ブラック企業の社窓から」カテゴリーアーカイブ

筆者がブラック企業を渡り歩いた経験から訳知り顔で語ります

なけなしのお金を貯金

ブラック企業勤務者に貯金が必要な理由

今回は数々のブラック企業を渡り歩いてきた経験からお金が大事という話をします。

よく聞く質問にブラック企業を見抜く方法を教えて下さいというのがあります。
回答は入社前に完全に見抜く方法はありません。

ブラック要素も色々あるので全ての人にとってホワイトな企業は多分存在しなません。
従ってホワイトと呼ばれる会社に入社できたとしても所属先の上司がパワハラ糞野郎だとブラック化します。

その為に今回はお金についてです。
転職や新卒で会社に入るにあたってなのですが出来るだけお金を貯めておいた方が良いです。
目安としては3ヶ月は生活できる程度の金額を常に持っておきたいところです。
何でかと言うと、その程度の貯金が無いとブラック企業を辞められないケースが出てくるからです。

私の場合だと勤務していた企業が倒産してしまって、給与を全額払って貰えず貯金が尽きている状態で焦って転職した先はブラック企業に転職したお陰で、神様ちょっと試練が過酷すぎませんかね?という状態に陥りました。正に二重底の落とし穴にスコーンと落っこちた状態です。
川端康成の雪国風に言えば「転職したら、そこはブラックだった」です。
今でこそ半笑いで言えますが当時は全く笑えませんでした。

よく転職活動は今いる会社を辞める前に次を決めるべきだと言われますが、ブラック企業だって奴隷に辞められると困ってしまうので転職対策は行っています。
私が知っているのは勤務時間中に転職活動されるのを防ぐためサイボウズのスケジュール管理に必ず訪問先を入れさせて上司がチェックしたりする等。
他に内勤だとそもそも外出するのが難しく、しかも深夜まで会社に拘束されて土日も突発的に出勤させられるとなった場合は休日に面接を調整することも出来ないという漆黒の環境にいると在職中の転職活動は不可能になります。

以上のような環境に身を置く羽目に陥った場合、転職活動は退職してからということになります。

そこで冒頭の話に戻ってくるのですが、ここで会社を辞めてから転職する間の生活資金が無い
と転職活動が出来ないのです。また3ヶ月程度の生活費を貯金しておく必要があると言ったのは通常の場合ですが失業保険の受給資格を満たしてハローワークで需給申請をしても実際に受給されるまで3ヶ月程度時間が掛かるからです。

更に怖い話をするとブラック企業は基本的に給料が安いです。
そのため毎月の給料では生活費は足りないというケースも出て来ます。
でも転職活動が出来ないので会社も辞められないというジリ貧状態だと地獄の窯の入り口にじりじりと近づいている状況です。
その状況を変えられないと遠くない未来に地獄の炎でいい感じに焼かれることになります。

そういった状態を茹でガエルとはよく言ったもので意外とそういった危機的状況にいることに自分自身で気付いていないケースがあります。

そういった、あなたヤバい状況にいますよの見分け方です。
電気や水道等が頻繁に止まる
これらは毎月の支払いですが供給会社によって何ヶ月か支払いをためても停止されなかったりします。
であるにも関わらず止められるということはお金が無いので支払いを先延ばしにしていて忘れたという状況が考えられます。そういったものの料金が安いとは思いませんが毎月支払えない程の額でもありません。それが支払えない。もしくは先延ばしする必要がある状態というのは収入が生活に追いついていないということです。繰り返しになりますが早急に毎月の支出の見直しが必要です。併せて収入を上げる方法を考えましょう。

次は最悪のケースです。
毎月の給与で生活費を賄えず既に不足分をキャッシングで補填している場合です。
毎月の給与で月々の出費を賄い切れない。その分を毎月外部から借りて生活することを「自転車操業」と言います。
この状態に陥ると人によってはキャッシング出来る残額を貯金と勘違いしているケースも出て来ます。いいですか?キャッシングとはイコール借金です。キャッシングが毎月必要な生活を送っていると高確率で破綻します。会社に借金の取り立て連絡が入るのも間近です。早急に出費の見直しをして下さい。
その上で生活できる給与を貰える会社に転職をお勧めします。

