韓国人が作成したという「日本人攻略マニュアル」を見て思った事

絡む人 社会派気取り
絡む人

日本と韓国の間では従軍慰安婦問題や徴用工問題、最近ではレーダー照射問題と両国間で問題が山積しています。筆者が以前に在日韓国人の上司と働いていた時には随分と良くして貰っていたので決して韓国の人の全てが個人として付き合うことが不可能ではないと思っているのですが、これが韓国と日本という国同士の括りになると問題になるケースが多いのが気になっていました。

そんな中ツイッターで「韓国人の日本人攻略マニュアル」というのを拾って読んでみて、よく出来ているなぁと感じたので実際に相手がこのマニュアル通りに行動して来たら筆者がどうなるのか想定したものとそれに関連して思ったことを書いてみたいと思います。

・日本人が反論してきたら、大きな声で怒鳴りつけろ。
・体面を気にする日本人は国際社会で叩けば金を出す。
・日本人に弱みを見せるな。
・生粋の日本人など居ないと奴らに吹き込めば従順になる。
・日本国内での公害も、言いがかりをつけて賠償させろ。
・日本人が正しいことを言い始めたら、関係のない間違いを指摘してはぐらかせ。
・金も技術もないときは甘い声で日本に近づけ。
・騙せない相手でも、一度は試して見ることは常識だ。
・相手がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。
・贈り物を拒否して困惑させろ、日本人ならもっといい物持ってくる。
・謝罪するくらいなら相手を訴えろ。
・日本人の前では困って見せろ

吉田康一郎氏のTwitter画像を文字に起こして引用させて貰いました

・日本人が反論してきたら、大きな声で怒鳴りつけろ。

怖いです。だって反論したら相手からいきなり怒鳴られるんですよ。そんなことする相手は間違いなく理屈の通じない野蛮人か狂人のどちらかです。昔、近所で恐れられていたスーパーで売っている刺身を勝手に試食しちゃうおじさんと同類です。関わること自体がリスクだと思って及び腰になると思います。

・体面を気にする日本人は国際社会で叩けば金を出す。

これも納得出来ます。私はグローバルな人間じゃないので実際の所は想像するより他はないのですが、例えば喫茶店で話していて突然、大声で怒鳴り始めたり、近くに居る全く関係ない人に「どう思います?助けてください」とか言って回られたらと考えるだけでうんざりしますし、その場から離れたくなるのではないかと思います。
だって、例えば対抗手段としては自分も同じように「いやいや私の方が被害者なんですよ」なんて同じように見知らぬ人に言えます?まともな人間なら言えないと思います。本当に。

・日本人に弱みを見せるな。

まぁ、弱みを見せられなければ攻撃も出来ないとは思いますけど・・・。これは日本を敵だと想定した見方をしているという事なんですかね?

・生粋の日本人など居ないと奴らに吹き込めば従順になる。

これを裏返すと韓国というのは日本に対して劣等感のようなものを抱いているのかもしれないと思いました。関連して思い当たった例として、茶道は韓国発祥のもので云々と言って茶の湯をポッドから出すというのは正に相手の文化を貶めることで自分が優位に立とうという意図が見えます。逆に日本側から韓国が発祥である焼肉を日本が起源のものである!!とか声高に叫んで相手国の文化等を奪ったり貶しめてやろうと行動する人はいないと思うので、これを見た時にこのマニュアルは本当に韓国の人が作ったものなのかもしれないと思いました。

・日本国内での公害も、言いがかりをつけて賠償させろ。

日本に居た際に公害のせいで健康を害した。という理屈なんですかね?これは実際に因果関係を証明するのが難しいではないかと思ってしまうのですが、先に書かれた日本人が体面を気にするという点と組み合わせて例えば海外の新聞やテレビ等のメディアに日本人はこんなに悪い奴だと書かせて揺さぶりを掛け、国連の方から来た○○です。ワタシはコウガイにクワシイでーす、これコクサイテキにニホンがワルイでーす」的な事を言わせて何となく日本が悪いと思わせて賠償金を支払わせるというやり方なんでしょうか(消防署の方から来たので本来なら3千円位で買える消火器を10万円で買わせる的なやりかたを思い浮かべました)

・日本人が正しいことを言い始めたら、関係のない間違いを指摘してはぐらかせ。

これも実際にやられたら嫌だなぁ。だって相手から言い掛かりを付けられて例えば金をせびられている時に払う必要がないということを話していたら急に「オマエの着てるトレーナーに書いてあるアイラブバスケットボールって何だよ!!そんなんだから金を払わないといけないんだ」とか言われたら自分は間違いなくぐらつきます(まぁ、そもそもそんな変なトレーナー着るなよという話でもありますがって、ほら関係ない例え話なのに既にぐらついてますよ!!)しかもこれに反論するなら「お母さんが勝手に買ってきたんだから仕方ないだろ・・・」位しか言えませんし、これにも「おまえ未だに母ちゃんの買ってきた服来てんのかよ!!」ゲラゲラゲラッてなって益々弱い立場に置かれるのが目に見えます。実に怖ろしい手です。本当に。

