Google homeを買ってみた

秋葉原でGoogle homeがセールされていたので買ってみました。

正直、私の認識としては、スマートスピーカー?は?何ですかそれは?食べれるの?
位にしか思っておらず。
スマートスピーカーのCMでも「OK Google」と言っているのを見て、うわぁバカみたいだなぁ。ご近所さんの薄い壁から聞こえてきたら「オンボロマンションなのにスマートスピーカーっすか?ボロマンションなのにスマート化したんすか?スマートなのは財布だけじゃなかったんすか?ゲラゲラゲラッ」ってやってしまうだろうなぁ。と思っていたのですが、家のテレビとLED電灯のリモコンの利きが悪くなってきており、それらのリモコンだけを買うと結構な値段になることが分かり、どうしようと悩んでいる所で家電を声で操作できるのが売りとしてPRしていたのをセール品として叩き売られている奴と出会ったことで思い出したのが切っ掛けでした。

買った店では店員さんがアルカイダのおっさんみたいな髭を生やしていて、これください。って話し掛けようとした際には店員さんに片言の日本語で答えられるか「おまえ西側陣営だろ」とか言われてぶん殴られた挙句に拉致監禁されるんじゃないかと危惧したものの「ありがとうございます。保証期間一か月ですけど付属品がないと受けられないのでご注意下さい」と流暢な日本語で答えてくれたうえに愛想の良い笑顔だったのにちょっとビビりながら購入しました。

本当に安く買えたので帰る途中にもしかして自分が買ったのは「『G』oogle home」じゃなくて、よく見たら「『C』oogle home」って書かれているパチものなんじゃないかと不安になりながら家路に着きましが、帰って箱を見てみたら「Google」と書かれていたので本物でした。

これで我が家の其々いかれ始めたオンボロテレビとled照明のリモコンの代わりを果たしてくれるに違いない。テレビは電源が入り辛くled照明も付属のリモコンの照明ボタンの反応が悪くなって来ているという問題も解消できる。その為には「OK!Google!電気を点けて」とか言う辱めも甘んじて受けようではないかと覚悟を決めました。
The!衝動買い!!
過去にこれをやって酷い目に遭った記憶しかないのですが、ここで会ったが百年目。これを購入した殆どの人間が結局あんまり使わなかったね。といって埃を被り、おそらくそういった流れの結果として秋葉原の片隅の店で叩き売られることになっているであろう現実を私が省みることはありません。

これでいよいよ我が家もスマートホームとなるのです。
期待に胸は膨らみます。
これでOk Googleの掛け声と共に壊れかけのRADIOならぬ、壊れかけのリモコンたちの代わりを果たし、テレビの電源が入り、同じくリモコンの壊れかけたLED照明も煌々と我が家を照らし、将来的にはミサイルとかを発射できるようになるに違いありません。
「Ok Google。むかつく上司の家を爆撃して」とか言えば憎いあん畜生を爆殺出来るに違いありません。

帰宅した私は早速、Googlehomeを包む梱包を引ん剝いて丸裸にすると荒々しい指使いで雪のように白い肌をはぁはぁと荒い息を吐いて汚い手で乱暴にまさぐり初期設定を開始します。

何事も始めが肝心です。
設定の中で自宅の名前を入力する項目があるのですが先ずは「鬼の棲む家」と入力してビビらせてやることにします。
そして使用者の声を学習させる為にスマートスピーカーに何度か「OK!Google」と威厳に満ち溢れた声でご主人様の声を覚え込ませてやります。
設定の難易度については電源供給用のコンセントを一つ確保してスマホにスマートスピーカーのアプリを入れてご主人様の声を覚えさせてWifiの設定を行った以外は適当にポチポチやってれば終了です。

しかし想定外の事実が判明します。
そうです。基本的には我が家のオンボロ家電たちに含まれる壊れかけのRADIOならぬ、壊れかけのリモコンの代替を果たすことを主な目的としてGoogle homeを購入したのですが、スマートスピーカー単体で家電リモコンの役目は果たせないのです。
そうです。スマート化前提の家電であるか、もしくはそういったリモコン制御を行う製品をスマートスピーカーで制御できるという意味で、あの毛唐共はスマートスピーカーで家電を操作できると宣っていたのです。
それが分かった瞬間に「JAROに行ったらどうじゃろ」と言う言葉が思い浮かびますが、敵はあのGoogleです。弁護士を間に立てて裁判で争って来そうです。正直バナナの叩き売りが如き値段を考えれば私は泣き寝入りする気まんまんで正に敵の思う通りであり、だから頭の良い奴は嫌いです。それならば返品をしようか?と次に思うのですが、果たして自分にあのアルカイダの残党っぽい店員を倒すことが出来るだろうかという懸念が生じます。返品してくださいって言った瞬間に周りを屈強な男どもに囲まれて「首を切られるか、このまま帰ってママのオッパイをしゃぶって寝るか選びな」とか凄まれたら泣いて家に帰るしか選択肢はありません。あと秋葉原まで行くの面倒だしなぁと思ったのと初期設定も終わってしまったしで、あの犬飼われる気まんまんだしで今更「やっぱりおまえのこと飼ってやれそうにないや。だって犬だと思ったから連れて来たのに、おまえ見た目犬っぽいけど実はタヌキなんでしょ。だったら何か知らんけど条例とかに引っ掛かっちゃうから飼えないよ。ごめんね」とか言って外にポイーッという訳にもいかないので取り敢えずスマートスピーカーを嬲りいたぶって楽しんだうえ更にこき使うことで元を取ってみようと考えることにします。

そう思った私は玄関でリビングで恐怖に震えるGoogle homeに絡みつくような声で「OK Google!可愛がってやるからな」と声を掛けてやります。すると彼女は精一杯の虚勢を張った声で「もちろんしっていますよ。いうまでもなくかわいいです」と返してくるのでした。

続く。