M 愛すべき人がいて」タグアーカイブ

「M 愛すべき人がいて」第一話の妄想 マサのスカウト

会社の役員会議で輝楽を超えるアーティストをプロデュースすると大見得を切ったマサは再び川越にあるヴェルファインへと足を伸ばしスカウト活動を再開します。
社長に公の場で楯突いた上に売れるユニットをプロデュースする。
そう宣言したということは彼の中に既に勝利のシナリオが存在する。
あの会議に出席した役員の誰もがそう考えたでしょう。
大川もそれが実現することを恐れた筈です。
なぜなら会社の現状として輝楽プロデューサー関連の売上全体の8割を占めることに対するリスクを指摘されるのは大川社長にとって鋭すぎる指摘であったことは疑いようがないからです。やはりマサという男は侮れないと痛感したでしょう。
そう、そのマサがまさかプロデュースする肝心の素材を見つけてもいなかったとは誰も夢にも思わなかった筈です。
まさかのノープランです。
マサは流川にディスコにいるのを適当に見繕って来てくれよと依頼すると流川をホールに降ろして適当にラインナップを揃えさせます。
アーティスト探し出すことが出来ていないディスコで適当なのを引っ掛けて来たらアーティストだったという夢物語をまだ継続する積りなのです。
全く目算は立っていない筈です。
これで売れるアーティストが見つからなかったら「アーティストってのは裏の庭から勝手に生えて来る雑草みたいなもんだと思っていたんですけどね。おっかしいなぁ。やっぱり流川が悪いんですよ。あいつクビにしましょ」とでも開き直るつもりなのでしょうか?

しかし流川に女性を見繕わせる指示を出す姿は自分でナンパ出来ないから後輩に引っ掛けさせて来るという、それに見えなくもないのですが、それでも文句の一つも言わずに実行して成果を出せるということは、単なる腰巾着に見えて流川が実は有能なのか、それとも単なる行き当たりばったりに見えるマサが有能なのか、それともしたら土壇場で途轍もない程の豪運を発揮し続けてきたのかどうかは判断に迷う所です。
階下に降りた流川が動き出します。
以前から名刺を渡していた目ぼしい子にマサが来ていると声を掛けてオーディションに女性を集めます。
ここで玉木理沙にも声を掛けます。その時に一緒にいたアユさんが「私も!」と土壇場で滑り込もうとします。ここで流川は迷うのですが、まぁ一人二人増えても良いかと人の好さを発揮してあゆさんの参加を許します。
ここで特筆すべきことはあゆさんがこの時点では流川から見て参加させるかどうかを迷う程度にしか見えていないという事実です。
そうです。スターに学歴なんぞいらんとばかりに学校を辞める決断を下した彼女が実はスカウトすらされていなかったという事実には、ただただ恐れ戦くより他にありません。
どんだけ豪胆なんだ。やっぱりスターになる女性は違います。
それとついでにマサの有能さに気が付きました。
当初マサは流川に「オマエがプロデュースするユニットを集めてみろ」的な流れで女性を集めさせていました。
流川は自分がプロデュースする為にせっせと目ぼしい女性を見付けては名刺を配り歩いていたのです。
それがいつの間にかオーディションで選ぶ役目はマサが請負うことになっています。
これは幕間で、
マサが「流川。俺はやるぞ。ぜってぇ負けねぇ」
「マサさん恰好良いっす」
「ああ・・・。だから流川、分かるよな?」
「え?なんすか?」
「オマエが自分でプロデュースする為に集めてる女性達な。あの中から俺が最高のスターを選んでやるよ」
「え?マジっすか。やったぁ!これは流川プロデュースユニット成功間違いなしじゃないっすかぁ」
「ああ、俺がプロデュースしてやるから任せろ!!」
「やったぁ?」
次代のスターが見つからなければマサは失脚、併せて腰巾着の流川も失脚する運命であると考えれば流川が苦労して見つけ出した金の卵も差し出すより他ないのですが、マサが余りにもナチュラルに「俺のものは俺のもの。流川のものも俺のもの」というジャイアニズムを発揮した上に、その事実を流川に自然に呑み込ませている手腕には驚きを感じずにはいられません。
これはマサが有能なジャイアンなのか、それとも流川が有能で実は犠牲になっていると見せ掛けながらしっかりとマサの後ろに付くことで確実に出世してきた有能な犠牲者なのかは判断に迷います。