・金も技術もないときは甘い声で日本に近づけ。

この辺は色々な説が出ていますが真偽の程がどうも定かではないので触らないというか触れない。しかし記憶に新しい所では新日鉄住金の持つ電磁鋼板の技術を韓国企業のポスコが不正に得たということで裁判の結果として、新日鉄がポスコから300億円の支払いを受けて和解し、且つ以降もポスコは新日鉄にライセンス料を支払い続けるとなった事件がありました。但し、この技術をポスコに渡したのは新日鉄の元社員ということなので、この辺は一概に言い切ることは難しいようですが、想像するに漏洩された技術を実現させるには技術者へのトレーニングや設備の刷新などが必要であると考えると組織全体で取り組まなければならない。従って会社の上層部も日鉄の技術が不法なものであることは知る必要があったと考えると組織全体でも法令順守の精神に欠けた人が多いように思えます。また、筆者の経験で言うと、韓国企業と取引するとなると大体は経営者等の上層部が韓国に連れていかれて接待攻勢に絆されて帰ってくるというケースが多いです。推測ですが技術を漏洩させた人間もそういった手練手管に籠絡された可能性もあるのかなぁと思ったりします。

・騙せない相手でも、一度は試して見ることは常識だ。

何でも一度は試して見ろってことですね。分かります。ものにはタイミングや物の弾みってものがあります。良いか悪いかは別として、そういったチャレンジングスピリットは見習いたい所です。

・相手がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。

そうですね。私が相手からこの手を取られたら面倒臭くなって結果として相手に対して多くを譲ることになりそうな気がします。

・贈り物を拒否して困惑させろ、日本人ならもっといい物持ってくる。

この辺は例えば韓国人の異性を好きになってしまったりした場合に、贈り物をして突き返された場合を考えてみます。うーん、そうなると自分の愛情は確かにこんな安いものではない。とか頭がお花畑なことを考えて前のものよりも良い物を相手に贈ろうとする良いカモになる気がします。それと思い出したのですが、昔にちょっと小汚いおじさんに「フィリピンパブで騙されると金を巻き上げられる。たとえば家族に紹介するからと言われてフィリピンに一緒に付いて行くと、その道すがら土産が必要だと言われて土産物をたんまり買わされた挙句に、ここでちょっと待っていろと言われて、その女は永遠に帰って来ることはありませんでしたとさ。めでたしめでたし位で済むが、韓国パブに嵌ると本当にけつの毛まで毟られるから気を付けるんだ!!」と力説されてフィリピンパブも韓国パブも恐ろしい所に違いないと恐怖したことがあります。

・謝罪するくらいなら相手を訴えろ。

これは本当にそうです。訴えると言われただけで逃げ腰になって大抵のことなら相手に譲ってしまいそうです。随分と昔にですが建物の建設工事が行われている隣に住むおっさんが工事の間中、工事会社から金をせびろうとして工事現場で「訴えるぞ!!おまえらが工事を続けられなくしてやるからな!!」と延々と怒鳴り続け、工事関係者がお昼休憩に入ると自分も自宅に戻って休憩を取って工事が再開したら自分も怒鳴るのを再開していた爽やかな風景を思い出します。
(結果どうなったのかは不明)

・日本人の前では困って見せろ

これも実に有効な手段です。営業テクニックにも商談相手から無理難題を言われたら困って見せろというのがある位です。何かを追及している際に相手が困っているように見えたら何となく自分が悪者の気分になってしまい手が緩んでしまう人も案外と多いのではないでしょうか。

 

適当に書いてみましたが、この韓国人の日本人攻略マニュアルというのは実に有効なものであることは疑いようがありません。実際に書かれている通りに実行されると正直、筆者はお手上げ状態になること請負です。そして気になったのが、このマニュアルがヤクザのやり口に共通する部分が多い事です。ヤクザは相手の弱みに付け込んで金を巻き上げて稼ぎにする事が仕事です。関連して思うのですが韓国が日本を叩くのは感情的な部分は元より利益になるという合理的な理由もあるのではないかと思いました。例えば日本に対して戦時のことを端緒として相手に罪悪感を抱かせることで国相手なら補助金や援助として資金を出させる。企業相手なら交渉相手に罪悪感を抱かせることで優位に立ち技術や資金を出させるといった利益にも繋がっていたのではないかと思いました。そこで推測するのですが韓国には反日を仕事にしている人間が存在したのではないでしょうか。いくら恨みは一千年続くと言っていたとしても、良くも悪くも人は忘れて行く生き物です。そうならない為には反日的な感情を人々に喚起し続けることが必要となります。しかし、それを継続して実行するのは多大な労力を必要とする筈で何かの片手間で行えるようなものではなく、それを専門に従事する反日活動のプロの存在がいなくては難しいと思うのです。

そしてビジネスである以上は利益の最大化を考えると思うのですが、普通に考えれば理想は利益が長期的に生じることです。しかし最近の彼等の動向を見ていると日本全体が韓国に反感を抱き始めており、これでは日本から利益を導き出そうとした際に余計な抵抗を生むため行き過ぎです。この状態を見ていると現在、韓国では全体の手綱を握るプロが不在状態ないし影響力が弱まっているが故の暴走状態であるようにも見えます。
何れにせよ現在の日本と韓国との関係は以前のものから変化している過渡期にあるということなんだろうか等と思いました。

それでは