イオングループのまいばすけっとに騒音苦情を入れた結果1

まいばすけっと 西川口東店 騒音

この記事は自宅近くにコンビニやスーパーが出来て、そこからの騒音に悩んでいる人にはもしかしたら役に立てるかもしれません。ただ、私自身が騒音問題を解決できる目途が付いていないため解決出来ないままに終わる可能性もあります。その点はご承知おきください。

2022年3月 まいばすけっと西川口駅東店がオープン

我が家の目の前に長く空きテナントとなっていた場所にスーパーが入ることになりました。
それを知った当初は便利になると喜んでいました。
しかしオープン月に入った頃から風向きが変わります。
室外機が設置されたからです。
大型のもの3台が自宅から道路を挟んで向かい側に設置されたのです。どうやら一番右側に設置された1台が一際大きく音を放ち盛大に振動しています。

室外機が稼働してから我が家では騒音と振動、更には低周波音と思わしき被害を受けるようになります。

お陰で夜もまともに眠れず昼間でも自宅にいると気持ち悪くなっていられないといった程ひどいものでした。
以降、眠る時は部屋でなくキッチンに布団を敷いて眠ることになります。そうすると幾分か被害が和らいでマシになるからです。

騒音についてどうにかならないものかとスマホにアプリを入れて計測してみます。
最初の頃に計測したデータを無くしてしまったのですが深夜01:40に220秒計測すると平均値52.5dBという数字が出ます。

(後で分かったことですがスマホのマイクは小さいので騒音計よりも小さな数字の出ることが多いようです。後になって実際に騒音計で計測すると大体60dB近辺の数字が数値が出ました)

この騒音の数字についてなのですが埼玉県川口市の騒音条例のものが下図になります。

2022年3月2日

私の住む地域は第3種の商業地域になるので22時~06時まで50dB以上は規制対象です。計測したのは深夜1時なので騒音規制に掛かっているようなので市役所のお問い合わせフォームから対応を依頼します。

その日の夕方には市役所からメールが返って来ます。
内容は騒音の存在を確認したが条例で規制出来るのは店舗の駐車場が20台以上のものやファミレスなら取り締まれるが今回の店舗はその対象外になるため店舗責任者に苦情が来ているのを伝えるのみに止まっているというものでした。
(市役所の対応については山ほど思うことがあるのですが、これは別に書きます)

大型店舗なら規制される騒音を発生させながら小さな店舗なので規制対象に入らないというのは正に法の抜け穴の部分でした。

それなら早く規制できるように法律なり条例なりを整えて欲しいと思うのですが、無いものは仕方ありません。

2022年3月5日 まいばすけっとから問題が解決したとの報告を受ける

ダメ元でスーパー側にもどうにかして貰えないか問い合わせフォームから送信して抗議すると出掛けた先で連絡を受けます。

内容は該当店舗の担当者から吸音材と緩衝材を取り付けたところ数値で騒音が無くなったのを確認したというものでした。さすがは天下のイオングループ期待の星であるまいばすけっとです。対応が早い。

これでようやく夜も安心して眠れるのかと安心したのも束の間。帰宅してテレビでも見るかと腰掛けた所で気が付きます。
消滅したという騒音が変わらずに聞こえるのです。
早速、室外機を見に行きます。

室外機

三菱一体空冷式スクロール別コンデンシングユニットECOV-D30WA

室外機を設置する架台の4本ある内の前足の2本にコンクリートが付いているのを確認します。
ショックに打ちひしがれている時に計測した数値が先述の値です。

2022年3月7日 騒音問題は全く解決してません

仕方ないのでスーパーに再びメールで問題が全く解決されていない旨を送るも返信は来ません。
(因みに、前脚のセメントはユニットを架台に取り付けて設置するにあたり高さを揃える為の処置であることが後日判明。そして相手の行った対策はユニットの内部のコントロールパネルとユニットの側との間に吸音材(ホームセンターとかで売っていそうなスポンジ)を挟むという全く意味のない処置であったことが後に判明。ついでに言うと室外機に取り付けられた黄色い鎖が防音対策を施したタイミング位で取り付けられたのですが、寧ろこれが振動で揺れてカタカタいう音の方が吸音材とやらで対策して抑えられた音よりも大きなものが発生しているのではないかと思うので、あれ?もしかして挑発されてる?

