なけなしのお金を貯金

ブラック企業勤務者に貯金が必要な理由

今回は数々のブラック企業を渡り歩いてきた経験からお金が大事という話をします。

よく聞く質問にブラック企業を見抜く方法を教えて下さいというのがあります。
回答は入社前に完全に見抜く方法はありません。

ブラック要素も色々あるので全ての人にとってホワイトな企業は多分存在しなません。
従ってホワイトと呼ばれる会社に入社できたとしても所属先の上司がパワハラ糞野郎だとブラック化します。

その為に今回はお金についてです。
転職や新卒で会社に入るにあたってなのですが出来るだけお金を貯めておいた方が良いです。
目安としては3ヶ月は生活できる程度の金額を常に持っておきたいところです。
何でかと言うと、その程度の貯金が無いとブラック企業を辞められないケースが出てくるからです。

私の場合だと勤務していた企業が倒産してしまって、給与を全額払って貰えず貯金が尽きている状態で焦って転職した先はブラック企業に転職したお陰で、神様ちょっと試練が過酷すぎませんかね?という状態に陥りました。正に二重底の落とし穴にスコーンと落っこちた状態です。
川端康成の雪国風に言えば「転職したら、そこはブラックだった」です。
今でこそ半笑いで言えますが当時は全く笑えませんでした。

よく転職活動は今いる会社を辞める前に次を決めるべきだと言われますが、ブラック企業だって奴隷に辞められると困ってしまうので転職対策は行っています。
私が知っているのは勤務時間中に転職活動されるのを防ぐためサイボウズのスケジュール管理に必ず訪問先を入れさせて上司がチェックしたりする等。
他に内勤だとそもそも外出するのが難しく、しかも深夜まで会社に拘束されて土日も突発的に出勤させられるとなった場合は休日に面接を調整することも出来ないという漆黒の環境にいると在職中の転職活動は不可能になります。

以上のような環境に身を置く羽目に陥った場合、転職活動は退職してからということになります。

そこで冒頭の話に戻ってくるのですが、ここで会社を辞めてから転職する間の生活資金が無い
と転職活動が出来ないのです。また3ヶ月程度の生活費を貯金しておく必要があると言ったのは通常の場合ですが失業保険の受給資格を満たしてハローワークで需給申請をしても実際に受給されるまで3ヶ月程度時間が掛かるからです。

更に怖い話をするとブラック企業は基本的に給料が安いです。
そのため毎月の給料では生活費は足りないというケースも出て来ます。
でも転職活動が出来ないので会社も辞められないというジリ貧状態だと地獄の窯の入り口にじりじりと近づいている状況です。
その状況を変えられないと遠くない未来に地獄の炎でいい感じに焼かれることになります。

そういった状態を茹でガエルとはよく言ったもので意外とそういった危機的状況にいることに自分自身で気付いていないケースがあります。

そういった、あなたヤバい状況にいますよの見分け方です。
電気や水道等が頻繁に止まる
これらは毎月の支払いですが供給会社によって何ヶ月か支払いをためても停止されなかったりします。
であるにも関わらず止められるということはお金が無いので支払いを先延ばしにしていて忘れたという状況が考えられます。そういったものの料金が安いとは思いませんが毎月支払えない程の額でもありません。それが支払えない。もしくは先延ばしする必要がある状態というのは収入が生活に追いついていないということです。繰り返しになりますが早急に毎月の支出の見直しが必要です。併せて収入を上げる方法を考えましょう。

次は最悪のケースです。
毎月の給与で生活費を賄えず既に不足分をキャッシングで補填している場合です。
毎月の給与で月々の出費を賄い切れない。その分を毎月外部から借りて生活することを「自転車操業」と言います。
この状態に陥ると人によってはキャッシング出来る残額を貯金と勘違いしているケースも出て来ます。いいですか?キャッシングとはイコール借金です。キャッシングが毎月必要な生活を送っていると高確率で破綻します。会社に借金の取り立て連絡が入るのも間近です。早急に出費の見直しをして下さい。
その上で生活できる給与を貰える会社に転職をお勧めします。

ここまで読んで、正にこの状態でジリ貧状態で転職活動も出来ない状況にいる場合はどうしたら良いのだと嘆く人もいるかと思います。
私のようにお金が無い状態で転職したら転職活動の出来ないブラック企業に入社してしまったという人もいるかと思います。

その場合です。
実家に頼りましょう。
親に生活資金を借りるか一時的に実家に避難させて貰って転職活動。

実家に頼れない場合。
実家が遠方の僻地にあって実家に帰れない場合です。
子供のいない伯母などに介護が必要になったので早く帰らせて下さいと上司に相談という体で交渉してみて下さい。
(但し、この場合は結構深くつっこんで聞かれる可能性があるので予習が必要です)

良いですか?そのままだと本当に破滅しか待っていないという状況に陥ったら一刻も早く生活の立て直しに注力するか逃げて下さい。その為にも逃走資金として常時3ヶ月程度生きていける貯金は持っておきましょう。
備えあれば憂いなし。本当ですよ。