胃カメラを飲んできたグチ。

内視鏡(胃カメラ)口から飲み込むタイプの検査 どうかしている
内視鏡(胃カメラ)口から飲み込むタイプの検査

会社の健康診断で見事に再検査を喰らって会社近くのクリニックに行くことになりました。

何ということでしょう!!

特に異性からもてる訳でもなく、小金を貯め込んでいる訳でもない自分です。そうです。せめて健康位は保つことで将来は小金持ちが働き過ぎで脳梗塞だか何だかになっているのを見て、いくらお金を持っていてもやっぱり健康でないとダメよね。的なことを言える健康を保つことで、この格差社会から取り残された溜飲を下げてやろうと思っていたら、その健康すら危ういというのです!!

何て事でしょう。このままでは体だけは健康で近所のおばちゃん連中から「あの人、本当に体だけは健康で困っちゃうわ。本当に迷惑よねぇ」的な陰口を叩かれることだけを楽しみに生きて来たにも関わらずですよ。それがこのままだと「あらあら、貧乏でお金も無くて体も悪いんじゃ、どうしょうもないわねぇ。プップーックスクス」という陰口に代わってしまうのです。

このままだと不味いということで再検査に会社から指定された生意気にも高層ビルの中に入っているクリニックへ行くことになります。

そこでクリニックに診療予約を入れようと電話します。すると電話に出たお姉さんに会社から指定されていた期間内で都合のよい日時で予約を取ろうと依頼すると、その日時は予約指定期間から外れていると注意されます。え?え?会社から渡されたプリントにはそう書いてあるんですけど?もしかして自分は会社から、このまま健康を害して死ね!!と抹殺されようとしているのか?と混乱する所からスタートします。結局、時間を無理くり調整して念のためにクリニックのお姉さんの言う指定期間と会社から渡されたプリントに書かれている指定期間で被っている日時に予約を入れます。不吉です。どうも私とクリニックの出会いは良いものにならない気がしてならない。何となく私の必殺技「泣き寝入り」で枕を濡らしてやることになるような気がしてならない。

 

そんなこんなで検査の日がやって来ます。その日は穏やかな良い天気でした。お蔭で向かう道すがらには、確かにスタートの予約で手違いが発生はしていたけれど、これから向かうクリニックは良い所で、美人の看護師さんと素晴らしい赤ひげ的な名医の先生が診てくれて、結果として癌が見つかってガーンってなるだけかもしれないじゃないか等と呑気なことを自分は考えていました。つくづく自分は甘い人間だと後々に思い知ることになります。

クリニックで受付を済ませてから変なパジャマみたいなものに着替えて待たされること数十分。そうか、もしかしたら自分はこの世にいない人間なのかもしれない・・・。と思い始めた頃に名前を呼ばれます。

良かった、自分は生きているんだ。と生の喜びを実感して赤ひげ的な先生が待つであろう診察室へ向かいます。

いました。なんかヒョロイ神経質そうな医者が待っていました。そう、まあね。見た目と中身は必ずしも一致しないって言いますしね。等と思いながら向かい検査の内容を説明し始めるのは良いのですが、こちらが診察室に入ってからずっと資料を見ていて全く目を合わせようとしません。余計なことを聞いてくるなという意味で、質問しても碌な結果にならないであろうことを匂わせて来れるのと同時に、そうか、予約時間を大幅に過ぎて待つ羽目になったのも、きっと前に並んでいた患者がこのヒョロガリに説明を求めてみたものの、結局、オマエは何を言いたいんだ的なやり取りが発生した為のものではないだろうかと邪推します。

まずい。今までの少ない人生経験から言っても、こういうタイプの人間と関わって嫌な思いをした記憶しかない。近くにいる看護師さんに「チェンジ」と呼びかけようと思うのですが看護師さんも何か遠巻きにしていて助けを求める自分と決して目を合わせてくれません。いや、まぁ、本当に言っても、そうポンポンと医者を変えてくれるとは思わないですし、良くて「うちはデリヘルじゃないんで」的な事を言われて終わりなのは分かってはいるんですけどね。

とにかく目の前の高い可能性で藪医者なんだろうなぁと思わせてくれる青びょうたんのボソボソと喋る内容から推測すると胃カメラを飲まなくてはならないようです。実は以前にも胃カメラを飲んだ経験があったので、あれをもう一度やるのかぁと憂鬱な気分になります。

先ずは口から胃カメラを飲むことになり、白い粉末を渡され、それを炙って鼻から吸い込むことで気持ち良くなるのかと思わせて、口に含んで暫く待ってから飲み込みます。味は不味いですし、その頃には喉に麻酔が掛かり気持ち悪いです。やっぱり覚醒剤はいけませんよ。

次にマウスピースを口にはめ込まれると、へへ、おっちゃん、ちょっくらやってけてくらあ。と明日のジョーを気取ってみるのですが、身体は倒されているので、まさかのいきなりダウンからのスタートです。

そして胃カメラの管を口から飲まされるのですが、これが苦しい。そして汚い話で恐縮なのですが、げっぷが止まらない。前に飲んだときには確かに苦しかったけどゲップは出なかったので申し訳ない気持ちに一瞬なりますが、そうか、この藪医者の腕が悪いのだと直ぐに思い直します。

そうこうしていると藪医者の近くにいる研修の医者だか助手だかが「あのーゲップを止めるようにして下さい」と言って来るではありませんか!?口を塞がれているので「止められるなら止めとるわ!!」と言ってやりたいと思うのですが、生憎と口に管を差し込まれていて口がきけないのと「この藪医者が下手糞なのがあかんのじゃい」等と言って、この陰湿そうな青びょうたんの機嫌を損ねて「おっと」等と言われて胃を傷つけられては敵わないので黙って以前に支払っていた免許の月賦を毎月支払い続けたが如くゲップを吐き続けてやっと終わりました。

胃カメラ検査が終わった後、こちらも頭に来ましたらね。

「先生、胃カメラの管を口から飲んでいるとは言え、何も好き好んでゲップを吐くという事はありません。それに対してゲップを抑えて下さいというのは何事ですか?失礼ですが、仰られた方には想像力が欠けているようです。それと貴方自体も『医は仁術』という言葉をご存知ですか?恐らく診療態度から察するに例え知ってはいたとしても、それを実行することは出来てはいないようです。黒澤明監督の『赤ひげ』という名画がありますので、是非ご覧になって下さい。そうすることで先生にも得られるものもあるでしょうし、この先に不快な思いをされる方も減って良いと思いますよ」

と、皮肉たっぷりに帰り道に頭の中で言ってやりましたよ!!

しかし、まぁ、充分に予測されていた事態ではありましたが、この日も家に帰ってから枕を涙で濡らしましたとさ、めでたしめでたし。