週刊文春2015年4月2日号記事「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」を読んで


読んだ記事は当時TBSワシントン支局長である山口俊之さんが取材の元に書かれた記事であり週刊文春の2015年4月2日号に掲載されていたものです。
この記事が掲載された後、山口氏は停職した後に地方ローカル局へ左遷の提示を受けるという曰く付きの記事となりました。

この記事自体は紛れもないスクープであり考えさせられるものだったので、ここで取り上げてみたいと思います。

韓国がベトナムで慰安所を経営していた?


日本と韓国の間で従軍慰安婦問題は大きな問題として横たわっていますが、この問題を憂うある人物が存在しており山口氏にベトナム戦争時代に韓国が南ベトナムで慰安所を経営していたという情報を伝えたことが、この山口氏が取材に取り組む発端であったそうです。

慰安婦問題において韓国に『加害者』の側面が加わる事になる。それをきっかけに、朴大統領と韓国国民が頭を冷やし、真摯に慰安婦問題に向き合うようになれば、事態は変わるかもしれない

またベトナム戦争の資料についてはアメリカの国立公文書記録管理局(NARA)に資料の保管が存在しており、先の人物のアドバイスもあり山口氏はここの資料を調査する事で事実を裏付けています。

ベトナム戦争参加の経緯


韓国軍はアメリカと交渉してベトナム戦争に参加する事によって、
・派兵規模に応じた補助金支給
・対米移民枠の設定
の見返りを勝ち取り1965年から本格的に韓国軍を投入、その数31万人

アメリカに残る資料から韓国軍の行状についても浮かび上がってきたといいます。

ベトナム戦争時の韓国軍の犯罪について


項目別に挙げると、
・市民の虐殺
・強姦
・為替偽造
・物資の横流し
・麻薬密売

といった犯罪記録が残されていると言います。
これに対して米軍司令部は韓国軍司令部に対して繰り返し書簡を送り、
違反者の訴追と再発防止を求めたそうですが悪化は止まらなかったようです。

更にベトナム駐留米軍の軍政部と郡警察の犯罪記録には、
外交文書よりも更に生々しく夥しい数の韓国兵による犯罪記録が残されているといいます。

その中からサイゴン市中心部にあったという「The TurkishBath」(トルコ風呂)についての書簡を発見しています。そこでは「売春行為が行われていて、ベトナム人が働かされている」説明がされており、別の事件の調査の為ですが米軍とベトナム通関当局が共同で家宅捜索を行い「この施設は韓国軍による、韓国兵専門の慰安所(Welfare Center)である」と結論します。

その根拠は次の二つ
・押収資料から韓国兵の福利厚生を担当する特務部次長の署名入り書類が見つかり慰安所であることが示されていた事

・家宅捜索でこの施設から押収された物資の返還を求める書類を韓国軍幹部が提出していた事

韓国軍慰安所についてのインタビュー


 米軍OB
トルコ風呂で働いているのは殆どが二十歳未満の農村部出身の少女だった。十六歳だと語る人もいたし、もっと若く見える女の子もいた。
素朴で華奢な少女達に夢中になる兵士も多く、彼等は周りからYellowFeaver(黄熱病)と揶揄されていた
(友軍であるアメリカ軍も韓国軍慰安所を利用する事が出来た)

アンドリュー・フィンライソン氏(71)
韓国軍の慰安所は、確かにサイゴンにありました。よく知っています。
米軍司令官が指摘している韓国の慰安所とは、韓国軍の兵士に奉仕するための大きな性的施設です。
韓国兵市にセックスを提供するための施設です。
それ以外のなにものでもありません。

-なぜサイゴン市内に大規模な慰安所を作らなければならなかったのか
「韓国兵がベトナム人女性をレイプしたり、個別に性的関係を持ったりするのを防ぎたかったからです。また、韓国軍将校が農村で女性を売春婦として囲うおそれもあり、こうした行為はベトナム社会と韓国兵の間で政治的トラブルに発展する危険性がありました。
また軍にとっては性病も重大な懸念でした。慰安所ならば慰安婦の健康を管理できます。
当時南ベトナムでは性病が深刻な問題になっていて、特に梅毒が蔓延していました。

-ベトナムの慰安婦とは、どんな女性たちだったのか
こうした売春施設で働いている女性はほぼ例外なく農村部出身のきわめて若い女性でした。
彼女たちが施設に来た理由は様々です。
貧困のために家族に売られてきた少女もいたし、自らの意思で来た女性もいた。彼女たちは、職を失って慰安婦となった。騙されて連れてこられた女性も当然いたでしょう」

引用元:週刊文春2015年4月2日号記事「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」

ベトナム人はどう見ていたか


ビンさん(当時のベトナム軍憲兵)
「私の記憶では、あのトルコ風呂は1968年頃から75年のサイゴン陥落まで営業していました。
北ベトナム軍によるゲリラ攻撃からサイゴン市内の主要政府施設や橋などを守る任務についていた私は、米、韓両国の軍関係者と連絡を取り合う立場にいました。
そのため、自宅近くにあったあの施設のこともよく承知していたのです」

