月別アーカイブ: 2021年1月

幹事

自民党の幹事長の役割とは?

最近、自民党政治に於いて二階俊博幹事長の悪評を耳にすることが増えてきたように感じます。
それは日韓議員連盟の常任幹事を務めていたり、日中緑化推進議員連盟に加盟しているといったり嘗て小沢一郎氏の側近を務めていたという点から来ているのかなという気がします。
実際に悪行を働いているのかどうかは後世の歴史家が解き明かしてくれると思うので任せるとして彼の就く自民党の幹事長というポストは本来どういったものなのかということを書いてみたいと思います。

先ず政党の中の幹事長の役割を調べてみました?
まず幹事長は政党の中のナンバー2のポジションになり、選挙対策、国会運営、党務全般を担っています。
よって自民党内だけではなく民主党にも幹事長はいます。
共産党だけは幹事長ではなく書記局長という呼び方をしています。
会社で言うなら副社長。身近な所で例えるとバイト先の居酒屋の副店長。
なので組織内の取りまとめはこの人が担うことになりますし、何か問題が起きた際の相談を先ず受けるのもこの人で解決に向けて実際に動くのもこの人。

自民党の中での幹事長
通常の政党の中においての幹事長はナンバー2ですが、これが政権与党に限ると政党内の実質的なトップになります。
なぜでしょうか?
通常の政権与党のナンバー1は総裁、代表と呼ばれますが、政権与党のトップは通常であればイコール内閣総理大臣です。自民党総裁が総理大臣であるということは普段は自民党にいません。
そうなると残ったナンバー2の幹事長が繰り上げで実質的な自民党のナンバー1となります。

(副総裁という役職も存在しますが現在は空席)

幹事長の持つ権力
先ず政治資金244億9千万円(2019年度)の使い道を決めることが出来ます。
これだけでも相当な権力を持つことになるですが幹事長の権力はそれだけに止まりません。
自民党の公認を誰にするか決められます。
幹事長の一番の権力の源泉となっているのはこれではないでしょうか。

それでは選挙で自民党の公認を受けられるメリットです。
・公認を得られれば公認料という選挙資金を貰える
・選挙参謀や運動員の派遣
・党の幹部も応援に来てくれる

昔から政治家、落選すればただの人と言われますからね。立候補者にとって公認を得られるか得られないかでは天国と地獄のような差が生じます。
公認を得る為には幹事長の靴の裏を舐めることも辞さない!という人が大勢いる訳です。しかも選挙は定期的にやってくるのですから、新人議員が幹事長に逆らうことは二世議員でよっぽど堅い地盤でも引き継いでいなければ無理だという話です。
おまけに地方の国政報告会にも応援で来てくれるとなれば、恩義でますます頭が上がらなくなるのです。

以上のような理由から幹事長というのは総理大臣への登竜門の役割もあるようで安倍首相も幹事長を経験しています。
幹事長経験無しで総理となったのは最近だと小泉首相。菅首相です。

菅首相については今まで安倍首相に代わって党内の取りまとめを行っていた関係と人事を握っていた兼ね合いから二階幹事長の協力は必要不可欠なものであった筈です。その影響力から見て幹事長が次の首相を決めたと言っても過言ではない程の影響を与えたと想像できるので、おそらくですが自民党内において二階幹事長の影響力というのは今まで以上のものになっているのではないでしょうか。

しかし改めて振り返ってみると二階幹事長はずっと自民党にいた訳ではなく小沢氏の側近として鳴らして自由党結党に参加したりと、さながら凄腕の傭兵といった生き方です。その上で自民党に戻って来て要職である幹事長の重役を任されているというのはやはり異色です。こういった昭和の大物政治家といった風情の人が生き残っているのが政治の面白さなのかもしれません。それと次に書くのは全く真偽不明の噂ですが、バカ息子にどうしようか頭を悩ませたり、時にはその息子からバットを持って追い回されたこともあるという話を耳にすると何となく微笑ましく思ったりするのは私だけでしょうか。

それでは今回この辺で

枯れた植物

いじめを学校が解決しない理由

今までいじめを受けて自殺した生徒が出た場合に学校がマスコミなどに出す回答は、クラス内でいじめが起きている事実を把握しておらず気が付かなかった。もしくはいじめは起きていなかったというものが定型文であり、いじめ問題が大きくなった際に学校側の取る基本スタンスというのは隠蔽であるという印象を持っています。

