採用面接に落ちてもあまり気にしなくて良い理由

就職活動で面接を受ける機会があるかと思います。
アレはとても緊張します。担当面接官との相性が悪いと最悪です。
露骨に見下してくる奴とか本当に死ねば良いと思いますし、それで落とされたら自分の全てを否定されたような気分になります。

と言いつつ私も採用を担当していたことがあるので、その経験から今日は就職活動で面接で落とされても別に気にしなくて良いかもよということを少し書いてみようと思います。
ただし私が採用担当をしたのは人気のない中小企業です。
従って大企業や人気企業の採用については分からないです。
その点を踏まえた上で読んで貰えると幸いです。
“採用面接に落ちてもあまり気にしなくて良い理由” の続きを読む

日本人がマネジメントを出来ると思っているのは錯覚かもしれない 45歳定年説を聞いて思ったこと

日本の企業で正社員で勤務するということは定年までこの会社にお世話になるのだという終身雇用が前提にあると思います。
しかし昨今の企業ではこの前提を覆したいという意向が見え隠れすることが増えたと感じます。例えば最近ではサントリーホールディングスの新浪剛史社長が「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と発言したことが物議を醸したのは記憶に新しい所です。

個人的な経験で言わせて貰えば企業の採用などを行ってみて感じたのは、社員に辞められて一番困るのは結局は会社の方なんだなでした。
考えてみたら当たり前です。
会社が利益を出せるのは労働者が働くからです。
言い換えれば労働者がいなければ会社は利益を出せない。
以上の真理があるのだと思います。
しかし先述のサントリーの社長は定年より早い45歳での退職を是とする意見を述べています。

そこで今の日本企業にはもしかしたらマネジメント出来る人が少ないのかもしれないと思ったので今日は書いてみたいと思います。

“日本人がマネジメントを出来ると思っているのは錯覚かもしれない 45歳定年説を聞いて思ったこと” の続きを読む

副業にブログ運営をすると良いと聞いて零細サイト運営者が思うこと

最近、サラリーマンの副業としてブログ運営をしましょうみたいな記事を見て、は?本気ですか?私のサイトは万年赤字ですけど?と大いに反感を抱いたので儲からないサイト運営者である筆者が思ったことを書いてみたいと思います。

現在、我が愛すべきサイト「悲しい笑い」は独自ドメインを取得してレンタルサーバーを借りて運営しています。
(後述しますが、ブログサービスで収益化を目指すと更に難易度は上がります)

しかし赤字って言うけどオマエのグチが書かれてるだけなんだから当然じゃね?と言われると
「うん。その通りですけど何か?
サイト運営で金儲けして遊んで暮らす積りで始めたけど。
まったくそんなことにはならず
基本赤字で運営してますけど何か?」
と逆ギレして答えるしかありません。
そんな状態なので基本好きなことしか書かないですよね。
って言うか好きじゃないこと書けって言われたら秒で閉鎖します。
“副業にブログ運営をすると良いと聞いて零細サイト運営者が思うこと” の続きを読む

行動出来ないのはセルフイメージを傷つけられているせいなのかもしれない

セルフイメージと言うものがあります。
会社を倒産させた社長がいたとして、
一人はその後に貧乏になったが再起を狙い続けて再び成功を手にすることが出来た。
一方で会社を倒産させてから再起することが出来ず夜逃げしたらしいという話も珍しくありません。

この両者の違いは何なのでしょうか?
二人の社長の事業と能力は別々なので比較しようがないのですが、
明確に挙げられるのは以下です。
・生活レベルを落とせた。
これが出来ていれば夜逃げ社長だって成功は難しくても所謂普通の生活は出来たと思うんです。
では夜逃げに至った社長がなぜこれが出来なかったのか考えると、それはセルフイメージを傷つけられている為ではないかと思ったので書いてみたいと思います。

“行動出来ないのはセルフイメージを傷つけられているせいなのかもしれない” の続きを読む

会社の事業を一部美味しい所だけ乗っ取られた話

よくビジネスを戦争に例えますが昔の私はそれをいまいち理解出来ていませんでした。
当時の私はビジネスとは競争であり正々堂々とルールを守って行うものという青臭いお坊ちゃん丸出しのことを考えていたので夏目漱石で言うならそりゃ教頭に女も取られるわという出来事をぼかしながら述べます。
“会社の事業を一部美味しい所だけ乗っ取られた話” の続きを読む

