よくビジネスを戦争に例えますが昔の私はそれをいまいち理解出来ていませんでした。
当時の私はビジネスとは競争であり正々堂々とルールを守って行うものという青臭いお坊ちゃん丸出しのことを考えていたので夏目漱石で言うならそりゃ教頭に女も取られるわという出来事をぼかしながら述べます。

これは私が以前に勤務していた会社の話です。
そこではオーナーが所有する施設の運営受諾を主な事業としていました。
しかしベンチャーでお金の無い会社でした。
部分的には運営に成功例も出し始めてはいましたが残念ながら全体ではまだ赤という状態。
その会社で私が営業として最後にした仕事はお客さんを送ってくれた代理店さんに会社が潰れてしまうのでお客さんを受け入れられません。ごめんなさいの行脚であったのは今になっても笑えない思い出です。

中小零細企業は資金繰りが命

倒産する末路を迎える会社だったので、そこに至るまでの間にも何度か資金難に陥っています。
従って、この会社の倒産はある日突然つぶれるというものではなく、あぁこの会社潰れそうやなぁというのを何度か繰り返してたら本当に潰れた会社でした。
何もプールに入る前に水を身体に掛けてならして心臓麻痺を防ごうってんじゃないんですから個人的にはある日突然つぶれてくれた方が色々と手間が無くて良かったんだけどなぁと思ったりします。

救世主現る!?

そんな中で社長と付き合いのある会社が融資してくれるかもしれないという話が持ち上がりました。
これに社長だけでなく副社長も会社の一大事と先方の経営者と面談してきて「いやぁ、向こうの経営者の人が気持ちの良い人でね」等と無邪気に喜んで帰ってきます。

その後、件の融資してくれるかもしれないという会社から経営状態を見せて欲しいと何名かやってきます。
これにお人よしの経営陣はうちは何も隠さないと言って先方の望む情報を全て与えます。
更に先方の会社は私も含めて本社の人間全員と面談する念の入れようです。
現場管理を担当する役員の面談は他と比べてかなり長く掛かりました。

リスクなく儲けるにはどうしたら良いか?

後日、先方の会社から資料を求められ、こういった話は早い方が良いということで直接資料を相手の会社に届けたのですが至極冷たく対応されました。
この反応を見て融資は無いなと思っていたのですが、この予想は斜め上に外れます。
向こうが考えていたのは融資ではなく事業の乗っ取りでした。
先述した通り全体では赤字でしたが利益の出ている施設もいくつかありました。

向こうの考えは恐らくこうです。
運営受諾事業について利益の出ている施設を確保して更にそこのノウハウを横展開して拡大させていく。
現場のサービスについては担当役員を引き抜けば良い。
他の経営能力は全て自分たちが上であるので必要ない。
以上の考えによってリスクなく儲けることが可能であると踏んで件の会社は収益の出ている一部の美味しいところだけ部分の乗っ取りを掛けるべく施設のオーナーに働きかけを開始します。

気持ちは分かるけど・・・

個人的には役員達も家庭を持っていたので、度々資金難に陥っているような会社でなく経営の安定した会社で安心して暮らしたいという気持ちは十分理解できるので引き抜かれた役員を責めるつもりは無いのですが、引き抜きを行った会社については自分の知り合いの会社に乗っ取りを画策するという考え自体が理解できませんでした。
しかし社長と副社長の二人とも向こうの社長を気持ちの良い人物と評する人の見る目の無さは経営者として致命的です。まぁ、だから私が採用されたという意見もあるので私にとっては痛し痒しといった所です。

計算違い

実は引き抜いた現場担当の役員が実は現場スタッフから全く信頼されておらず、各施設毎に置かれた施設長の独立権が強いということもあって現場の職員たちは役員を殆ど無視して各々で運営していたという実は穀潰しというか他の皆は働いていると思っていた働かないおじさんだったこと。
従って施設のサービスレベル維持の為に引き抜いた運営役員が実は施設のサービスレベルに全くと言って差し支えないほど寄与していないというか阻害要因になっている人物であったのは傍から見ていて面白いと思った所でした。

オーナーを説得した流れ

そして運営を横取りする施設にもオーナーが存在する訳ですが、
その説得については
・当方の会社は経営が苦しい
・件の会社は経営が安定している
・施設管理担当の役員は引き抜いたのでサービスレベルは変わらない
以上の理由を並べ立てることで黒字経営だった施設のオーナーの一人が運営委託引き抜きの説得に応じます。
ここで営業が強く集客をこちらが握っているとなればオーナーの説得材料になったと思うのですが営業については始動したばかりだったのでこの段階では明らかなお荷物でしかありませんでした。
それどころか集客についてはサービスレベルの高さから引き抜きに応じた施設の評判が良かったため口コミとリピーターで集客も間に合ったのでオーナーにとっては経営リスクの無い側になびくのも致し方ないと思います。

乗っ取りを掛けてみたけれど・・・

更に向こうの誤算です。
先述した通り現場管理の役員に対しての現場からの評判は最悪です。
しかし引き抜いた会社は現場管理をしている役員さえいれば今までのクオリティでサービスを維持出来ると考えていました。
運営の委託先が変わりました。
現場管理の役員が現場に詰めることになります。
現場の人間はこの役員が嫌いです。
どうなったか?
運営役員と施設のスタッフが対立しました。
結果として現場のスタッフの殆どが退職してしまいました。
その中にはサービスレベルの維持を担っていた中核スタッフも含まれていました。

残された施設はどうなったか?

先ずスタッフが辞めた影響で現場のサービスレベルが落ちました。
現場の評判からリピーターのお客様が多い施設であったのですが、これは現場のサービスレベルあってのものだったのでリピーターのお客様は来なくなりました。
よって十分な集客が望めなくなりました。
その後、件の会社でも施設管理担当役員が無能であったことに気付いたかどうかは知りませんが運営担当役員はクビになります。

卑怯者の末路

結局、事業を間違えた計算を基にして美味しい所だけ一部乗っ取りを掛けた会社は数年の後に施設の運営受諾事業から手を引くことになりました。
他に増やした施設の運営受諾も撤退していました。

更に数年後にブログにこのことを書くかと思って乗っ取りを仕掛けて来た会社のホームページを見たら、それが切っ掛けとなったかどうかは知りませんがメイン事業を他社に譲渡して倒産目前となっているのを知りました。
悪は滅びるんだなぁと思って大笑いしました。

ついでに引き抜かれた施設も最後は仕方なくオーナー自ら運営していたようなのですが倒産しています。
しかし私のいた会社も事業清算の憂き目を見ているので結局、誰も幸せにはなっていないという今日は皆が不幸になるお話でした。

それでは今日はこの辺で

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。