いじめに関する報道は例を挙げれば枚挙に暇がありません。これはいじめを行う生徒の問題もあります。とは言え所詮は子供に過ぎず、それを正すために教師には解決の為の権限や権威が与えられていると思うのですが、いじめ問題が完全に解決される見込みはついていません。
なぜだろうと思ったのですが、考えてみれば教師にとっていじめを積極的に解決する理由自体が薄いのではないかと思ったので、その理由を書いてみます。

 

前提条件として学校運営を行うにあたって教師のマンパワーは足りていない中でいじめという問題が生じた際の教師の反応は性悪説に基づいています。

いじめの初期段階に対して各教師が起こす反応

いじめの起きているクラス担任以外の教師

忙しいので他のクラスのいじめについては見て見ぬ振りをします。

そうすれば余計な仕事は増えず下手に口出ししなければ担任教師と諍いが生じてしまう恐れもありません。

 

管理側の校長や教頭

いじめ問題について担任教師が相談してきたら一般論を適当に述べて自分で解決しろと伝えるか、それでも食い下がってくるなら君の評価に関わるとでも暗に脅してなかったことにして自分は話を聞かなかった振りをします。加えて口頭での相談という形であれば議事録といった証跡も残らないので後にそのことで責任を問われることもありません。
後は担任教師がどうにかしてくれる筈です。

 

担任教師

先ずは見て見ぬ振りです。時間が解決してくれれば万事問題なしです。
時間が解決してくれなかった場合は自分が教師として受け持つクラス内でいじめが行われていることが周囲に知れ渡れば自分の評価に関わるので先ずは自分一人で解決しようと考えます。
先ずは口先で軽く注意です。本格的に注意してしまうといじめが起きていることを教師が認識していることになってしまうので、生徒間でじゃれあっているのかと思った等と言い訳する余地を残す必要があるからです。
これで上手く収まってくれるか自分の担任クラスにいる間は完全な水面下に潜ってくれるようになれば自分の評価が落ちることもありません。
全て解決です。

いじめが解決出来なかった場合

いじめは担任教師にとって時限的な問題である

いじめ問題を放置します。
こういった反応を教師が取るのは生徒はある程度の時間が経つと自動的に入れ替わるからです。
いじめを受けた生徒は卒業するか次のクラス替えで担任教師の手を離れるという流れを考えると教師にとっていじめ問題というのは時限的に解決されるものであることが分かります。
クラス替えの場合は再び同じ生徒を受け持つ可能性があるにせよ、クラス替えの多くは教師の事情によって行われるので素知らぬ顔をして他の教師に押し付けてしまえば良い。それが出来ず自分がそのまま引き継ぐことになったとしても、いじめられている生徒といじめていると認識している生徒を離したことで解決している可能性だってある。

これは言い換えれば爆発寸前の爆弾を押し付け合っているようなものなのですが、教師にとって最悪なのは運悪く自分がクラス担任として受け持っているタイミングでいじめの被害を受けていた生徒が自殺した等により報道されて責任を問われる事態となった場合です。

いじめが問題が事件化した場合

以降、主に問題解決にあたっての受け持ちは担任から管理職である校長や教頭、学年主任等にフェーズが移ります。
管理責任を問われる人間にとっても最善の対処方法は隠蔽です。

学校という組織を守らなくてはならない

いじめによって自殺者が出た場合に学校側は思う筈です。
今回の事件はたまたま大きくなってしまった防ぐことの出来ない事故である。
従って今回の事件については学校側も被害者である。
そのため自分たち学校側の組織を守らなければならない。
よって学校は自分たちに非があることを認めないという方針を取る事が決められます。教師が非を認めてしまうと学校全体の問題が問われ管理職側もその責任を問われることになってしまう。
以降、管理職側は自分の保身に最大限の努力を払うようになります。この事件に関して管理職が非を認めるということはイコール学校組織の問題を認めることになるからです。

 

問題は無かったことにすれば良い

どうすれば良いか?
人の心は複雑です。外から見ているだけでは決して分からないこともあります。
従って学校側にとっていじめ被害を受けていた生徒が自殺したベストの理由は、いじめではなく生徒個人の抱える不可解な心の問題によって自殺したというものです。
そうれば学校側の組織を無事に守ることが出来、管理者も責任を問われること無く担任の教師にも責任は生じません。いじめをしていた生徒達に対して面倒な指導を行う必要もありません。結果として学校側の人間は誰も傷つかずに済みます。
いじめという問題自体が存在しないことになったからです。

 

問題を無かったことに出来なかった場合

セカンドベストは、いじめが生徒達の手によって隠蔽されていた為に気が付かなかったです。
これは周囲の証言などによって生徒がいじめを受けていたという証言などにより、いじめを無かったことに出来なかった場合に取られます。