中2病(厨ニ病)について思うこと

世には中2病と呼ばれる病があります。

これが何かと言えば厨二病とも呼ばれ、名前は思春期真っただ中の中学二年生の頃に掛かることに由来しており、主な病状としては自分を特別視して急に眼帯を付け出したり人に見えないものが見えるという設定で人に話をしたり、大抵は現実世界から別の世界と自分がやりとりをすることが出来て、その影響が身体に出ているといったことを宣うケースが多いようです。
他にも霊が見えるという設定も似たようなものであるかもしれません。
罹患していた頃のことは黒歴史と呼ばれ、病状が回復した後に自分が異世界との繋がりを書いたノート等を発見する等の黒歴史を発掘すると悶絶して苦しむことになります。
私の場合だとドランゴンボールに影響されて気を練って爆発的に強くなろうとしている所を母親に発見されて「あんた何やってんの?」と言われて「いや、別に…」等という心温まるやり取りをして死にたくなった思い出等が蘇り死にたくなります。ノート等に気の練り方なんかを書き残さなくて本当に良かった・・・。
“中2病(厨ニ病)について思うこと” の続きを読む

転職した先の上司がフリーライダーだった話

チームワークについての本を読んでいるのですが、チームを組むとその中にチームの成果にただ乗りするフリーライダーが問題になると知りかつての上司が一人思い浮かんだので今日はその人について書いてみます。

ベンチャーに営業として転職する

当時の私はほぼ立ち上がったばかりのベンチャーに営業として転職するのですが、配属先である営業部の上司は営業部長と役員を兼ねており一部上場企業に在籍していたという経歴を持つ人でした。
そのことを初めて聞いた時はこの人どんな凄い人なんだろう!と驚き同時に自分は身を引き締めていかなければと思ったものですが仕事が始まってみて思ったのはこの人ほんとうに邪魔だなぁでした。

二人ぼっちの営業部、後に敵対

営業部と言っても上司と私の二人だけです。
そこでは営業先はおろか営業手法も全て手探りで探し出さなければならないという状態でしたので営業先で使う営業資料すら無い状態でした。

愉快な打ち合わせ

配属されて初めての打ち合わせの際に上司は言いました。
「俺のことは役職名とか付けず、○○さんで良いから」
おお!この人は自分の能力に余程の自信があるに違いないと思いました。
続けて出て来たセリフにも痺れました。
「思っていることは何でも言って良いから。議論して良いものを作り上げていこう」
こいつぁ凄ぇ人の下に付いちまったぜ!?と思っていた時期が私にもありました。
ここまで書いて思い返してみると、この人は本当に印象に残る名言というか迷言を数多く残してくれた人なので敬意を込めてこれからこの人のことを迷言上司と呼びたいと思います。

この迷言上司についてですが蓋を開けてみて分かった事です。
悪い意味で単なる批評家だったということです。
従って、
出した案に対しては基本的に全否定。
代案はなし。
叩き台にして発展させる気も無し。
迷言上司自身の考えはない。
たまに出てくる意見は的外れ。

加えて迷言上司は極度の負けず嫌いでした。

通常で考えるなら新規で営業方法を見つけなければならない。その手法を探すための打ち合わせということであれば正解に近付きそうだという意見が出ればそれを叩き台として正解に辿り着くべく議論を重ねるというイメージだと思うのですが、それは私の勘違いであると直ぐに気が付きました。

打ち合わせを何度か行って分かった事ですが迷言上司は部下の意見を認めるということはイコール自分が言い負かされたと受け取る人でした。
依って、私の意見が受け入れられることはありません。
それでも上司が明確な道筋を示してそこを目指して欲しいというのなら、部下の立場なので当然従うのですが先述した通り迷言上司に自分の考えはありません。

詰まり迷言上司と私で行っていた打ち合わせというのは、ずっと二人でディベート対決で戯れていたようなものです。
そして負けず嫌いな人が言い負けそうになるとどうなるか?
「俺はそれが正しいとは思わないな」(根拠無し)
という感情論で話が進まなくなるのです。

