どうも出井っす。

教官が警察に連行された関係で、

大分、時間が押している様子です。

それは教官がやたら急かす様子からも窺えます。

これは誰が悪いかと言えば、

そりゃあ、

周りの迷惑も考えずに、

通勤ラッシュ時に駅前で歌って

警察に連行された教官が悪いに決まっています。

しかも、このおっさんが

何か教えてくれるのかという点についても、

今では大いな疑問点として存在してるっす。

でもまぁ、きちんと許可を取られて歌わせられたら、

それもマジ勘弁て感じなんで、

ある意味では感謝してるっす。

全員バスに乗り込んだみたいっすね。

お!!教官がドライバーに向かって何か言ってるっす。

ミスをしてもそのリカバリーをどう行うかによって、
その人の真価が分かると何かの本で読みましたが、
まさかの警察に連行されるという
本来ならば致命的なミスを犯した、
教官がどのようにリカバリーを掛けるか勉強させてもらうっす。

まずは迷惑を掛けて時間ロスさせた
ドライバーさんにどのように謝っているんすかね?
ちょっと聞き耳を立ててみたっす。

「ドライバーさん、今日はね。

時間が押してるからアレね。

バスをとばすと、

よろしくね。」

この親父まったく反省してないっす。

悲しい笑い(だじゃれ)に合掌

※この記事は2010/8/9にアップしたものを再編集したものになります

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。