独裁マネジメント下で思考力のある社員の辞めていく段階図

前回は独裁型マネジメントを行う企業が抱える重要な問題とは顧客から求められるニーズに応える為に思考力のある社員が必要であるにも関わらず、その思考力を持った社員が存在しないが為に何れ立ち行かなくなってしまうという点にあると述べました。

独裁型マネジメントが変わらなければならない現状

従って独裁型マネジメントを行う企業も思考力のある社員を求めている訳ですが、実際に思考力のある社員が入って来ても大抵は辞めて行きます。それは組織の自浄作用のように思考力のある社員を排除していく仕組みが出来ているからです。思考力のある社員が辞めていく段階図が下のものです。

1(思考力のある部下1と思考力のない部下2と3が入社してくる)

2(思考力のない部下2の下に部下1が付き、部下2の下に思考力を持たない新人1と思考力を持つ新人2が付きます。この頃になると部下1は命令を聞かない生意気な奴かダメな奴というレッテルを貼られているケースが多いです。部下2の下についた理由は「部下1は命令を聞かないから部下2に抜かされるんだ」といったような言われ方をされるのが多いのではないかと思います)

3(部下1はこの時点で馬鹿らしくなって辞めます。新人2もそれに続いて辞めます。部下2は出世して独裁マネージャーの命令を忠実に実行する鬼軍曹として機能します。また問題点として今までよりも無茶な命令や間違っている命令もマネージャーに意見する事が出来なくなることで実行に移される事となり組織の空転が増えだします)

4(思考力のない社員がいなくなるというオチが着いて以降ループ)
この経緯を辿る理由は独裁型のリーダーは自分の頭で考えることの出来る思考力を持った人間を嫌うからです。その為、思考力を持った社員は優秀だろうが売り上げを上げていようが図の様に次第に脇に追いやられて辞めていく事となります。
(稀に飛び抜けた成績を出すことで一匹狼ポジションになるケースも有り)

以降は似たようなことを繰り返して思考力のない社員が増えていく事になります。

独裁型の企業は社員の思考力を奪うことによって現在の地位を築いています。困った点としては一時代前までなら、このマネジメントが効果を発揮していた点です(労働基準監督署がその機能を果たしていないという前提があるからですが)

そして社員に思考力を持たせるということは独裁型マネジメントを行ってきた今までの運営を全否定して組織を一から作り直す位の気持ちが必要です。この点に独裁型企業のジレンマのようなものがあるのかもしれませんね。

ブラック企業の社窓から