コンビニ通いを止めたら意外と貯金できた話

コンビニで無駄金を払うの図
コンビニで無駄金を払うの図

唐突ですが私はスーパーが好きです。
それは始めて英単語でSUPERを知った時は真っ先に近所のスーパーが頭に思い浮かんだ程です。アレはいいものだ。
(単語:super 意味:極上の,すばらしい)
同時に、あの冷蔵庫の下から液漏れしてタオルを敷いて必死にごまかしている姿のどこがスーパーなのか?という疑問も抱きましたが、まぁきっと子供の私が知らない何かがあるに違いない。もしかしたら冷蔵庫の下から滲み出ている液体も強盗とか来たらアレがあーなってこーなって悪党が「うぎゃーッ!!」と悲鳴を上げて溶けていくに違いないのです。よく知らんけど。

そんな私もいつの頃からかスーパーから暫く縁遠くなっていた時期があります。
いつの頃からか?
あれはそうです。高校生の頃にコンビニでバイトを始めたことで大富豪となった頃からです。
当時の私が中学生の頃に親から貰っていた小遣いは月に1500円。バイトで入って来る金額が月々3~5万程度。この世の富の全てを手に入れた気分になっていました。
俺長者番付1位です。年に一度お正月にお年玉という大イベントの時に一時的に入って来る程の大金が毎月コンスタントに入ってくるのです。
しかもお年玉は母ちゃんが将来の為に貯金するからね!と言って速攻で回収されて、それから20年以上経った今も全く手元に戻って来ることが無いのとは違ってコンビニバイトの給与は丸々手に入ります。
従って私は調子に乗りました。
コンビニで毎回豪遊しました。
菓子パン、スナック菓子、アイス。果てはコンビニスイーツにまで手を出すという贅の限りを尽くしていました。
スーパーに行けばこれらの殆どの品が割安で買えることは知っていました。
しかしワンピースを手にしていた私は「スーパー?ハッ。安いって言っても小銭だろ」と鼻先で笑ってスーパーに足を運ぶことは無かったのです。

そして高校生はいつしか社会人になり、スーパーの直ぐ近くに引っ越し、尚且つ近所にコンビニが無いという立地に住むこととなりました。
仕方なく私は渋々とスーパーに向かいます。
そこには驚きの光景が広がっていました。
ジュースやっす!お菓子も安い!弁当も割引が入って、え!これ半額なの?
おまけに惣菜コーナーにいると変な外人が「コレはブタニクはいてますか?」って聞いてくる!!
(そんなもん知らんので店員にバトンタッチした)
久しぶりに行ったスーパーは私に大きなカルチャーショックを齎しました。

そうして上司が飛ばされたり仕事でやらかして始末書を書いたり、仕事が嫌で嫌で仕方なくて会社前の公園で30分くらいボーっとしてから出社するという生活が1年程経過して自分に起きた変化に気付きます。
あれ?なんで俺こんな金持ってんだろ?
いつの間にか預金通帳に見たことの無い金額が記載されていたのです。

自分の行動を振り返ってみます。
今までも別にキャバクラに通ってたりギャンブルに手を出していた訳でもなく友達も大していないので交際費や娯楽に費やす金額は悲しいですが今までと大して変わりありません。
給与額も大して変わっていない。
特に何かを我慢してお金を貯めようともしていない。
酒も飲んでるしつまみも適当に買っている。
なんだ?
小一時間ほど悩んで気付きます。
それはコンビニ通いを止めたことでした。

今までコンビニに行けば
朝:朝食のサンドイッチ等、飲み物、目についた新製品等。金額500~800円位。
夜:弁当と酒とつまみで1500円位。
休日は更に昼で1000円位がプラス。
更に更に気が向くとおやつを買うと都度500円位。
なんとコンビニで月に6~8万程度の出費をしていたのです。

これがスーパーに切り替わるとコンビニと同じ品目を買っても出費が6、7割程度に抑えられます。
それとやっぱりコンビニよりスーパーに行く方がかったるいので一度で明日の朝の分と間食用のスナック菓子も買っておくかとなるので、何となくコンビニに行って目に付いた新製品を買ったり、ビニ弁も飽きたなぁとか言いながら割高な弁当を買うことも無くなり、レジカウンターでついでに大福でも買うかぁといった無駄なついで買いも減らせます。
更に言えばスーパーには野菜や肉といった材料も売っているので、明日の昼の分は適当に材料を炒めて焼きそばでも作るかとなるのです。
自炊をするようになったのもこの頃からです。
飲食店なら昼で1000円位。夜はビールもいっとくかで3000円位。
私の当時の食費はコンビニと飲食店で月に12、3万円は軽く超えていたのです。

思い返してみると、あの頃の私もこの食費はやばい。多少は節約しようと考えてはいたのです。しかし、それも晩に居酒屋で食事しながら飲んで、まだ飲み足りないけどビールのおかわりは我慢してコンビニで買って節約になっていない所か無駄なツマミを買って寧ろ割高になっていた程の愚かさでした。

それがコンビニ通いからスーパーに変えただけで食費が3分の1程度に収まるようになったのです。そりゃ金も貯まるわという話です。

キャバクラ通いをしているでもなくパチンコやスロットにはまっているでもない。薄給のブラック企業で現在進行系で搾取され続けていますという状況でもないのに何故かお金が貯まらないという人は意外とコンビニ通いでそれと気付かずに散財している人はいると思うので、これを読んで思い当たる人はコンビニ通いをスーパーに変えてみることをお勧めします。

それでは今日はこの辺で

この記事をSNSでシェア!

作成者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。