1898年(明治31)12月18日上野公園に西郷隆盛像の除幕式が行われました。

この銅像は高村光雲作となり、1889年(明治22)12月18日の大日本帝国憲法発布に伴う特赦として西郷が逆徒であるとされた汚名が解かれたことを切っ掛けとして薩摩藩出身者が計画して全国からの寄付と宮内省の出した500円の下賜とによって作られました。
因みに銅像の連れている犬の名前はツンといいます。これは後藤貞行作となり、西郷隆盛本人と犬のツンの作者は別々です。因みに犬のツンの銅像は手軽に持って行けそうなサイズに見えることから何度か盗んだ後に溶かして銅として売ろうと考えた輩に何度か盗まれそうになった事もあったそうです。

御披露目された銅像の姿を見た、妻の糸はこれは西郷隆盛ではないと言ったそうです。

この糸の言う言葉の真意は本人が亡くなった今となっては分かりませんが、西郷どんを見続ける事によって、或いは推測のようなものを立てることはできるようになるのかもしれません。

作者が西郷隆盛で印象に残るのは小説「跳ぶが如く」の中で作者の司馬遼太郎が西郷隆盛について調べたがどういった人物なのか結局のところよく分からないと述べている箇所です。大きな人物であるようにも思えるが本人が何を考えているのかいまいち分からない。ある種の人々からは愚鈍であると評されたようですが、それは並外れた思慮の深さの反面であるようにも思えるのですが、無口で自分の意見を述べてリーダーシップを発揮して組織を推進させていった訳でもないですし、かと言って度量が大きく並外れた器を示して敵味方を含めた清濁併せ呑んで行ったタイプでもなく、寧ろ自分と考えの合わない性質の人間とは相容れず人間の好き嫌いのはっきりした人で、やや潔癖のきらいがあったようです。しかし彼は周囲の人間を最大効率で動かし且つ最大限の成果を上げさせていったが故に倒幕を成し遂げることが出来たとも言えます。しかし、西郷が政権から出て行った際に司馬遼太郎も不思議がっているのですが、自分の意見が通らないなら軍を動かして無理矢理自分の思い通りに出来る権力を有しながらそれを一切行使することがなかった。これは無欲であるが故とも言えるのですが、更に後には西南戦争に参加している。このどうにも掴み所がなく、しかし魅力的に写る不思議としか言いようのない人物である西郷隆盛について知る事が冒頭の糸の態度の意味を知る鍵となるのかもしれません。

 

下の画像をクリックするとAmzonの商品詳細ページにいきます

 

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。