じゃああなたが案を出して下さいよと堪らず言ってみると上司は答えます。
「俺は出て来たものを判断するだけだ」
「不毛」という言葉の意味を正しく理解出来た瞬間でした。
私は頭を抱えざるを得ませんでした。
ここで判明したのは上司が自分を全知全能の神であると考えている勘違い野郎であるということでした。
更に言ってみればお客さんの状況もろくに分からない状態で的確な判断なんか出来る筈が無いのです。
今でも迷言上司が打ち合わせで何を求めていたのかは今でも分かりません。
それともしたら異世界転生もののなろう系が如く俺ツエエエのように「一部上場企業の俺がベンチャーで無敵だった話」みたいなものを求めていたのでしょうか?いや、でもそれだったら自分から意見を出す筈だから、やっぱりどうしたかったのでしょうか? “転職した先の上司がフリーライダーだった話” の続きを読む

辞めた会社のホームページを見て思い出したこと

以前勤務していた会社のホームページをふとした拍子に見てしまい、しかも私が在籍していた頃に比べて社員数が倍に増えていているのを発見してしまいました。
何だよ潰れてれば面白かったのに!と我知らず苦虫を噛み潰したような顔になっている悲しい笑いです。
そこは以前に在籍していたとはいえ悪口しか出て来ないので具体的な会社名は出しませんが真っ黒に鈍く輝くブラック企業であったのを覚えています。
今はどうなっているのか分かりませんが当時はブラック企業の見本のような会社で月の半分位は会社に泊まっていましたが残業代って何?となっていましたし社長に「定額で使い放題なものってなーんだ?」と問題を出せば「正社員!」と答えてくれるであろう素敵な労働環境でした。


会社の役員も遅くまで残っていましたが、その殆どはスマホで動画を見て過ごしているといった有り様だったので生産性についてはお察しの通りです。
そのくせパワハラは頻繁でしたし筆者は男だったから良かったものの、これが可憐な美少女だったらセクハラだって行われていたに違いないのです。

他に浮かぶ楽しい思い出としては社長の不倫相手が会社に乗り込んでくるというイベントが時々あったり、また社長はギターを持ち込んで会議室を使って練習して僕らを素敵な気持ちで心を黒く染め上げてくれるような人だったのですが、ある朝、拭きたくもない社長の机を拭いていたところ、その机の上に置いてある紙を偶然見てみたら「俺は家庭も仕事も捨てる~♪」という素敵な自作の歌詞が書かれていてアイツまじで死ねば良いのにと思いながらそっと裏返して見なかったふりをしたり、バレンタインデーにこれまた社長の不倫相手が手作りした糞のような見た目の糞不味いガトーショコラケーキをお裾分けされるというかお前等で全部食えよと押し付けてくれるといった数々のハートウォーミングなエピソードが蘇ります。
(今になって思うと不倫相手が社長に恨みを抱えて毒殺を目論んでいた可能性だってあるので裏でこんなまじいもん食えねえよとひっそりと捨てていた私の行動は決して間違ってはいないのです)
他には直属の上司宛てに明らかに仕事関係ではない個人名で電話が掛かって来て、念のために上司に確認すると「いいから、大丈夫だから」と言って慌てた様子で受け取り、電話の相手と小声で話した後に「ちょっとだけ出てくるから」とだけ言って銀行のATMに走って行く姿を見て、あいつ見栄っ張りだから闇金でも摘まんどるんやろなぁと半笑いで見送る位のものでした。
“辞めた会社のホームページを見て思い出したこと” の続きを読む

昔のツッパリ教師はモテてたけど、いま思うとアイツとんでもない奴だったなという話

今はどうか知りませんが、昔はヤンキーというのはもてました。
ですから異性にもてるからという理由でヤンキーになったりする奴なんていくらでもいたんです。
そのヤンキーという属性に教師という属性が加わるとどうなるでしょうか?
めちゃくちゃもてます。
私が通っていた中学校にはそんな教師が存在していました。
その教師は生徒と結婚して離婚。その次も生徒と結婚するほどモテていました。
そんな教師のことを思い出したので今日は書いてみます。

“昔のツッパリ教師はモテてたけど、いま思うとアイツとんでもない奴だったなという話” の続きを読む