自宅前にスーパーが出来たら室外機からの騒音に悩むことになった話2

騒音に困る男性騒音

自宅の目の前にスーパーがオープンしてくれて喜んでいたら騒音で苦しむことになった話の続きです。

前回の話:自宅前にスーパーが出来たら騒音に悩むことになった話1
https://kanasiiwarai.com/supersouon

全体の構図を簡単に説明すると
先方は騒音問題は解決している。
こちらは解決していないという苦情を申し立てて対立しています。
それに対して先方から私が立ち会った上でメーカーの人も加わって騒音の計測を提案されて騒音を計測することになりました。

2022年3月16日
私が現地に向かうとスーパーの店長さんと設計部の人と下請けの設置工事をした業者さんの3名が待っていました。
メーカーさんは?と尋ねてみると
「メーカーさんは機器から30Hz以下の音は出ない設計になっているので…」と来ないことを暗に告げられます。

そして先方で吸音材と防振材を取り付けて計測数値は
13:00頃 約48.6db
22:00頃 約46.1dB

以上の数値で条例規制値の50dBを下回った数値だと下請けの設置業者さんから言われます。
先方は騒音計を所持している様子が無いのでどうやら先方スタンスは騒音が全て私の気の所為であると伝えるというものであるようでした。

そこで計測した場所を聞きます。
すると10メートル程離れた下記の図の場所で測った数値と言われます。
(私の持っているメジャーが7.5メートルまでしか測れず長さが正確な距離が測れなかったので目算でこの先は約10mということで話をさせて貰います)

通常の場合、騒音を計測する場所は敷地境界です。
今回の場合なら室外機の設置されているのが先方の敷地とすると下図の場所で計測するのが正しい計測場所です。

測定場所

赤い線が敷地境界線
赤丸は相手が計測した場所
黄丸は7.5mまで測れるメジャーで相手の計測場所から測ろうとしたが長さが途中で足りなくなったもの

騒音は空気音なので減衰します。しかし立地によってはどうしても敷地境界で測れない場合もあるので、その場合は計測場所と騒音元との距離から減衰した分を加えて調整することになります。
そして敷地境界とは私の自宅の敷地でなく、そちらの敷地境界になりますよと伝えます。

計測する場合は騒音を発生させている機器の吸い込み口から1m程度離れて地面からの高さ1.55m程の高さで測るのだそうです。
なぜ先方があんなに離れた場所で計測したのか理由は不明です。
10メートル離れた場合は20dB減衰すると言われているので
46.1dB+20dB=66.1dB

今回、僥倖であったのは先方が10m程離れた場所で計測して46.1dBの数値が出ています。空気音は距離の対数に比例して小さくなり10mで20dB小さくなるので66.1dB
の騒音発生が証明されました。
ありがとうございます。

そして気になったのが向こうの対策というのは何をしたのかです。
当初、私は下の図のコンクリートを対策として取り付けたと思っていたのですが、これは室外機を設置する架台の高さを調節する為のものでした。

原因と思われる室外機

室外機の脚元のコンクリは高さを揃える為のもの

それでは何をしたのか聞いてみると室外機の筐体の内側にあるコントロールパネルと外側の筐体との間に防振材として何かを設置したということでした。

先ず機器の内側でパネルがぶつかっている音は当初から聞こえていないので防振材として効果があるのかどうは疑問です。
寧ろその後に付けられた入場規制用の黄色いプラスチックの鎖の取り付け部の金属部分と室外機の取り付け部分の金属が振動でカタカタいっている音の方が大きいと思います。

そして吸音材について述べると、吸音材で騒音対策を行う場合は通常原因となる機器を囲むようにして設置されるものです。
吸音材による対策は吸音材に音がぶつかることによって音のエネルギーが減衰することを吸音と称しているからです。

吸音材を一部だけの対策に使用してもあまり意味が無いイメージ

赤い線を吸音材として、そこに向かった音には効果があるがそれ以外の方向に広がった音に効果は無い


つまり室外機から発生した音が全て設置されたおそらく15cm四方位の吸音材に向かっていくなら効果があります。
しかし通常の音は四方八方に拡散されていくので、普通に考えれば対策として設置された吸音材にはごくごく一部の音しか向かいません。
つまり意味がない。

今回の立ち合いによって先方の行った対策は意味が無かった事。
騒音計測を約10m程離れた場所で行っているので数値だけ見たら解決だが、離れている距離による補正を行うと騒音状態であるということが判明しました。

現在、騒音問題として話していますが内容としては、
•室外機による騒音
•室外機によるものと思われる振動
•個体伝搬音の可能性
(固有振動数が一致?)
•室外機から低周波音が出ている可能性
(アプリの低周波音計では発生を確認)

以上の問題が発生している可能性があります。

そして先ず固体伝搬音の可能性を考えて室外機の脚の後ろの部分に防振の為にゴムを設置、機器と架台の取り付け部分には現在のものに加えて更にゴムを取り付ける。そして鎖の取り付け部分にもゴムを付けて貰うという確約を貰い、日程が決まった後と取付が終わった後に連絡を貰うことになりました。

これで解決してくれると良いのですが…。

続きます。

騒音に関する他の話はこちら

自宅前にスーパーが出来たら室外機からの騒音に悩むことになった話 1, 2, 3,

埼玉県川口市役所に騒音問題を相談してみた , 

川口市役所から存在しないとされていた騒音の存在が確認できました

川口市役所の対応は公害紛争処理法に違反しているのでは?

川口市役所が公害相談を拒む根拠としている条例について

低周波音問題は孤独

ノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンやヘッドホンは耳栓として非常に優秀