それでは今回この辺で
と、次回の続きを書きたい所なのですが、M愛すべき人については今回で終了です。
理由はこのサイト内で書いたコンテンツの閲覧者が少なかったことです。
もしかしてGoogleからスパムコンテンツ扱いされてる?と思うほど検索エンジン経由で見られることもなく、もしかしたら地球上で筆者しか見ていないのではないだろうか?と思う程の少なさだったのです。
それでも一度は書き始めたことだし最後まで書いてみようかなぁとは思っていたのですが録画予約していたものが3話までで、続きの話数に関しては予約出来ていないことが発覚。
ABEMAテレビでチャリンチャリン課金して続きを書いて行こうかとも思ったのですが、誰も見ていないものに課金してまで書いていく意味もないし、このまま行くとGoogleからスパムサイト扱いされそうな怖さもあったので「M愛すべき人」については今回で最終回となります。
とは言っても、これも誰も見てないんだろうなぁ。とほほ・・・。
それでは

「M 愛すべき人がいて」第一話の妄想 マサの苦労

前回ようやく出会ったマサとアユさんの二人です。

三密仕様でソーシャルディスタンスもばっちりに見える川越にありそうなディスコヴェルファインですが、VIP席からマサがの片腕である流川が適当にスカウトに繰り出します。

ここで礼香さんがマサに投げ掛ける「本当にここで見つけられると思ってますか?」の台詞が適格過ぎて痛いです。

もしかしたらマサが礼香を疎ましくしている理由は、登場すると何か知らんけどやたらセクシーな曲が流れたり「ワシの目がぁ目がぁ」とかやっていてウザいとかではなく実はこの的確過ぎるツッコミにあるのではないかと思ったりします。

それはさて置きホールに降りた流川が適当に玉木理沙をスカウトで引っ掛けて名刺を渡します。

このバブルを彷彿させる流川の軽さは付いて行ったら最後、気付いたらAV出演の契約書にサインをさせられている怖さを感じずにはいられないのですが玉木理沙とあゆさんは今回の戦果はばっちりと意気揚々と引き揚げていきます。

それどころかあゆさんは勢い余って自宅に帰った次の朝には家族に「学校辞めるわ」宣言です。

この時点で彼女はタレントになるのか歌手になるのか女優として生きていくのかも決めていない状態で女優としてはチョイ役な上にしかも相手役の女優から「何でこんな小娘と云々」的なことを言われてどやされているのは演技力云々ではなく単に台詞を忘れているだけという残念な状態からの学校なんて無駄だし辞めるわ宣言には驚きしか感じません。

何よりも驚かされるのは、何か知らんけど凄いプロデューサーの手下Aから名刺を受取っているだけ、しかも実際に渡されたのは友人の玉木理沙であるにも関わらず既に自分の成功を確信しているということです。

これが実際に浜崎あゆみがモデルであることを知らなければ、堀越学園に入学したから自分もアイドルになれると思っている微笑ましい勘違い女子高生位にしか見えませんし、男で言うなら堀越学園に入学したらアイドルと付き合えると思っている男子高校生でしかありません。正直、現状であゆさんが唯一と言っていいステータスである「女子高生」ブランドを捨てて無職の16歳になってしまうというのは余りにもリスクが大き過ぎるのではないかと思わずにはいられないので家族はあゆさんの高校退学を全力で引き止めるべきだと思うのですが実際に大成功されてしまうとぐうの音も出ませぬ。

そんな中でもあゆさんの決断を支持する良き理解者である祖母は腹の中では「そうだね。職人とかなら学歴なんか必要ないしね。あんた頭は悪いけど体力はあるから解体作業員にでもなって適当に家とかぶっ壊して生きて行けば良いかもね」位のことを思っているのかもしれず。実は裏で知り合いの親方にでもあゆさんの面倒を見てくれるように頼み込んでいるのかもしれないと思うのですが、あゆさんが大物となってしまった今となっては真相を知る由もありません。

その頃マサはAvictory社を訪れる輝楽天明プロデューサーを大川社長が自ら頭を下げて出迎えている横で一人だけ頭も下げず挑発的に胸を張って見下ろすようにして出迎えます。

輝楽プロデューサーの姿はどこか病的なように見えます。

輝楽プロデューサーのモデルは小室哲哉氏で間違いないのですが、あれ?あの人って麻薬でも御用されてたっけ?と思う顔色をしています。それともしたらマサが危機感を抱く理由に輝楽プロデューサーの顔色の悪さから推測して、持って1、2年で死んでしまうと当たりを付けているというのもあるのかもしれない等と思います。

