読書感想「走れメロス,女生徒,富獄百景」太宰治(著)

 短編集の表題なのだけれど、さすがは太宰、という中身の濃い作品が多かった。

 まずは、「走れメロス」
 内容は自分が戻らなければ友人が処刑されて死んでしまう、そうさせない為にメロスは懸命に走る。
 たぶんこの内容を読めば、どっかで聞いたことはあるなぁといったように思い当たる人も多いかもしれませんね。
 さわやかな読み心地で、ハラハラしたり、感動したりと太宰にしては珍しく、小さな子供にでも読ませたい名作(笑)

 他にも短編がいくつか入っていて

 

 自身の体験と重ね合わせて、自身の挫折や堕落とを富士の光景になぞらえて描き出した「冨嶽百景」
 
 同じく、東京での挫折のかなしさを描いた「東京八景」
 
 男女の危ういバランスを描いた「満願」

 聖書をモチーフにした「駆け込み訴え」

 一人の女生徒の語りで進行していく「女生徒」

 他にも、実家との和解を描いている「帰去来」「故郷」

 全体の感想としては、「人間失格」「斜陽」のイメージで読んだので、意外な感じでした。
 僕の持つ、太宰という人のイメージは温い絶望といえばいいんですかね、お金持ちで顔も良くて、学問も出来るんだけど、生きる上で必要とされる核のようなものを持っていない。
 生きていたいという想いと同時に滅びる事を望むといったような矛盾を抱えた、低温火傷みたいな痛みを抱え続けた人というイメージだったんですけど、そのイメージが少し変わりました。 

 特に「走れメロス」「駆け込み訴え」なんかは、正に芸術を志して動き出したという躍動感さえ感じられる位で、もしも、この人がこの方向性で伸びていくことが出来たら間違いなく歴史に残る名作が出来上がったのだろうな、と思う。 
 まぁ、そうしたら「人間失格」も描かれる事は無かったのだろうから上手くいかない。

(下記の書籍ですが、読んでいたものが絶版になっていたため代わりに貼りつけさせて貰います。他にも紹介作品は青空文庫でも読めますので、そちらを読んでみても良いと思います)