長野市の茶臼山動物園で18日、容姿がクマに似ているジャコウネコ科の珍種「ビントロング」が一般公開された。体長約1メートル、1歳3カ月の雄で、名前は「シュート」。国内では約20頭飼育されているという。 (2015年05月18日 配信)  【時事通信社】

猫と言えばかわいい。
ライオンと同じオリの中に猫を入れると、
かわいいからとライオンが襲わないでお馴染みの猫ですよ。

それがクマのように見える?
はっ!!バカ言っちゃいけませんよ。
どーれ見てみましょう。

ジャコウネコ科ビントロング

εミ(ο_ _)ο シンダフリ

何ですかアレは?

てっきり ( ・(ェ)・) こんな感じかと思っていましたよ!!
ぜんぜんカワイクないじゃないですか、
明らかに人を屠っている顔ですよ。
だって目に表情がないですもん。
人を殺しても何ら表情が浮かぶ事のない目ですよアレは!!

ちなみに住所氏名は、
「シュート」(38)
前科3犯、強盗殺人で
長野市の茶臼山動物園に
服役中だそうです。
(罪名はウソ)

でも実は食べたり薬用成分があると思われて狩猟されたり、
それと主には樹の上で生活しているらしいんだけど、
その樹が切り倒されて住む場所が無くなったりというのもあって、
数が減っているらしい。
それと意外にもペットとして飼われることもあるということなので、
ネコと一緒で人に懐くのかもしれない。
こんな顔した奴に懐かれても嬉しくはないけど。

飼いたいという人は怖い顔の男が好きという女と一緒の感じなのか?

普段は樹の上で生活して果実を食べると聞くと、
怖い顔だけど実は優しいみたいな印象を一瞬だけ受けるも、
昆虫や鳥をバリバリいってますと聞くと、
うーん、やっぱり気のせいかな?って感じもするけど、
まぁ猫も腹が減ると蝉とか食ってるからそれと一緒だと考えれば。
でもミミズも食べると聞くと、
やはり手を舐められたりするのは躊躇してしまうかもしれない。

まぁ何と言うか、
目が合ったら確実にぶん殴られる顔をしているよね。

この記事をSNSでシェアして貰えると嬉しいです!

投稿者: 悲しい笑い

新卒でいきなりブラック企業に入社してから数々のブラック企業を渡り歩いた途中でどさくさに紛れて営業マネージャーをやったり新規事業の立ち上げ等を行っていました。 投稿はその都度、興味の湧いたものを書いています。