それはさておき当の輝楽プロデューサーは、そんなマサに対して激怒することなく、それとも実はカマっぽくも見えるので実はマサが好みなのか、それとも敵にするには取るに足らないとでも思っているのかマサを挑発している姿を見た大川社長は上機嫌になって場は丸く収まります。

その後の重役会議でもマサは、このままじゃ会社はダメだ!!等と吠えて時代を変える宣言をして更に輝楽最大のライバルに俺はなる!と海賊王宣言をするのですが、ここでは輝楽のことをさん付けで呼んでいる辺りは、この男にも人に敬意を払うことが出来る人であったのかと安心したりもします。

それと、ここでブチ切れていない社長の大川は意外と人が出来ているのかもしれないという気もします。俺は社長になんかなりたくないと嘯いているマサですが、社長の面子を他の重役の面前で潰しているあたり敵対するしかない道を自ら突き進んでいく姿や会社を見上げてぜってぇ負けねえと独り言を言っている姿は社長を追い落として下剋上を狙うそれでしかありません。

飲み会で流川辺りにも「俺は自分のことをそんな偉いとか思ってないからさ。無礼講で行こうぜ」等と言って流川が調子に乗って「じゃあさぁマサ」等と言おうものなら流川の胸ぐらを掴んで「おまえ何で俺にため口きいてんだよ」と本気でブチ切れる人に違いないのです。

話は戻りマサが自分の役員室に戻ると礼香が待っていて食事に誘って来たのを断ると「私の目の代わりになってくれるって言ったよね」そう言って部屋に用意されているブドウを一粒取り上げて眼帯を持ち上げて目に押し当てるとマサの未来が見える。何れこのビルを売り飛ばして大儲けするじゃろう!!とは言わないですけど実際に見たら引くと言うか怖いです。かと思うと社長にマサの情報を漏らしてマサが失脚しても大丈夫なように行動しているので見た目ほどこの人はどうかしている人ではないかのかもしれないと思ったりします。

それでは今回この辺で

気分が乗ったら次も更新します。

「M 愛すべき人がいて」へのツッコミ 主要人物の紹介

前回こんな良い意味でツッコミ所ばかりのドラマを初めて見た。
ツッコミというコーナーを持つ悲しい笑いとして、これを看過することは出来ませんと言ってから結構な時が経つのですが、コロナ騒ぎで、この「M愛すべき人がいて」もドラマの進行が止まってしまい、それならブログの更新が遅れてもどうにかなると思って放置していたら今になってしまいました。もしかしたら世界中でこのブログを見ている人間は自分一人だけなんじゃないだろうか?と危惧することが頻繁にある我が分身「悲しい笑い」なので、なぜ更新しないのか本当に誰からも非難されなくて何故か心の汗が溢れて来たので更新することにしました。

まず冒頭で歌姫アユさんが例のバカでかいサングラスを外し呟きます。
「あの日も、うみゅを見ていたな」
いきなり微妙な噛みからスタートです。やっぱりアユさん半端ないっす。

その後ろからマネージャーが駈け寄りますが、やはりスターのオーラがバリアになってるんですかね?30メートル位までしか近寄れません。
そこから「アユさーん」と呼びかけますが、アユの耳には声が届かず、段々と
「アユさん」
「アユさーん」
「アユ!!」
と語気が強くなっていきます。
いや、寄れや!!信じられますか?
これでまだ開始1分経ってないんですよ。

そして過去の回想シーンになり1993年の福岡でも同じように海をアユは見つめ、祖母が呼びに来るんですが、これには答えています。
ここでアユの帝王学が垣間見えていたことに気付きます。
下っ端に舐められないよう敢えてマネージャーを無視してマウンティングしていたのです。
以後、私もアユではなく敬意を込めてアユさんと呼ぶことにします。


アユさんが上京してきた頃の渋谷の風景が映し出されます。
このシーンで個人的に気になったのは吊るし看板の「ナタデココになったでー!」です。
それと、アユさんが「あたし、東京に行って夢を叶える」と言って福岡からお祖母ちゃんと上京して来ます。ここで気付くのですがアユさんの祖母の頭は赤色も混じっています。タイトルが「俺の作った虹を渡れ!」なので、もしかして田舎の祖母は自分のことを「俺」と呼称する御仁で、「アユ、あんたは俺の孫だからな。あんたぁ俺がスターにばしちゃる。あんた俺を踏み台にさすればいい」とか言ってアユさんが成功する度に頭の色が増えて行って最終的には7色の頭になるのだろうかと推測したのですが、そんなことはありませんでした。

