が全登の守る木津川口を急襲します。その時、全登は大阪城内で祈りを捧げていました。
木津川口砦は徳川の手に渡る事となります。
2016-11-13-21-59-37
続いて十一月二十六日未明、大和川の岸で三百の兵が守る今福の砦を佐竹義宣が率いる千五百の兵が襲います。その報告を受けた幸村は重成に今福砦の救援を依頼します。又兵衛には初陣である重成に付いて行くよう頼みます。重成はそれを断りますが、又兵衛は戦を教えてやると言って付いて行くこととなりました。
2016-11-13-21-54-29
今福砦に着くと又兵衛は銃撃に怯える兵士達の前に立ち「後藤又兵衛見参」と名乗りを上げたそばから銃撃が体を掠め倒されます。一千五百から八千に膨れ上がった徳川隊の前に重成達は為す術もありません。倒れた又兵衛は「撃たれてねえ」と言い張りますが、重成は「撃たれています」と言って又兵衛を羽交い絞めにして無理やり引き摺って退却します。
大阪冬の陣の佐竹義宣は勢いに乗っています。この戦が終わった後に徳川が出した感状は全部で12通、内5通が佐竹家の者に出されたというと、その勢いの強さが分かります。それに加えて古強者の上杉景勝も攻め手に加わっているとなっては、いくら戦上手で鳴らした又兵衛でも兵力で劣り初陣の重成を連れた状態では相手が悪いというのものです。
2016-11-13-22-00-17
城内では緊急の軍議が開かれます。有楽斎が「既に城の北と西は裸も同然。いつ攻め込まれてもおかしゅうない」と不安を煽りますが「ご安心召されよ」と幸村が言います。これに大蔵卿局が「どうして安心など出来ようか」と扇子で手のひらを叩きながら声を裏返して言いますが「敵の誠の狙いは城の南」と幸村は徳川の意図を見抜きます。
2016-11-13-22-00-49
有楽斎が「なぜそれが分かる」と目を丸めて聞くと、幸村は見取り図の前に進み出て「敵の布陣をご覧頂きたい。松平忠直は家康の孫。井伊は徳川きっての強者。伊達、藤堂、前田は何れ劣らぬ大大名。敵が南に力を入れているのは明らかでござる」と説明すると「その強敵をここで迎え討つ」そう言うと真田丸を扇子の先で指し示します。
2016-11-13-22-01-32
敵の意図が見えた事で豊臣方の混乱は収まり軍議は無事に終了となります。
勝永は軍議が終わり皆が解散する中で幸村を見つけると「ちと良いか」と声を掛けると人気の無い場所に行くと自分の考えを幸村に話します。「気になった事がある。木津川が襲われたのは明石が居らん夜だった。今福の砦は守りの兵を増やそうとしていた矢先に攻め込まれた。おかしいとは思わんか」と幸村に伝えます。幸村は「城内の様子が漏れていると」内部に内通者がいる可能性について検討を始めます。
2016-11-13-22-02-20
幸村は有楽斎と連れ立ち厨に入ります。有楽斎は「長年、この城に居るが、ここに足を踏み入れたのは初めてじゃ」と言います。幸村は「密談致すには格好の場所。親父殿、暫し借りるぞ」と与左衛門に言うと「いま忙しいんだ。勝手にやる分には構わんが」と答えると「勝手にやらせて貰う」と断りを入れて始めようとすると与八が大根を取りに入ってきます。

2016-11-13-22-04-43

作兵衛と一緒に何回も戦場を生き抜いて来たけんど、やっぱりこういう仕事も大事だと思う。


幸村は「どうだ、新しい持ち場は」と聞くと「やっぱり俺はこっちの方が性に合ってます。戦はどうも」と答えると「これも立派な戦だ。励め」と与八を励まします。
2016-11-13-22-05-05
幸村は有楽斎を卓に案内して座らせると有楽斎の器に酒を注ぎながら「他言は無用でお願いしたい」と前置きすると有楽斎が「どうした」と訳を尋ねます。幸村は自分の器に酒を注ぎながら「実は、流石の私も今度ばかりは不安でならないのです。勝つ自信がありません。有楽様は信長公の御弟。これまでにも幾多の戦を見てこられた。有楽様から見て此度の戦は如何ですか」と見解を聞くと「正直、其方がそれほど怯えていると思わなんだ」と目を丸くして言うと「お恥ずかしい」と言って酒を口に運びます。
2016-11-13-22-05-57
すると有楽斎は「儂は行けると思う」と答えます。幸村は「一番心配なのは城の西側です」と不安を口に漏らします。有楽斎は「西・・・」と繰り返すと幸村は「特に博労淵の砦は早く守りを固めねばと思いつつ未だに手薄な有様」と早口に言うと「博労淵・・・」と有楽斎は再び繰り返します。幸村は更に「今、攻め込まれたら、あっという間に奪われてしまいます」と言うと有楽斎は「亡き兄の言葉にこの様なものがある。心が弱気になって居ると、どんな敵も大軍に見える」と助言を与えます。有楽斎は更に幸村を見ると「弱気は禁物ですぞ。左衛門佐殿。心配はご無用」と元気付けます。
2016-11-13-22-06-53
幸村が自分の陣で戦場の全体図を見ていると内記が「ただいま、博労淵の砦が敵方の手に落ちたとの事でございます」と報告します。幸村は「早かったな」と見取り図から白い碁石を一つ持ち上げます。内記は頷いて「あっという間であったと」答えます。幸村は「兵は先に逃がして置いた」と言うと、内記は幸村の含みに気づき「敵方の動きを知って居られたのですか」と訳を聞こうとします。幸村は「やはりあの男・・・か」と呟くと見取り図の博労淵砦に黒い碁石を置きます。
2016-11-13-22-07-21

真田丸45話「完封」感想つづく
真田丸感想一覧