学校教育で遠隔授業を選択できるメリット

教室の風景 社会派気取り
教室の風景

先日、学校でもIT環境が整えられる方針にあるということで、得られるメリットというのは大きなものになりそうだということを書きましたが、その後に進展があり、将来的には生徒1人につき1台のPCが与えられることになりそうです。
それに伴っていくつか思うことがあったので書いてみます。

筆者が学生の頃を思い返してみると教師にも問題のある人が結構な数いました。
思い出すだけでも、いい年をしてヤンキー風の外見をして生徒を威嚇する陰で教え子に手を出していて生徒と結婚した教師だったりと言うか当時、生徒と結婚する教師の数は当時は当たり前みたいな感覚となっていたため教師は同僚の教師か生徒と結婚するものなんだなぁと思う位に教師と生徒との結婚率は高かった。今になって考えてみると、それは教師も生徒を異性として、且つ恋愛対象として見ているということの証左でもあるので、やはり教師を聖職者である以前に一人の人間であって、それを前提として学校運営の仕組のようなものが必要なんだろうとも思うのですが、それは話がずれてしまうので、また何れ。
他には英語教師で英語が訛っている教師がいたり、黒板に色々書きはするけど、まともな講義を行っている姿を見たことがない教師がいたりといった具合です。読んでいる人も実際にいた問題教師の姿が頭に浮かんでいるのではないでしょうか。

話は戻って生徒一人一人にPCが行き渡ればインターネットを通じて遠隔で授業を受けることが出来るようになります。またそうなった場合は学校の担当の教師ではなく、選ばれた教師が全国に向けて一律の授業を行う形式になる可能性が高くなると思われます。
そのメリットで先ず思いつくのは英語の発音についてです。学校の英語授業を思い出してみると、まともな発音が出来る英語教師の方が稀で思い出す限り殆どの英語教師の発音は海外では通じないジャパニーズイングリッシュでした。全国の英語教師全員に本格的な英語発音を身に付けさせるというのは、とても現実的に思えませんがインターネットできちんと発音できる一人の教師が授業を行うというのは実店可能性が高いように思います。
こういった点は大きなメリットになると思いますし教師の中には人間として問題があるだけならまだしも(いや、良くはないですけど)授業の質に問題がある教師というのも相当数存在しているので、そういった教師に運悪く当たったとしても全国一律の授業内容をインターネットを通して受けられるのであれば授業のクオリティは一定のもが保たれ最悪の事態は免れることが出来ます。
また現時点でも学習用の動画やホームページの質はかなり高く、きちんとした大人が品定めさえすれば学力だけなら学校に行く必要はないのではないだろうかと思う程です。

他に授業をインターネットで受けられるようになるメリットが何かないかを考えると、生徒が学校に行かないという選択肢を取れるようになることであるように思います。そしてこれはいじめ問題の解決を促すことにも繋がるのではなだろうかと考えています。

生徒が学校に授業を受ける為に通っているとすれば、自宅にいながらにして同じ授業を受けられるなら、いじめの被害を受けた生徒は学校に行かないという選択肢を選ぶことが出来るようになります。
学校では授業以外にも集団生活や社会生活学ぶ場であるというお題目はありますが、いじめ被害を受けたことが原因となったPTSD等によって苦しみ続けているが為に社会生活に支障を来すといったリスクを考えれば、いじめを受けたら学校なんか行かずに遠隔授業を受けた方が生徒個人にとっても社会全体で見た損失というのは少なくて済みます。

そしてクラス内に遠隔授業を選択する生徒が増えて来た場合、それはクラス内で何かが起きているということです。クラス担任は言い換えればクラスの運営を行っているとも言えますので、クラス内の問題を解決する必要性が生じます。少なくとも遠隔授業を選ぶ生徒の数が他のクラスと比較して突出して多いという状態であれば何れ管理者側からクラス担任に問題解決に向けた取り組みを指示される筈です。そして問題がいじめにあるのなら、いじめ解決に向けて取り組まねばならない。といった様にクラス内で起きている問題に対しての取り組みを学校側に対して促すことに繋がるのではないかと思います。

学校の制度としても遠隔授業を選んだ生徒に対して授業を受けたものと同じ評価を与えるようにすれば、いじめ被害を受けた為に学校に通えなくなった為に学力に問題を来したことで受験に支障を来すといった弊害を除けるようになります。

しかし、いくら自宅に居ながらにして学習が出来ると言っても、さぼって生徒が授業を受けないという可能性も考えられますし、生徒への評価に授業態度も含まれているという実情もあると思うのですが、それについては、どうでしょう。例えば授業時間については自宅学習する生徒の姿をカメラに写すことで教師側から確認できるようにすれば授業態度を評価することも可能になるのではないでしょうか。そうすれば自宅で学習をしているからと言って低い評価を付けようとしても授業態度がカメラに写り残されていれば抗議をした際に授業態度を振り返ることで根拠の疑義を問うことも出来ます。プライバシーの問題については生徒の背景にモザイクを掛ける処理も既に可能になっています。生徒の部屋が写るなどのプライバシーの問題については既にビデオ会議システムでは自動的に背景に対してモザイクを掛ける機能が搭載されているので、ソフト的な対処で対策は可能なのではないかと思えます。それともしたら学校に登校して教室ではなく空き教室や保健室などで授業を受けても良いかもしれません。これなら体育や美術といった実技科目も別室で受ければ良いのではないかと思えますし生徒の自宅にネット環境が無い場合も対応できます。

他にも遠隔授業を選択する際に許可制にして、選択した理由を回答するようにすれば、水面化で表に出ていなかったいじめといった問題を顕在化させ、且つ履歴を残せるようになります。教師が許認可を行えば今までのように学校側が問題を隠蔽する、もしくは無かったことにするといった隠蔽が行われる可能性もありますが、それを第三者機関のようなものに委ねられればリスクも減らせます。加えて残ったデータを元にして教師の評価を行えれば問題のある教師があぶり出されることになるので教師の質向上にも繋がり、何より教師が自分の受け持ちクラス内で起きている問題を解決するインセンティブが高いものになり遠隔授業というのは結果として学校自体の価値もより高いものにしていくのではないかと思いました。

それでは今回この辺で