ここまで読んで、正にこの状態でジリ貧状態で転職活動も出来ない状況にいる場合はどうしたら良いのだと嘆く人もいるかと思います。
私のようにお金が無い状態で転職したら転職活動の出来ないブラック企業に入社してしまったという人もいるかと思います。

その場合です。
実家に頼りましょう。
親に生活資金を借りるか一時的に実家に避難させて貰って転職活動。

実家に頼れない場合。
実家が遠方の僻地にあって実家に帰れない場合です。
子供のいない伯母などに介護が必要になったので早く帰らせて下さいと上司に相談という体で交渉してみて下さい。
(但し、この場合は結構深くつっこんで聞かれる可能性があるので予習が必要です)

良いですか?そのままだと本当に破滅しか待っていないという状況に陥ったら一刻も早く生活の立て直しに注力するか逃げて下さい。その為にも逃走資金として常時3ヶ月程度生きていける貯金は持っておきましょう。
備えあれば憂いなし。本当ですよ。

強引に迫る輩に仰け反る女性

採用担当やOB訪問から就活生が被害に遭うのを防ぐ方法

 その近鉄の採用担当者・X氏に、不適切な行為を迫られたことを証言するのは、就職活動中の大学4回生、A子さん。X氏から「エントリーシートの添削をしてあげる」などと繰り返し誘われ、今年2月23日夜、大阪市内の和食屋で一緒に食事をすることになったという。その後、酔いが回った彼女がX氏にタクシーで連れて行かれたのは、ラブホテルだった。

「厳重な処分を行う」近鉄採用担当者が就活中の女子学生に“不適切行為”

就職活動で切羽詰っている状態の中で人の弱みに付け込む卑劣極まりない犯行です。個人的には社内での厳正処分でなく刑務所の中で罪を償って欲しいものだと思います。

しかし残念ながらこういった行為というのは他にも多発している様子で主にはOB訪問アプリでの接触が機会となるケースが多いようです。

就職活動って大変です。不採用通知を受け取ると自分を否定されて自分はどこからも必要とされていないのではないかという不安に心が弱くなる気持ちはよく分かります。

そんな中で志望している大手企業の採用担当が親切にしてくれるとなれば縋りたくなる気持ちになるのも致し方ないのかなという気がします。就活生にしても例えば下心があったとしても身体の関係を取引材料として等ということでなく自分を売り込むアピールチャンスのような気持ちなんだろうと思います。なぜなら普通に考えて身体の関係と引き換えにして入社できたとしても後にリスクになるだけで不利益を被る可能性の方が高いのは言うまでもなく想像できるところだからです。

それに加えて字面通り就職面接で自己PR等はどうすれば良いかといったアドバイスやPR資料の作り方というのは本当に教えて欲しいという実情もあります。更には志望する企業にOB訪問をしたいけれど、そもそも志望先にOBがいないので誰か訪問できる知り合いが欲しいという事情が生じるケースもあります。正にそういった点が需要となってOB訪問アプリというのが成り立っているのだろうと思います。

そして訪問を受ける側について言えば、企業採用者であれば志望者の本音のようなものを知りたいとか就活生の力になりたいという建前で自分が上の立場で出会い系代わりに使えるといった下心を持ってあたってくる可能性は非常に高いです。

代表例としては

スマートフォンの「OB訪問アプリ」で知り合った就職活動中の女子大生に睡眠薬を飲ませて乱暴したとして、警視庁は3日、東京都新宿区左門町、リクルート子会社「リクルートコミュニケーションズ」社員、丸田憲司朗被告(30)(別の準強制性交罪で起訴)を準強制性交容疑で再逮捕した。「読売新聞」