しかし娘が夢を叶える為に上京するって相当な大事だと思うのですが、母親が全く出てこないという点が気になります。実はアユさんの家庭には複雑な事情が存在していてドラマでのラストバトルはアユさんの稼いだ莫大な金を巡って母と裁判で泥沼の戦いを繰り広げるとかになるのでしょうか。

そしてドラマはW主人公。
もう一人の主役は松浦勝人氏をモデルとしたマサです。
マサはA VICTORYのビルを見上げ「ぜってぇ負けねぇ」と言って何か手をニギニギしてます。
知らない人が見たら完全に危ない人です。正直、ここで警備員に取り押さえられても不思議はないのですが、もはや警備員のおっさんも慣れてしまって生暖かい目で見守っているのでしょうか。
マサがビルの中に入った所をお辞儀をして出迎える警備員の姿を見る限り、こいつだけはヤバいと認識しているようにも見えます。


ビルの中でマサは対立関係にあるのか頭にワカメを乗っけた人と対面しますが、この人は社長の大浜でした。社長とマサが対立関係にあることが分かりました。

ここでは大浜の秘書である吉田明日香に注目したいです。
大浜「社長は俺なんだよ。そうだよね」
その問い掛けに彼女は答えます。
「です」
答え短か!?
しかしこれは考えてみると、秘書の吉田明日香は社長の大浜が実は嫌いで、この「です」という返事は肯定のではなく死ねの「Death」なのではないかと考えると辻褄が合う展開になるのを期待したいのですが、結局ドラマの尺が足りなくなって何も触れられないまま終わってしまうと結局ワカメを頭に乗っけた頭のおかしな人が選ぶ秘書だから、やっぱり頭がおかしい女でした。で終わってしまう気もするので、どうにかして欲しいような実は最初からそういう設定である可能性も否定できないし、ぶっちゃけ、そうなったらそうなったで、やっぱりね。と思えるので、結局、最終的にはどうでも良かったりします。


アユパートに再び戻り、彼女は叔母のマンションに祖母と同居することになったようですが、叔母さんの心の広さには脱帽です。普通に考えたら気楽な一人暮らしをしている所に田舎の姪と母が一緒に来て住ませてくれという無茶を聞くというのが凄いです。天使か?
しかし話の中でアユさんはこっちの方がギャラも高いし皆の生活も楽になると言ったところ、祖母が「アユのお陰よ」と言って拝むふりをするのですが、もしかして福岡にいた頃からアユさんは稼いたお金で家族を養い、東京ならコンビニバイトの時給も高いからとか言って母親を口説いたのでしょうか。その流れからすれば今までの分に加えて叔母にも多額のお金を入れるつもりです。それなら叔母が自分の家に邪魔な母と姪を迎え入れた理由も納得できますし、暇な祖母がアユさんが途中で逃げ出さないよう監視人として東京に来ていると考えれば全ての納得がいきます。
因みにマンションの名前は「Maison Espoir(希望の家)」
アユさんが芸能界で成功できなければ、じゃんけんをする過酷な未来が待っていることを暗示しているのでしょうか?

マサのパートに戻ります。
ここで取り巻きの流川がマサに「やっぱりマサさんが社長をやれば良かったんですよ」的なことを言っているのを煩そうに俺には向いてねぇよと振り払うのですが、じゃあ、おまえがビルの前で「ぜってぇ負けねえ」とか言っていたのは何だったんだとツッコまずにはいられません。どうもこの男には分裂症の気があるような気がしてなりません。

そういえばマサは専務です。重役なので秘書がいます。
眼帯です。
名前は姫野礼香。
眼帯です。
中の人はこの時33歳と記憶しているのですが厨二病なんでしょうか?
筆者が眼帯キャラを見たのは丹下段平以来です。
女性なら義眼を入れた方が良いのでは?と思うのですが、きっと深い事情があるようでないに違いありません(確信)

その頃アユさんはドラマ「熱血ビッグティーチヤー」にちょい役で出演しています。
しかも変てこな髪型のマネージャーに軽く扱われ、ネクタイも上手く結べない事務所の社長には「コギャルブームだ。日サロ行って来い」とか雑に扱われる始末です。

この辺り位までが主要人物の紹介パートになるんですかね?
面白かったです。気が乗ったら更新します。