今日のご相談:本屋さんへのご提案

書籍相談


はーい、こんばんは!!

最近はどんよりと曇った、
すっきりしない天気が続くね、

昼間出る時に傘を持って出たけど、
無駄に終わって良かったのか悪かったのか、
同じ様にすっきりしない気持ちになった。
ラジオ「悲しい笑い」DJのジョッキーです。

それではラジオネーム「哲学志向」さんからのご相談です。

DJ!!
本屋は早く自販機方式にならないといけないと思うんだ。
だってそうだろ?
購入する本からその人の趣味嗜好、
思想や信念まで分かってしまうんだ。
そんな個人情報の固まりである
本の購入履歴が分かってしまうなんて危険だよ。
ましてや個人情報を蓄積してお勧めの本を出して来る、
ネットで本なんて買えやしないよ。
アマゾンなんてもっての外だぜDJ!!
まったく個人情報もへったくれもないよ。
早くどうにかしてくれDJ!!

「哲学志向」さんへ、

エロ本くらい堂々と買えよ!!

隣町の本屋で、
胸を張ってエ○本をレジに出すんだ。
使う相手もいないのに、
ロープはありませんか?と問い合わせてみる。
変態という名の紳士を気取る位の気概を持つんだ!!

俺の友達なんか3人の子持ちで、
家族全員で使うPCのアカウントを分けてないんだぜ!
しかもamazonのアカウントも分けていないんだ。
だからそいつが何となく検索した大人の映像の女優さんの最新作とか
今だに時々おすすめされるらしいぜ。
子供も見てるから凄く気まずいって言ってたけど仕方ない。
子供からそれを聞かれた時は
「Amazon調子悪いのかな?」
と言い張ってるって言ってたw
きっと背中で子供たちに語り掛けているんだと思う。
パパはギャルが好きだけどお母さんはギャルじゃないので、
やっぱりある程度の妥協は必要なんだ的なことを教えているんだと思う。

思うに君の悩みは居直れば万事解決な気がする。
そうやって神経が図太くなることで
また一つ大人の階段を登るんだ。

そうやって格好良い大人にはなっていくんだぜ!!

でも、せめてamazonのアカウント位は分けた方が良いと思うぜ。

でもお母さんにバレるのだけは避けような。
ほら、お母さん泣かせちゃうのはちょっとな・・・。
男の約束だぜ!!

それでは、
Here we go!!