以上の件が有名だと思います。容疑者の自宅には多数の睡眠薬とそれを粉末化する道具が発見されているそうなので容疑者と会っている途中で席を立った隙に飲み物に粉末化した睡眠薬を入れて昏倒させて暴行するというものです。そのため検挙できているのは氷山の一角に過ぎず実際の被害者は更に多数に上ると言われています。

更に救いの無い話をしてしまうと容疑者はリクルートの社員として登録していましたが実際は系列会社に過ぎなかったという事実。ここから見えてくるのはOB訪問アプリというのは登録する際に所属企業を偽ることが可能であるということです。

とは言え就職活動というのは情報戦である一面は否定できず内部情報を一番知っているのはやはり内部の人間でプラス採用担当が一番望ましい。考えられるリスクとしては、もしも自分がOB訪問を効率の良い出会い系サイトとして使おうと考える輩なら大手企業で人事部の採用担当を名乗って外でアドバイスしてあげるよと言って誘い出すなら最初の待ち合わせ場所は夕方くらいに喫茶店にしておいて、時間間際になったら仕事の都合で遅くなるから等と言って時間を夜間にずらして、そのお詫びに居酒屋で食事でもしながらとでも言います。プラスで睡眠薬を持っていればバッチリです。

近鉄の例も含めてですが、こういった輩から就活生が身を守るにはどうしたら良いのだろうと思いました。

基本的には被害に遭ってしまって関係を結んでしまった場合ですが、本物の採用担当の場合は不採用にしようと動く筈です。言うまでもなく採用担当が就活生と関係を結んだというのは会社に露呈すれば処罰対象となります。従って関係を持った就活生が採用されてしまうと自分にとってリスクにしかならない。本当に好きになったと言うなら時間と手間くらい掛けろバカという話です。

従って関係を持つということは失敗が確定する可能性が高くなるということです。

そして採用担当から就活生を食い物にしようという輩まで会う建前としては就活生に面接対策やエントリーシートの書き方を教える等の手助けをすると言うものです。
本音は別の所にある可能性が高い訳ですが、それを言ってしまうと誰とも会って貰えなくなってしまいます。
なので実際に会ってアドバイスを受けるとなった場合は一人で会わなければ良いのかなと思いました。
少なくとも一人でなければ席を立ったタイミングでも一人残っていれば一服盛られることは防ぐことが出来ます。ホテルに誘われることも防げると思います。

なので考えられるパターンとしては、
1.お父さんが付いて来ました
2.友達も志望していて話を聞きたいと言うので連れてきちゃいました
3.友達が偶然を装って合流

以上のような手段を取ると間違いなく相手は嫌がりますので建前を利用して断れないようにしておきましょう。
事前準備として、必ず会う約束を取り付けたタイミング位で「何でこんなに親切にしてくれるんですか?」的なことを聞いておきましょう。そうすれば相手は「自分も就活している時は困っていたから同じように困っている就活生の力になりたいんだ」的なことを抜かしてくる筈なので、それを逆手に取って断れないようにしておくと良いと思います。

考えたシナリオとしては
3の場合なら
待ち合わせ場所で合流したタイミングで店に向かって歩き始めるか店に入る間際のタイミングで偶然を装って
友「あれー、Aちゃんじゃない、どうしたの?」
A「うわー偶然。実は志望先の採用担当さんで、それで就活生の力になりたいって言ってくれて面接とかの相談に乗ってもらうことなったの」
友「えー、私も就活の相談に乗って欲しい」
A「そうなの。じゃあ輩さん。友達の相談にも一緒に乗ってあげてもらって良いですか?」
輩「うん、ああ、そうなの、ゴニョゴニョゴニョ」
Aと友「ありがとうございまーす」