学校側は担任教師の力が不足していて隠されていたいじめを見抜くことが出来なかった。
教師達はいじめられていた生徒を助けたかったが手の出しようが無かった。
このロジックを成立させることが出来れば学校という組織としての問題から属人的な問題に矮小化させることになり学校組織としての問題を問われるリスクからは逃れることが出来ます。

いじめが巧妙に隠蔽されていた為に解決することが出来なかったのですから仕方ありませんよ。学校はいじめが起きていることを把握することさえ出来ていれば生徒を救えたのです。
おめでとうございます。
学校という組織としての問題は無かったことになりました。

以上のように世論を誘導出来れば起きてしまった問題をいじめていた生徒達の邪悪さと担任教師の力が至らなかったということに対して全ての責任を押し付ければ良い。処罰を受ける教師も生徒達のいじめの隠蔽が巧妙で騙されてしまったという姿勢を示せば、人事評価の失点は免れないでしょうが教師の職を奪われることまではありませんし、例え良心の呵責から本当のことを公表しようと考えても管理職側から担任教師に対して「残念だが今回の事件はいじめが起きていることを見抜けなかった君の能力の至らなさも原因となっている。だから再教育を行う。但しこれを受ければ教育現場に戻れるようになっているから頑張って欲しい」とでも伝えれば、担任教師はこのまま口を閉ざしていれば全ての問題は解決されことになります。こうすれば担任教師は事実を漏らすより隠蔽した方が自分にとってのメリットが大きくなると認識しますので世間に真実が暴露される可能性は無くなります。
結果、いじめは水面下で行われていたことになり学校組織は正常に運営されているとなります。

今回の事件はあくまで例外的なエラーであったとして扱えます。

学校側にとって最悪の事態

いじめが起きていることを教師達が知っており、その問題を放置していたことが露呈した場合

次に学校側にとって最悪の事態を考えてみます。

いじめについて被害を受けていた生徒の親から学校側に相談が行われ、いじめ自体も隠すことなく行われており、それを見ていた他の生徒も教師達も知っており且ついじめ問題が学校で広く共有されていたことが世間に露呈した。

この場合は問題を知りながら放置していた教師の責任は言うに及ばず管理側の責任も問われることになり、事件は学校という学校全体の問題として扱われることになります。
当然、関わっていた教師と管理者には処罰が下されます。将来の出世コースが閉ざされるのは当然として、下手をしたら教師という職を失う可能性すらありますが大抵は現場から離れた閑職に回され事件の詳細を語らないことを暗黙の条件として生活するのに困らない程度の給与を与えられて飼い殺しにされるといった所に落ち着くのではないでしょうか。
それはこの後も学校側と責任を問う側との間で主張のせめぎ合いを行って被害者側の主張を押し返すことで被害を最小限にする作業が残っているからです。
つまりは学校側、ここでは教育委員会になりますかね?事件の起きた学校側がいじめが起きたということを隠蔽することで管理職と教師に事件を隠蔽するインセンティブが生じるようにする必要があるからです。

 

これの思い浮かぶ例としては以前に大津市中2いじめ自殺事件の際にマスコミの取材に対して担任教師が鼻唄を歌ってやり過ごした姿が問題になったことがありました。彼の鼻唄という行動は問題でしたが学校という組織の秘密は守り抜いたのですから将来的に出世して表舞台に立つことは出来なくなったとはいえ秘密を守ることを条件に教育委員会などに守られ腫れ物として扱われながら今では安泰に暮らしているのではないでしょうか。

 

教師はサラリーマンである

なんだか書いていて胸がむかついてきたのですが、これは教師が決して聖職者ではなく単なる公務員という一個人に過ぎないと分かれば、これが一般の人間と教師達との間に生じているいじめという問題の認識の相違の表れであることが分かります。

 

一般人が抱くいじめ問題に取り組む教師のイメージ
・教師は聖職者なので自ら率先していじめ問題解決に取り組んでくれる

教師のいじめ問題に対する認識
・いじめの完全な解決は難しく手間が掛かる
・いじめは先送り可能な問題である

結論として

以上のように考えると現状でいじめ問題が解決されるのは担任教師が問題解決に積極的に取り組むかどうかに掛かっており、それは教師の人格面に依存する部分が大きく、且つ解決されるかどうは担任の能力内で納まるレベルに限られており、その範疇からはみ出てしまう場合に於いて解決される見込みは薄い。