トルコ風呂からおよぼ百メートル離れた場所に米軍と韓国軍が共同で運用するMP(憲兵隊)の施設がありました。
女に飢えた彼等は夕方になるとジープやトラックを施設前に乗り付け、大騒ぎしながら先を争うようにトルコ風呂に押し寄せるのです。
酒に酔った兵士が徘徊するのですから、住民の多くは不愉快な思いをしていましたが、
『軍のやることだから仕方ない』と諦めていました」
別の付近の住民
「トルコ風呂があった建物は、もともとベトナム人女性が所有していたのですが、彼女が交際していた軍の関係者らしき韓国人男性が資金を提供し、トルコ風呂を開業したのです。
休息中の韓国兵が相手だから客に困る事はないということで、いつも十~十五人くらいの女の子がいました。
彼女たちの多くは農村出身の十代の女性でしたが、毎日大勢の韓国兵の相手をさせられるので『韓国人は見たくない』と泣き言を言っていました」クォンさん(74)南ベトナム空軍元パイロット
「韓国軍はダナン市を北ベトナム軍の侵攻から守る目的でダナン市周辺にも展開しており、
市内にはいくつもの韓国人専用休息所がありました。
サイゴンなど南部の都市では友軍としての韓国軍の評判は悪くはありませんでしたが、
農村地帯での虐殺やレイプの話が広まるにつれ、中部ベトナムでも多くの人が彼らに対し、得体のしれない不気味さを感じるようになったのです。
もともと彼等は米軍の”汚れ仕事”をする役割でベトナムにやって来て、彼らもその立場を甘んじて受け入れていました。
ただ、何においても”米軍以下”の扱いを受けていた韓国兵だったからこそ、
戦争という極限下で、非人間的な行為に走ってしまったのかも知れません。私自身、韓国兵との交流もありましたが、
68年、ダナンからほど近いハミ村で起きた韓国兵による虐殺事件で知人が殺されたと知ってから、彼らに対する見方がすっかり変わってしまいました」

バイさん(77)69年、韓国レストランとして運営していた店で料理長をしていた
「『サイゴンから引っ越して来た李さんという韓国人が料理人を募集している』と親戚から知らされ、面接に行きました。
料理の腕には自信があったから。李さんに気に入ってもらい、一万一千ドンという破格の月給で雇ってもらいました。
レストランとバーが一緒になった店で、韓国人専用でした。
キムチの漬け方や、大豆をつぶして発酵させるチョングッチャンの作り方を奥さんから教わりました。
ベトナムでは豚肉を茹でる事がおおいのですが、韓国兵のために豚の内臓を焼いて出しましたね。
夜になると、どこからか若いベトナム人女性が来て、兵隊と飲んだり踊ったりして、
それから上の階にある部屋に上がるのがお決まりのパターンでした。
店に来る韓国軍士官が私服姿の(オーナーの)李さんに敬礼するのが不思議でしたが、
ある日顔見知りの韓国兵に『あの人は韓国軍の偉い人だ』と驚きましたが、そのことには触れないようにしました。
李さんを始め、韓国人にはよくしてもらいましたが、韓国軍の撤退後に農村での虐殺の話を聞かされ
『あの人たちがそんなことをしたのか・・・・・・』と怖くなったことを覚えています」

引用元:週刊文春2015年4月2日号記事「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」

記事を読んで思った事


この記事を読み真摯に慰安婦問題に向き合う事が必要であると感じました。

現状、日本側は慰安婦の問題に関して河野洋平官房長官談話を発表しており、現内閣もこれを継承しています。
河野洋平官房長官談話内容

そして韓国の元従軍慰安婦の人々が日本軍に強制されて慰安婦とされたという言い分を明確に否定しないという事は彼らの言い分を認めたという事です。
そうであれば彼らが日本という国は元慰安婦の人々に謝罪するべきである。と声高に叫ぶのは当然の事のように思えます。

そうなると、その流れの延長線上で先日行われた2015年12月28日に発表された日韓外相の合意については失敗する公算が高いように思えます。自分が韓国国民だったら納得しないですし元慰安婦の人々については言わずもがなです。

日本人の側も今回の合意に対して全員が納得しているとは些か考え辛いように思えます。もし、韓国がこれで納得したとしても今度は日本にしこりが残るのではないでしょうか。

この問題は多分に感情の問題が大きいように思えています。そして感情に感情で対応しても大抵は水掛け論に発展するだけです。日本の対応は、はぐらかそうとしているように見えます。それは相手を下に見ているのと同義です。それを相手に察知されれば馬鹿にするなと怒るでしょう。本当に必要なのは、はぐらかす事でもなく、なだめる事でもなく、徹底した真相究明とそれを証明するために戦う姿勢だったのではないでしょうか。

結局、この問題については真相が明らかにされなければ、前に進む事は出来ないのだろうな。という当たり前の結論へと至る訳です。