我がマンションに何本かの杭無し

いやいや、短いだけで

杭自体はあるから
(ヾノ・∀・`)アルアル

このイカしたグラフィックを描いてくれたのは、
神奈川県横浜市青葉区の美容室の人と言われています。
きっと義憤に駆られた。
それか、きっと思いついちゃったんでしょうな。
マンションの杭の長さが足りないのか・・・。
( ゜o゜)ハッ
わが生涯に一片の悔いなし!
杭無し!
これや!
ということで昔取った杵柄というやつで、
親父ギャグを思いついたか、
目覚めちゃったかしたついでに、
一緒に絵心も目覚めたって感じだったんですかね。

因みに、題材となったこっちはイカれた杭無し(正確には杭の長さが足りない)
マンションについて

事業者は三井不動産と明豊エンタープライズで
設計と施工は三井住友建設が行い、
三井不動産レジデンシャルが販売したマンション。
横浜市都筑区で2007年11月に完成した総戸数705の4棟建て。
しかも「ららぽーと横浜」すぐ傍。
その名は「パークシティLaLa横浜」
プロフィールだけ見ると人気のあるマンションだったと思うんだけど、
ある日マンションが傾いたということで大騒ぎ、
当初は「東日本大震災の影響っすね。参った」で収めようとするも失敗。
調べてみたらマンションを支える杭が安定した地盤に届いていないことが判明。
他にも同様の被害があることが発覚したことで燎原の火の如く広がりを見せる。
色々とすったもんだあった末に結局、建て替え工事を行うことが決まり
2018年6月より建て替えを開始して
2021年2月に建て替え工事完了。

一連の流れを見て思ったのは、
何だかんだ言いながらマンション等のデカい買い物は
大きな業者から買った方が良いのかなぁと等と思います。
もしもこれが地方の一業者が頑張って建てたマンションだったら、
普通に賠償金が払えません。
倒産するので後のことは知りません。
そして残されたマンションの住人は途方に暮れる。
以上で終わる可能性が高いですからね。

当事者の方達にとっては悪夢以外の何者でもなかったと思うのですが、
2022年2月現在は無事に収まっているようで良かったです。

この記事をSNSでシェアして貰えると嬉しいです!

投稿者: 悲しい笑い

新卒でいきなりブラック企業に入社してから数々のブラック企業を渡り歩いた途中でどさくさに紛れて営業マネージャーをやったり新規事業の立ち上げ等を行っていました。 投稿はその都度、興味の湧いたものを書いています。