ルーマニア女子大生殺害事件について


随分と前に起こった下記の事件になります。
覚えている人はいるでしょうか?

2012年8月17日、ルーマニアの首都ブカレスト郊外の道路脇で日本人と思われる若い女性の死体が発見され、アイセック・ジャパンを通じて日本語を教えるボランティア活動に参加するために、単独でルーマニアへ向かった学生であることが確認された。
アイセック・ジャパンは8月20日の午後6時過ぎに「遺族の意向を踏まえ、一切の説明を差し控える」とのコメントを発表し[7]、同日、公式サイトにも同内容の告知を掲載している
wikipedia

そこから3年ほどの月日が経過して、
改めて目にする機会があり、
当時と印象を異にする考えを持ったので、
ここに書いておきたいと思います。

まず概要を記載します。

被害者:聖心女子大学(英語英文学科)益野友利香さん(20)
容疑者:ニコラエ・ブラッド(25)
渡航目的:NPO法人「アイセック・ジャパン」の斡旋によって海外インターンシップとしてルーマニア南部クラヨバで日本語を教える為
2012/8/14 11:15

成田空港発

2012/8/15 20時過ぎ頃

ブカレスト空港に到着

タクシーに案内すると話し掛けてきた容疑者と被害者タクシーに同乗
その後、国道途中で下車。その脇の森林で被害者が強姦、殺害される

2012/8/17

ルーマニア・ブカレスト郊外の国道沿い被害者の遺体が発見される

2012/8/21

遺族と共に無言の帰国

2013/3/7 事件報道のその後

容疑者が終身刑となるyahooニュース

※他にも真偽の程は別として諸説ありますので気になった方は調べてみてください。

また、斡旋を行ったアイセックに対しての批判が多く出ていましたが、
「遺族の意向を踏まえ、一切の説明を差し控える」とコメントの発表を行った後、この事件に関しては目立った対応を行っていないようです。

当時と違った印象を持った理由ですが、
初め平和ボケした日本人の事件だなぁ位だったのですが、
NPO法人に斡旋を受けたものであるという事と、
下記まとめのツイッター引用を見て
【女子大生】ルーマニア日本人女子大生殺人事件【益野友利香さん】 -NAVERまとめ
彼女自身がリスクを承知した上で旅立ったという事を知ったというのが
大きいです。

これを知って初めに湧いた疑問点としては下記2点です。

  1. なぜ危険である事を承知で旅立ったのか?
  2. なぜ危険なスケジュールをアイセックが取ったのか?

1.については、

彼女の責任感に負う所が大きく、
アイセックからの説得とまた出発時にもメンバーで見送りを行う事で
渡航を止めるという選択肢を奪われてしまったようです。

また、海外の渡航経験が有る事と英語を話せるという点での
自信が負の方向に働いてしまったのではないかと思っています。

2.これが一番の疑問点です。

夜間に危険地域に着くというスケジュールをなぜ組んだのか?
迎えの人間が来ないのも、現地の人間なら、
そんな危険な所に来ないのは当然であるし、
現地の人間と調整を取っていて、
今回のスケジュールを伝えれば計画の変更をアドバイスして来るのではないかと思うんです。
また、交通機関の都合で夜間以外に着くのが無理なら、
どこかで一泊する手筈を取る事が難しいとは到底思えない。
予算の都合に付いても最悪、本人が支払うという選択肢も取れたのではないかと思います。
被害者が文字通りスケジュールを組んだ人間に泣いて嫌だと伝えているという事だったので、この段階で対応策を取るという選択肢が抜け落ちたとも考えられない。

この事件の根底にあるものについてですが、
被害者はおそらく責任感の強い人だったのでしょう。
アイセックについては無責任であると捉えざるを得ない。

責任感の強い人間が無責任な人間の責任を取るという、
誰でも目にするありがちな構図が成り立っていたというのは、
大きな驚きでした。

ただ、一番大きく驚いたのは、
冒頭に紹介したwikipediaの外部リンクにある、
アイセックの出した「ルーマニア国内で邦人女性が亡くなったとの事件報道について」のリンクが切れていた事。
そして、現在のアイセックのHPの中にこのページが存在していないという事についてはこの事件を何も反省していないのかという気持ちが湧き上がってきて仕方がありません。

同じ事件が起きる事は二度とあってはならないと思います。
何事も時が経過すると共に風化して行くのは避けようがありません。
しかし、この事件は余りにも多くの教訓を含んでいるように感じたので、
ここに書かせてもらいました。
稚拙な文章にお付き合いありがとうございます。

最後に、
被害者であった益野友利香さんの冥福を心よりお祈り申し上げます。

参考サイト
海外経験の夢砕く ルーマニア邦人女子大生殺害 -日本経済新聞
ルーマニア邦人殺害事件に現地報道の厳しい声 渡航にかかわったNPOに責任は──? -exciteニュース
(他にも様々なサイトを参考とさせて頂きました。ここでは本文中に挙げなかった主要なものを挙げさせて頂きます)

リンク切れ記事
NHKニュース
産経ニュース
(リンク切れを記載したのは、私の単なる考え過ぎだとは思うのですが、
公に近い所の情報が少ないというのが不気味に感じたので、
キャッシュが残っていて分かっただけですが記載しておきます。
しかし、まとめサイト等の取り扱い数は多く、
この事実には心強さすらも感じました)