お父さんシナリオなら
これも担当者者がやる気を無くす可能性があるので美味しいとこ取りとしては
店に入って情報を引き出せるだけ引き出してホテル等に誘われたら合図してお父さん登場。
「あれ、お父さんどうしたの?」
「おお、丁度ここで飲んでいてなぁ」
これなら近鉄の例のように続きはホテルのベッドの上でという訳にもいきません。
これで落とされたら居酒屋の会計はお父さんが支払って、不採用通知を貰ったら企業問い合わせフォームから居酒屋で飲んだ分の料金はやっぱり支払って下さいのメッセージでも送れば相手に処罰が下って気分も晴れるでしょう。

汎用性の高さなら友達と偶然あって合流シナリオ。
使い勝手として美味しいとこ取りならお父さんシナリオ。
ただ合流シナリオは相手がやる気を無くしてお茶を濁して逃げ出して何も得られない可能性もあるので、実家住みでないならお父さんシナリオのタイミングで友達が出て来るのパターンでも良いかもしれませんね。

こいつは完全に出会い系代わりに使っているだろうという場合は1番目のお父さんが付いて来ちゃいました。それか2番目の対策で男友達か彼氏と待っているか、それともしたら友達と集まって3、4人位で待っているのが良いかもしれません。

以上、思いつくまま適当に書いてみましたが一番の対策は君子危うきに近寄らず。
先ずOBアプリだと相手が先述の通り所属を偽っている可能性もあるので身元の確認がしっかり取れていることが第一条件です(名刺なんていくらでも偽造できるからそれだけで信用しちゃダメですよ)
場所としてベストなのは志望先企業の面談スペース。他なら訪問する相手に「受付は会社の顔だと聞いたので会社に担当さんを呼びに行って、それを確かめた上で相談に乗ってほしいです(ハート)」で昼間の喫茶店。
食事をしながらとなってしまった場合もアルコールは飲まない。
飲むよう勧められたら体質的に無理だと断る。
飲むことが必須の業界なら就職が決まるまで禁酒していると言い張る。
途中で席を立ったら例え水でも無味無臭の薬を盛られている可能性があるので口をつけない。相手から無理に勧められたら、どうしても口に合わなくてとか言って新しい飲み物を注文する。それともしたらコップをうっかり倒して新しいものを頼むでも良いかもしれません。

それでは就職活動の成功を祈って今日はこの辺で

パン

個人経営でパン屋を開業するのは難しい

世の中にはブラック企業に勤務しながらお金を貯めてお店を開こうと考えている人もいると思うので今回は個人経営としてパン屋の開業を考えている人の夢を打ち砕いてみたいと思います。

過日ですが我が家の近くで新しくオープンした個人経営のパン屋が潰れました。
そのパン屋の入っていたテナントの店は直ぐに潰れます。
駅から徒歩5分掛からない位の場所で人通りもそこそこあります。実際に向かいにある居酒屋はそこそこ繁盛している様子なので立地は問題ないと思うのですがそのテナントに入った店は情け容赦なく潰れます。

パン屋の前に入っていたのは唐揚げを売りにした居酒屋でしたが半年も経たずに潰れていました。途中から店の外で唐揚げをテイクアウトで販売していたのですが、怖いものみたさで買ってみると意外にも味は良かったので私もそのうち店でビールの一杯でも飲んでみようか等と考えていたら、途中から資金が尽きてきたのか店の親父がずぼらだったのか分かりませんが作ってから時間の経過したものを売るようになり、いつしか噛みしめると絶妙な臭味が広がるものを販売するようになり、こりゃダメだ。と思っていたらやっぱり潰れました。それから暫くして今度はパン屋が入ったのでした。

そのパン屋の品は
値段は安い。
味はあんまり美味しくない。

といったお店でした。
潰れる一月前位になるとのり弁が販売されるようになっていたので、これは長くないだろうと思っていたら潰れました。しかものり弁も美味しくないんだ。

