【ソウル支局】ソウル市内にある有名整形外科の、患者が横たわる手術室で院長の誕生日パーティーをする様子を撮した画像や動画が韓国のインターネット上で広がり、物議を醸している。

騒動となっているのは、「セレブ」の街として知られる江南(カンナム)にある大手整形外科。聯合ニュースや朝鮮日報(電子版)など、複数の韓国メディアによると、同医院の准看護師が撮影したとみられる画像や動画が28日にネット上に掲載された。

「院長の誕生日」と題する画像では、手術服を着たスタッフが、火のついたロウソクを立てたケーキを掲げ、後では横たわっている患者が写し出されている。動画には、院長とみられる男性医師がロウソクの火を吹き消す場面も見られた。

手術室でスタッフらが何かを食べたり、人工乳房を胸に当てておどけたりしている画像もあった。産経ニュース


そして韓国の美容整形は元々高須クリニックの高須克弥氏が40年ほど前に教えたものだと言うから韓国は朴 正煕大統領の時代だね。この頃は軍事政権だったので美容整形をやるといっても韓国内に技術を持った人もいない。それでも美容整形を求める人はいて、その人達がどこに来たかと言えば日本。
でも美容整形って実は一回やって終わりというものではなくてアフターケアが必要。
ここら辺はかつらと一緒。
その技術を教えて欲しいという理由で技術指導を求められたのが切っ掛けで講義をしたり手術を見せたりしていたらしいです。
因みに韓国の整形顔が似通っているのは高須氏がその際に『美人顔の黄金比率』なるものを教えて、それを忠実に守っているかではないかと以前なにかのインタビューで答えていたね。
今となっては韓国の方が美容整形の本場っぽい言われ方をするのは、相変わらずの強かというかお人好しもいい加減にしないといけないと言うか何と言うかといった所。

韓国で美容整形が流行るのは単純に儲かるからなんだと思う。
美容整形を志望する医師が多い。
医師が多いというこは競争が激しいという事。
競争が激しければお客の来ない美容整形は仕方ないかで値下げする。
他が値下げして儲かれば、じゃあうちもということで他の美容整形も値段を下げる。
それが韓国の美容整形の値段が安い理由。
ただ問題点としては値段は安いけど技術のない人が執刀していることもあるという点だね。
そして問題の元の方にある原因は韓国では美容整形外科の広告規制がないという事。
(日本は美容整形の広告は規制されている)
広告規制の無いことの何が問題かと言えば、広告戦略の上手い広告代理店にお金を出せれば技術の無い詐欺師紛いの美容整形外科クリニックが技術のある所よりもお客を集めることが出来てしまうという事。

話は手術室でパーティに戻って、医師は手術の際に緊張を和らげる為に敢えてバカバカしい冗談を言う事で自分のパフォーマンスを最大限に発揮するという。
きっとこの医師も同じ理由でこんな事をしているに違いないって
そんな訳あるかーい!!

何でやねん!!
何で手術室でパーティーやねん!!
アレか?アレか?
ワシ、今日は誕生日矢からこれからパーティ行かなあかんねん。
だから、ホンマ急いでな。
ズンドットットッズンドットットッ、
あ!ワシヒラメイタ!
ココで誕生日パーティすればエエヤンかー!!
誕生日を職場でって言うのは聞く事があるけど、
ってまだ患者いたー!!
オイ!!
手術しろ、手術。
早く綺麗にしてやれ!!

鼻を高くしたり、
エラを削ってシャープな輪郭にしたり、
目をパッチリさせて、
涙袋とかつけてふっくらした印象を付けてやれ!!

まったく、こんな全力でツッコンだのは久し振りだよ!!

そして最後に一つ。
てっきり韓国の浮かれた美容整形外科の話かと思ったら整形外科じゃねーか!!ノー!!
って思って調べ直したら美容整形外科でした。
良かった。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。