yahoo嫌韓、嫌中を減らす為に動く

ヤフーは9月3日、国内最大級の中国情報サイト「サーチナ」との提携契約を解除することを発表した。これまではヤフーニュースに掲載するための記事配信を定期的にサーチナから受けていたが、今後はそうしたコンテンツのやりとりは、一切なくなるという。
ダイアモンドオンライン

yahooがサーチナからのニュース提供を受ける契約を解除するそうです。

理由はサーチナからのニュース提供を受ける事で、
yahooのコンテンツランキングの上位が嫌韓ニュースで
埋められる事も度々あったという事で、
品質向上の為に行うとの事。

でも、サーチナって
韓国、中国のニュースをそのまま紹介する事が多かった気がするのですが・・・。

向こうのニュースをそのまま転載する事で、
嫌韓、嫌中が進む報道が行われている国ってどうなの?

という疑問はさておき、
そもそものサーチナの役割って、
金融情報の提供だったんだ。

そこで調べてみました。

サーチナ運営会社
会社名:モーニングスター 株式会社
(油断してるとトゲトゲボールで頭カチ割るケンね!!という強い意志が感じられる)
事業内容:金融情報サービスの提供←あ!!本当だ!!
資本構成:SBIグループ 49.21% 米国モーニングスター 33.46%
(SBIは元々はソフトバンクインベストメントの略で
ソフトバンクの系列グループ)

あれぇ?SBIってソフトバンクの系列なのに切っちゃうの?
でも決算短信を見ると”サーチナウェブサイトのウェブ広告や新聞広告が減少いたしました 。”って入っているので単純に儲からなくなった?

ただ金融情報の販売では儲かっているらしいので、
サーチナの嫌韓、嫌中ニュースを減らす事で、
嫌韓、嫌中の数が減ってSBIで韓国、中国への投資者を増やして、
その人達に金融情報を販売する方が儲かるって事なんですかね?

いずれにしても韓国、中国のニュースを紹介する事で、
嫌韓、嫌中の数が増えるような国に投資なんかして大丈夫なの?
と、素朴に思ったニュース。