読書感想「カラマーゾフの兄弟」 ドストエフスキー (著),‎ 原 卓也 (翻訳)

やっと読み終わった。 言わずと知れたドストエフスキー最後の作品。 この作品の中には違う作品がいくつも出来てしまうような要素が入り込んでいて、長いのだけれど飽きの来ない作りになっている。 特に大審問官の章なんかはあれだけで …

読書感想「大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章」- J.D. サリンジャー (著),‎ J.D. Salinger (原著)

作者は「ライ麦ばたけでつかまえて」のサリンジャー,J.Dです。 この作品の登場人物は「ナイン・ストーリーズ」「フラニーとズーイ 」といったグラース家一連の物語の中の一作。 グラース家の長男、シーモアの話。 と、言ってもシ …