日大のタックル問題とはパワハラ問題ではないだろうか


最近、日本大学と関西学院大学のアメフトの試合で起きたタックル問題が話題です。

事の始まりとしては2018年5月6日に行われた日本大学と関西学院大学の試合中にクオーターバック(QB)の選手がパスをしてボールを既に放しているにも関わらず背後から日大の選手がタックルを行い相手選手に怪我を負わせた事に端を発しています。そして、後に相手選手を潰せという指示が日大のコーチ、監督から出たものであるということが判明し、後日に関学大が日大に事件の見解を求めたものに対して日大コーチが「指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質」等と説明した辺りから世間の批判は更に厳しいものとなったように思います。

始め、この問題について個人的には確かに批判されるべきものではあるもの、そこまで延々と長い時間を掛けてまで追求するものではなく、然るべきペナルティ、例えば被害を受けた選手への謝罪と加害者である選手の謹慎等の処分等で十分ではないだろうか等と思っていたのですが、これがコーチから監督の命令として「1プレー目でQBを潰せ」という指示が為されていた事を知り、いや、この問題は一つのラフプレーというものではないぞと思い始めました。
この問題はボールを放した選手に対してタックルを喰らわせて怪我を負わせたことは勿論ですが、見ている人達の多くは上司等から理不尽な命令を下された等のパワハラを受けた過去の経験などを投影しているが故の興味であり、責任追求を望む声なのではないか等と思うようになりました。

当該のタックルを行った選手は試合に出るまでチームから干されていた状態であり、その状況下から抜け出す為にコーチの命令を断る事の出来ない弱い立場にあった事。本人は断りたかったという事。更に加害者である選手本人自らが記者会見を開き申し開きの場を設けたことでコーチや監督に対する批判は更に厳しいものとなったように思えます。
先に述べたように今回の問題がラフプレーへの問題ではなくパワハラ問題が主題であるなら、ラフプレーを行った彼は加害者ではなく監督とコーチから受けたパワハラの被害者という捉え方も出来ます。そう考えると世間の見方が彼に同情的なものになることも理解出来るように思えます。

ここで一先ず前提条件として伝えさせて貰うのですが、当サイトとしての見解は今回の潰せという指示は相手選手に怪我をさせることを意図したものであったと考えています。理由としては当該選手が試合から干された状況であり、その状況下でコーチから「監督から相手のQBを潰せば出してやると言われた。自分からQBを潰しに行くんで僕を使ってくださいと監督に言いに行け」と指示されたという事。そして試合中に行われた計3回の反則となるタックルを行った後も当該選手が労うようにベンチで迎えられている姿を見る限り、今回のプレーに選手以外の意志が介在しているようにしか見えないからです。

続いて2018年5月23日コーチと監督が記者会見の場を開きます。
会見の内容についてですが、これは最悪としか言いようのないものでした。監督とコーチの伝えたことは相手に怪我をさせるという意図は無く「潰せ」という命令も頑張って試合をして来いという意味であったと言葉遊びに終始していたようにしか見えません。
また会見の運びも司会者が記者からの質問を強引に遮り会見を打ち切るという考えられる限り最悪の終わり方をします。しかしこれは当の本人達も自覚していたようで会見後、監督とコーチは揃って入院。なぜか一緒に司会者も入院することで更なる追求の手を逃れるというおまけが付きました。

個人的に見ている限りでは、今回の問題がここまで大きくなった理由は日大の当事者である日大の監督コーチ陣が今回のタックル問題について単なるラフプレーを責める一時的な炎上問題であると捉えていた点に誤りがあるように思います。
しかし今回の事件の本質的な問題は当該のプレーにではなく、選手の人格を無視した命令が行われた背景にある構造的な部分にあると考えています。つまりは監督から倫理から外れる命令がなぜ出されたのか、その実行を許した構造を明らかにすることが必要なように思えます。
しかし、日大側の対応を見ていると口先の責任逃れに終始しているようにしか見えず大の大人が頭を突き合わせて何を考えているのだろう?と不思議にしか思えないのですが、彼等が行わなければならない事は自分の行動を認める事と行われた結果に対して然るべき責任を取る事です。更に望めるので有れば多くの人間が過ちであることを知りながら、その考えを組織に反映することの出来なかった原因の究明と現状を変える組織改革を行うべきであるように思います。

今回の問題を調べていて世間一般で起きているパワハラに共通する問題を多く抱えているように思いました。今回の問題の解決は他で起きている同様の問題の解決にも繋がるのではないかと考えています。

最後にですが、今回の事件を切っ掛けに自分が望まないにも関わらず誰かを傷つけたり傷つけられたりといったことが一つでも減れば良いのにと願わずにはいられません。