買い物

店員への対応の仕方


はーい、こんばんは!!
記事を書いてUPしたら、
なぜか冒頭部分が途切れていて、
ビックリして、
前に書いた事なんかすっかり忘れているので一から書き直している。

ラジオ「悲しい笑い」DJのジョッキーです。

ちなみにこの件とは別件で、
以前にブログを書いていた所に
問い合わせを2~3回しているけど、
全て返答なしのゴキゲンさに、
諦めの境地で悟りを開いて、
読者の数が増えたら絶対に引っ越してやるぜ!!と
思っていたら読者の数も増えず、
でも引っ越したいという思いだけは変わらず、
結局3年ほど何も書かなかった俺が通るぜ!!

さてさて、
メッセージを改めて、
「石鹸大好き」さんからです。

こんばんは、ジョッキー

私の相談は、
近くに店に入ると店員が、
クソバエのように寄ってきてウザイのですが、
悲しいかな田舎者で気が弱いという点が
災いして言いたいことも言えずに、
店員さんに目を合わせずに
店を脱出する他ない私に良い手を教えてください。

本当にうんざりだよな。
でも、相手は金も払わないクソには、
グーグルの広告で小金でも稼がせないと、
やってらんねぇぜって感じで、
無料で使いやがってるクセに、
生意気に問い合わせなんかしてくんじゃねぇ!!って
感じなんだろうな。
まぁ、本当に無料で情報発信の場を与えて貰えるのは、
有難い事なんだけどね。って、
あ?なんだっけ?
そうそう店員がウザいね。

OK!OK!!HAHAHAHAHA!!

言いたい事も言えないこんな世の中じゃっ
ポイズン!!でアソコも反町ってな感じだよな。

一歩だけ踏み出してごらんよBOY!
そうすればきっと新しい景色が見える筈さ。
本当だぜ。

この前、朝の混雑している駅で、
「私は!!こんな世の中は間違っていると思います!!
おおさいhdgpなえfrびあぺるbなえおkfb0いj」
みたいに青年の主張してる、
あ~、あれは何かクスリでもやってんなって
お姉ちゃんが警察だか警備員に連れて行かれるのを見たぜ。
きっと彼女は翌日には退屈な日常とは違う風景が見れて
きちんと治療して幸せになったのではないかと思うよ。

大丈夫だ!!うまく相手に伝わらなかったら
二度と行かなきゃ良いんだよ。
大丈夫、黒歴史として「石鹸大好き」の記憶奥深くに沈めておいて、
たまに月の民にでも弄られたりしていればいいんだよ。
いつか笑い話にできるはずだ。

ちなみに、単にウザイ店員には、
ブログなんか書くかこの蛆虫が!!
とでも言っておけば、
警備員とのバトルが楽しめるぜ。

ちなみにジョッキーは、友達タイプが一番嫌いだね。
「ああ、それ似合ってると思うよ」
オマエに何でジャッジされんとならんのじゃい、
友達か!!オマエ!!
みたいなね。
専門的ものを買う時は店員に聞きたいんだけど、
そういう時には寄ってこないんだよね。
あれって何なんだろうね?

おっと質問に質問に返しちゃったよ。

それでは回答すると、
うざい店員の対策法は、
「必要があればお呼びするので、すみません」
と言ってみよう。
ここのポイントは少し不機嫌に言う事だね。
買う気で入っているのだから、
多少は強気で良いと思うよ。
あとは、それを継続する事で、
段々と店員も顔を覚えて、
この人は接客しない方が買う人なんだと
認識してくれるようになるんじゃないかな。

それでは
Here we go!!

追記

昔々、○者カウンターという
有名なサイトの訪問者数を出してくれる
カウンターあったんだけど
(まだあるのかな?)
それを設置すると隠しリンクが文字通り忍者のように潜んでいて、
○○○○ファクトリーという会社のSEOに使われていたりしたらしい。
ただ、その後○○○○ファクトリーのSEO事業は
○○コードという会社に委譲されたらしいから
悪いことはできないもんだね。

ジョッキーの個人的な見解になるけど
無料で何でもやるというのは都合が良いっていうのは、
分かっているんだからさ、
せめて一言ことわってくれれば良いのになって思うよ。

このweb業界特有の、
利用者もサービス提供者のお互いが、
相互不信の元にサービスを運営する
風潮って良くないと思うんだけどね。
なんか商売の仕方が
情弱を利用してやるぜ!!
or
騙して金を巻上げてやるぜ
っていう印象が強くて気になっています。

さらに昔、cafestaっていうアメブロの
良心版みたいなサービスがあったんだけど、
そこは残念ながら潰れてしまったので、
良心的なサービスには
きちんとお金を支払いたいんだけどね。