千利休が切腹に至った理由について思うこと

利休という人について 千利休は大永2年(1522年)和泉国の堺に生まれました。 幼名は田中与四郎、南宗寺で修業を行い宗易という法名を授かり他に抛筌斎(ほうせんさい)とも呼ばれていました。 利休という名は居士号であり、居士 …