つまりはいじめが解決するかどうかは教師個人に委ねられてしまう部分が大きい。

これに教師個人ではなく学校という組織の問題として継続して取り組むことが出来なければ今後も解決される見込みは薄いのだろうと思いました。

 

それでは今回はこの辺で

はーい。あなたの腐った歯が抜けましたよ♪

まともな歯医者を知っていることはそうでないより確実に幸せになれる話

歯医者でレジンという被せものを奥歯にしました。
昔、奥歯に虫歯が見つかったことで銀歯を入れたのですが、それから冷たいものを食べると沁みるようになり、激痛ではないものの地味にストレスとなっていたものがようやく解消されました。
ここまでの道のりは長かった・・・。

時は遡ること6年前、奥歯に虫歯が発見された時です。
この時に発見された虫歯は私の想像を超えて進行していました。
すると歯医者さんは突如として知らんおばはんを召還します。そして私はそのおばはんに「まぁこっちにどうぞ」と言われて別室に連行されます。
そこで「セラミック治療について延々と説かれます」保険範囲で収まる銀歯を選ぶのは人として有り得ない位のことを言われます。たった五万円で貴方のセラミックライフが始まるのです。その時のおばちゃんは正にセラミックの伝道者という趣きさえ漂わせていました。
その熱を目の当たりにして私はぶっちゃけ奥歯なんか人に見える訳でもないしお金も掛かるので銀歯で良いですとは言い辛いなぁと思いながら聞いていました。
他にもこんな感じの会話をしました。
「あなたスポーツしますよね?」
「いいえ、しません」
「セラミックは本物の歯と見分けが付かない位によく出来ているんですよ」
「ヘー、ソウナンデスカ、スゴイデスネ」
相手からすると私の反応は糠に釘と受け取られたのか10分位すると、じゃあ私の話はこの位にして次の治療時に答えを聞かせて下さい的なことを言われて、ようやく解放されました。

1週間後に再び訪問した私は問い掛けられます。
「私はあなたの答えを知っていますが念のために聞きます。どんな治療をお望みですか?」
「あ、保険範囲内でお願いします」
その時の引き攣ったおばちゃんの笑顔を今でも覚えています。

そうして歯根を残して奥歯を削り取られ
目出度く銀歯を取り付けられました。
グッバイ奥歯♪
ハロー銀歯♪

こうして生まれ変わった銀歯さんを試してやろうとウキウキで食事をします。
そこで気付きます。
あれ?冷たいものや熱いものを食べると銀歯に沁みて痛い。
なんだこれは!?
次の治療で歯医者行った時に最初に対応してくれた助手?の女性に言います。
「あのー銀歯が冷たいものや熱いものを食べると沁みて痛いのですが・・・」
「え、そうなんですか?じゃあしっかり先生に言った方が良いですよ。それじゃあ私はこの辺で」
ビックリです。他人事です。いや、まぁ実際に助手の人と私は赤の他人には違いないのですが・・・。
いや、違う。そこは同じ歯医者の従業員として適切なアドバイスをくれるとか先生に伝えるとか色々あるんじゃないですか?
そのとき同時に彼女と私の間で今まで取られたコミュニケーションが思い浮かびます。
それはお会計の際に次回の診療予約を取ろうとした時でした「あー、先生は学会で忙しいんで、この週は無理ですね」と言ってニヤリと私に笑いかけてくれて「お、おう」という、どうでも良いやり取りでした。どうでも良いですね。

そして先生がやって来てにっこりして言います。
「歯の方はどうですか?」
「いやぁちょっと沁みるようになっているのですが」
そう言った瞬間、先生がいきなり無表情になってビックリです。
「あ、そうですか、大変ですね」
おまえも他人事かよ!と二度びっくりです。
「いやいや、先生、これはどうにかなりませんか」
そういったやり取りをして歯に、どこら辺が沁みますかねぇとか言いながら歯垢とかを取る際の強い水圧の水を出す機器を銀歯に当て、終いには隣の歯にドリルを当てて「ここですかね?」と言ってきます。「いや、削られたら痛いですよ。それと歯の表面ではなくて噛み合わせ・・・」「はーい、じゃあ3か月経ったら診療予約を入れて下さいというハガキを送るので、そこでね。はい。じゃあ次」
その後は3か月経とうが1年待ってもハガキが送られてくることはありませんでしたとさ。めでたし、めでたし。