室外機に緩衝材を取り付け

室外機に緩衝材を取り付け

また、この頃になると気が付くのですが騒音によるものと思っていたのは実は騒音とは違った問題も含まれているのではないかと思い始めます。

この時に可能性として考えたのは固体伝搬音と固有振動数の一致によるものです。
騒音も恒常的に同じ騒音をまき散らすでなくピークの時とオフピークの時を繰り返しています。それ以外の時間帯は常にブーッゥゥという音が部屋に流れ部屋が微細に揺れるような状態です。

部屋にいると感じる症状です。
・胸に圧迫感を感じる
・部屋にいると気持ち悪くなる
・耳栓をしてもブゥーンという低音が聞こえる

以上のような症状を調べてみると低周波音による代表的な症状と一致していました。

(後日、個体伝搬音については素人の間違えた考えで専門家の人に話したら鼻で笑われてしまいました…。事実っぽいので仕方ありません。無念。)

そして被害に遭って初めて分かったのですが、当初はこの状態にもいつか体が慣れてどうにかなるかと甘いことも考えたのですが、慣れるどころか寧ろ精神をゴリゴリと削られて敏感になっていきます。
その為にリストラされたことを家族に言い出すことが出来ずに公園などをさまようお父さんの如く外で時間を過ごすようになるのですが、その先でも店舗のエアコンの低音を聞くとビクッとなってしまう等のように身体はどうやら低音を危機と判断して今まで気付かなったものにまで反応するようになりました。
ゲームで例えると自分のステータスに低周波音という弱点属性が一つ加わったと言えばイメージもわきやすいでしょうか?

このままでは引っ越す以外に道が無くなってしまいます。
なぜ?

2022年3月9日 まいばすけっとに騒音問題が全く解決していないことを再び伝える

仕方なくスーパーに再び騒音は発生したままの状態ですよとコーポレートサイトのお問い合わせから再び解決を促すメッセージを送ります。3/5から未だに返信が返って来ません。
こちらはその間もずっと不眠状態でいることを完全に放置されているので不条理に怒りが湧いて来ます。

仕方なく店に直接出向くことを決めます。今まで行かなかったのは問題が解決したら素知らぬ顔をして店舗に通うつもりだったからです。行ったが最後その後は気まずくて二度と行けなくなるであろうことが分かっていたのです。

2022年3月10日 立ち合いの上で騒音の測定を提案される

お店では店長さんに対応して貰いましたが途中つい感情的になってしまい自己嫌悪に陥ることになりました。ごめんなさい。

でも騒音問題に遭遇すると多くの人は多分変わります。自分でも驚いた位なので騒音問題に絡んだ事件については実際に被害に遭遇しないと分からない部分というのはあるのかもしれません。
また話しに赴いたついでに騒音発生の要因となっている機器から時々カラカラと音がするということと低周波音と思われる症状を感じるということを伝えてメーカーさんにも聞いた方が良いのでは?と伝えます。
それを受けて店長さんからその場で工事担当者に連絡して貰うことに成功しますが残念ながら捕まらないということで今日中に連絡を貰うと言う確約を貰い帰宅します。

ここで学んだのは、企業や店舗にこういった対応を求めようと思って穏便にメールで終わらせようと思うと時間と手間が掛かること。
早い対応を求める時は直接店舗に乗り込むのが一番早いのだと思いました。
次に早いのは電話ですかね?
これは恐らくですがメールの返信まで時間を掛けているのは相手の怒りがある程度の時間を置けば薄れるという目算があるのではないかとも思いました。まいばすけっとからの返事は概ね1週間前後は掛かると思った方が良さそうです。

遅れれば遅れる程こちらは不眠状態で怒りが積もっていくのですが。

この時は約束通り先方から騒音問題についてのメールが来ます。
その中には騒音計で先方で計測した所50dB以下となったことが記載されています。
そして私も立ち会った上でメーカーと先方の担当立ち合いの上での測定を提案されます。

2022年3月11日 日程の調整

受け取ったのが21時頃だったので相手に言うべきことが無いか考えて眠り、早朝に計測を行うのは近隣で建設工事が行われている兼ね合いから早い時間か遅い時間にして騒音のレベルは一定でなくピークとオフピークとでレベルにも開きがあるため15分位の計測と用意出来るなら低周波音の測定できるものを用意して欲しい旨を返信します。
(低周波音計についてはメーカーなら持ってるだろうと思ったのです)

2022年3月13日
返信が来ないため改めて催促のメールを送ります。

2022年3月14日
夜の21時頃に日程候補が送られてきました。
その中にこちらの要望については完全に無視されたので嫌な予感がするなぁと思いながら返信を返し3月16日に現地でスーパーの店長とメーカー合同で騒音の計測をすることになりました。

続く

まいばすけっとの対応

騒音に関する他の話はこちら