しかし考えてみると今の時代に個人でお店を経営するのは凄く難しいのだと思います。
例えばラーメン屋です。
今のラーメン屋はどこに入っても基本的に美味しいです。
逆に不味いラーメン屋が珍しい位です。
昔は不味いラーメン屋なんていくらでもありました。
生麺タイプのカップラーメンより不味い癖に値段だけは一丁前なんてのは珍しくなかったのを思い出すと時代は変わるものだと思います。
これは言い換えると当時は不味いラーメン屋でも営業を続けていける位お客さんが入っていたということです。当時は今ほどラーメン屋がそこら中にあった訳ではないので、どうしてもラーメンが食べたくなった時は多少は不味くても入ったんです。
私もラーメンをどうしても食べたい気分になった際には仕方ないかと思いながら月一位のペースで訪問しては、なぜこんな不味いラーメンにお金を出して食べているのだろう?と小首を傾げながら食べていたものです。
ちなみにラーメンの味は麺は茹で過ぎてふやけてコシが無く薄ボンヤリとした輪郭の無いスープ。食べられない程ではないが決して美味しくない。しかし麺がスープを吸ってボリュームだけはあるというものでした。
あの店まだあるかな?

話は現代に戻ってくるのですが、潰れたパン屋は努力していました。
通勤に通うサラリーマンの朝食需要を狙って朝早くから店の前でパンの路上販売も試みていました。
(一週間位でやめちゃったけど)
のり弁を売り始めたのだって何も考えないおっさん客辺りがパンだけじゃなくてご飯ものがあると良いと思うんだよ。とか言う無責任な発言を真に受けて作り始めたに違いないんです。

昔と比べて大して美味しくないパン屋が生き延びられない理由とは何だろう?と思うと、過去と比較して現代はコンビニという存在が大きいと思うのです。
先ほど例に挙げたラーメン屋だとコンビニへのニーズから外れた位置に有り、且つ競合が近くに存在していなかったというのが生存できた理由としては大きいと思います。
(従って先に挙げたラーメン屋が今も残っているかどうかは限りなく怪しいです)

潰れたパン屋は他のパン屋と比較すれば安かったですがコンビニで販売されるパンの金額と比較するとやや高く味は負けている。
今のコンビニパンは本当に美味しいです。
恐らく路上売りの敗因もそれです。
潰れたパン屋の不味くはないが美味しくもない割高なパンを買う理由が通勤途中のサラリーマンに無いのです。会社近くのコンビニで買った方が安くて美味しいんですから。

これで潰れたパン屋さんの徒歩5分圏内にコンビニ3件が存在していなかったら、今日はパンが食べたい気分だけど他に売ってる店もない。仕方ないからこの美味しくないパン屋で買うかとなる可能性もあったと思うのですが、これだけコンビニがあるとじゃあ近くのコンビニで買うかとなってしまうのです。

今は存在しない潰れたパン屋に欠けていたものは何だろう?と考えてみると、やはり美味しいパンを作る技術だったのではないかという身も蓋もない結論へと至ります。

存続しているパン屋で売っているパンはコンビニより値段が高いが、コンビニパンより美味しい所が殆どです。従って生存しているパン屋のパンはコンビニで買えません。
故に人はパン屋で買うのです。

値段面だけで見るならパン屋以外でもコンビニで扱っている同じ項目の商品を扱う個人経営の店が大量生産して流通させることの出来ているコンビニエンスストアに値段で勝つことは非常に難しいです。
そうなると大抵の場合は専門性で特化するしかない。
即ちコンビニで買えないものを売る必要があるのです。

現代に於いて個人経営で店を開こうと思った時には一度振り返って考えてみてください。
あなたの店で扱う商品はコンビニで買えないものですか?