とはいえ私の銀歯は沁み続けます。
耐えがたい苦痛では無く小さな痛みとは言え、やはりこれはストレスなのです。
かと言って、このファッキン銀歯を取り付けてくれた上にこちらをクレーマー扱いしている歯医者に行く気は起きませんので違う歯医者に予約を入れます。
そこの先生に銀歯に変えてから沁みるので困っていると伝えます。
「あー、銀歯ね。やっぱり3か月位は様子を見ないとね。やっぱり神経がね」
「あのー、もう一年以上経っているんですが・・・」
「まぁ、取り敢えずクリーニングしたら変わるかもしれないから」
不安で一杯な新しい歯医者さんとのファーストコンタクトです。
クリーニングをしました。
確かに歯垢は取って貰えました。
次の診療時に言います。
「あのー先生、まだ沁みるんですが」
「じゃあ次はね。虫歯がいくつかあるからそれを治療しましょうか」
まぁ虫歯があるのなら仕方ありません。
そのあと2回ほど通って歯をガンガン削られます。
それも終わります。
「それでは、あの先生。銀歯は相変わらず沁みるのですが」
「あー、そう?でも銀歯だとレントゲンで撮れないから分からないからね。様子を見ましょうね」
「え?もう一年ほど様子を見ているのですが・・・」
「じゃあもう少し様子を見ましょう」
ここで診療予約が直ぐに取れて、いつ行っても空いている訳が分かった私は歯が沁みることを受け入れるしかないとここで諦めます。

しかし数年たったある日、気が付きます。
それは正に天啓と言って差し支えないものでした。
あいつら両方ともヤブ医者だっただけじゃね?

そうです。全国の歯医者の数はコンビニよりも多いと聞きます。今まで行った二つの歯医者がヤブであった可能性は充分にあります。取り敢えずGoogle先生にあの二つの歯科医院について調べてみると結構な数の悪評が直ぐにずらずらっと出て来てくれたので、どうやら私は考えられる限り最悪の選択をしていたようです。
そうか、今まで通っていた歯医者はヤブであったか。
仕方ないので今度は評判の良い歯科医院を探すことにします。

そこで行ったのは、
・実際に行ってみて歯科医院の様子を見てみる
・広告費を掛けたことでお客さんの数が一時的に増えている可能性があるので三月ほどお客さんが継続して来ているか様子を見てみる

結果、待合室がおしゃれな感じでいつ表から見ても人が待っている歯医者を見付けます。予約を入れると次の月を指定されます。
これは期待できそうだ。予約がこれだけ取れないということはそれだけ多くの人がこの歯医者の先生を頼っているに違いない。きっと赤ひげの歯医者版がいるに違いないと決めつけます。


グラスドクターの後始末を求めて予約を入れた私は、予約時間に訪れた後も結構な時間を待合室で待たされ、ようやく先生と出会えます。
「あのー歯が沁みるんですが」
「あ、そうですか。じゃあレントゲン撮ってみましょうか」
そう言ってレントゲン室に連れて行かれると顔の周りをスキャニングする為にグルグルと回るレントゲン機で歯を撮られます。
レントゲンの画像を見た先生は
「あー残っている歯根が腫れていますね」
そう言って腐った銀歯を引っこ抜いてくれます。
そのあと通うこと3回。
腐った銀歯から白色で他の歯との違いが分かりにくいレジンにしてくれた上に奥歯も沁みなくなりました。

良かった。
今回の一連の出来事を経て私はようやく理解出来ました。
まともな歯医者を知っているということは幸運なことなのだと。

今回、学んだのは下記になります。
・歯医者の先生の腕には上手い下手がある
(どうも私の物を噛む力が強いことも原因に含まれるという話をされたので、推測するに最初の歯医者で入れた銀歯が他の歯よりも若干高くなっていたことで銀歯に余計な負荷が掛かることで歯根が腫れていたのではないかと想像しています)
治療器具は最新のものがあるに越したことはない
(2番目に行った歯医者ではレントゲンが撮れないと追っ払われた訳ですが、最後に行った歯医者さんにあるレントゲン機では撮れた訳ですから、単純に症状に応じて使用する事の出来る機材の有る無しの問題もあったのだろうと今では思います)

以上のことを知らず歯医者なんてどこでも一緒だろと思っていたが為に6年もの長き渡り銀歯が沁みるという苦痛を味わう羽目になっていたのですが、今回の歯科医院に初めに行っていたなら、そんな目に遭う事も無かった訳です。
たかが歯医者と侮るなかれ。歯のトラブルに見舞われた際に良い歯医者に掛かれるかどうかは大きな違いとなりますので皆さんも注意してください。

それでは今日はこの辺で