それとコンビニで買うパンは美味しいけどどこか味気ない。やっぱり手作りの温もりのようなものはやっぱり必要なんだよ。という言葉を真に受けてはいけません。
例えば町で商店街を残したいか?というアンケートを取れば、高いパーセンテージで残したいと人は答えます。その後に商店街が残るかと言えば残らないケースが殆どです。安くて美味しい大型店で人が買うからです。

もし開業しようと思っても自分の作り出す商品がコンビニで買えないものだと思えないなら再考の余地ありです。

それでは今日はこの辺で

社長の無理難題に取り組むが無理でしたの図

ワンマン経営の社長に誰も助言しない理由

数々のブラック企業を渡り歩いた筆者ですが、大抵のブラック企業はワンマン社長が独断と偏見と勘で会社の方針を決めています。
そしてワンマン社長は自分に意見してくる人間が大嫌いです。

もしもワンマン社長の経営するブラック企業に勤めることになったか勤めている場合、そこで長生きをするコツは社長に逆らわないことです。
それが出来ず要領も良くないという人は社長から遠く離れた支社や部署に飛ばされるという幸運に恵まれなければ高い可能性で排除されます。心当たりのある人は転職か独立、自営業などで食える準備を怠らないことをお勧めします。

いきなりステーキの社長が「あのとき、私を止めてくれる人がいればなと、今になって思う。」と語って急激に増える店の出店と値上げを後悔しているという記事を見て今回は書いています。

簡単に状況を説明すると、いきなりステーキの社長である一瀬 邦夫氏は某番組の中で朝礼で社員たちに番号を叫ばせて点呼を取り、これが揃っていなければやり直しをさせるという部分が放映され、ブラック企業だと噂される事となりました。
実際、新卒入社3年での離職率は100%達成すると共に名実ともにブラック企業の称号を確とした感があります(『就職四季報 優良・中堅企業版2020年版』)

ついでに業績も芳しいものではありません。最盛期は500店舗あったものが257店に減少(2021年5月時点)
これを聞くと銀座に初めていきなりステーキがオープンした頃は筆者もランチタイムなら1000円でステーキが食べられるのは凄いと並びました。しかもその行列は隣の飲食店の前まで並び、隣の店の親父が「うちなら直ぐ入れますよ」等と並んでいる人に声を掛けてみるも誰も反応しないので心折れて奥に引っ込んで恨めしそうにしているのを見ていた頃のことを思い返すと隔世の感があります。

不振の原因として同じ商圏に出店して互いに食い合う格好になってしまったことと値上げが原因と聞くと確かに今じゃワイルドステーキも当時1000円だったのがいつの間にか1500円じゃ当時を知っている人間としては今さら行く気にはなれないなぁというのが率直な所だったりします。

そして値下げしたことで業績が上がったという話を聞くと、今更かよ!とツッコミを入れずにはいられません。

これはいきなりステーキを運営する株式会社ペッパーフードサービスで開かれた会議でも「業績が下がっている理由」についても何度となく話し合われている筈です。その中で一人でも「社長、業績が下がっている理由なんか適当に雑誌を開くかネットで検索すればいくらでも出てきますから、それ見てスープで顔でも洗って考えてみて下さいよ」と言う社員はいなかったのだろうかと思うのですが、スープで顔を洗うの件は別として同じようなことを心の中で全社員が思っていたでしょうし、その中の空気を読めないと言われる社員は実際に口にしているのではないかと推測します。

では、なぜ会社は変わらなかったのでしょうか?
おそらく社長が単に話を聞き入れなかったんだと思います。
従って「あのとき、私を止めてくれる人がいれば」と一瀬社長は悔いているようですが間違えています。正しくは「私は止めてくれる人をなぜ切ってしまったんだ」です。

冒頭でも書きましたが基本的にワンマン社長は自分に意見する人間が嫌いです。
且つ会社の人事権も握っているケースが殆どです。
するとどうなるでしょう?
自分に意見してくる人間は排除されるか遠ざけられていなくなり周りはイエスマンだけになります。
イエスマンは社長の声を絶対として動くので会社の方針はいつしか
「業績をどうやって上げるか?」から「値上げしてカニバリしている状態で利益をどう出すか?」のように間違った方針を前提とするように変わっていったのではないかと想像しています。
なんのことはありません。ワンマン経営の社長に誰も助言しない理由は社長自らが助言する人間を排除してきただけです。

参考記事:低迷の「いきなり!ステーキ」、社長が語った悔恨 東洋経済ONLINE