衛星攻撃衛星という呼び名について

パラボラアンテナ施設 徒然日記

政府は、有事の際に外国の軍事衛星を妨害する衛星を打ち上げる方向で検討に入った。中国やロシアが衛星攻撃衛星(キラー衛星)を開発するなど宇宙空間の軍事的な脅威が急速に高まる中、抑止力を高める狙いがある。来年度中には妨害衛星の導入を正式決定し、2000年代半ばにも打ち上げたい考えだ。

ー読売新聞 8月19日朝刊より

この記事を読んで改めて軍事領域は宇宙にまで広がりつつあるのだと知り驚きました。
しかし生活空間の中でもカーナビ等はGPSを利用しており、それは衛星の測位システムを利用しているということなので一般庶民も宇宙の影響とは無関係ではありません。

このように一般民間人ですら宇宙に打ち上げられた衛星の恩恵を受けているのですから軍事が宇宙にまで広がっていない筈がないのです。

自衛隊に限ってみてもXバンド防衛通信衛星なるものが存在しています。
Xバンドとはマイクロ波の周波数帯域の一つで雨や霧といった天候による影響を受けにくいという利点を持っています。
この通信を行える衛星を防衛省は保有し独自で運用しています。
これで短時間で映像などのデータ通信が可能となり弾道ミサイル等の発射情報を得る事が出来ます。
更には陸軍・海軍・空軍の各々で異なる通信方式を自動的に変換して伝送することが出来るので自衛隊の中で情報共有が可能となり自衛隊各軍の統合した運用も可能となります。
昔から陸軍と海軍の仲の悪さは言われていることなのでお互いに協力して展開するなんてことが本当に出来るのか?という疑問符も付きはしますが、少なくとも垣根を越えた展開が可能となる環境が衛星によって齎されていることは間違いないようです。

しかし宇宙空間に於いて衛星は無防備な状態で存在しています。
中国はこの事実に対して、じゃあ衛星に腕かなにかを取り付けて、ぶったたけばいんじゃね?という発想からかどうかは知りませんが本当にそういったキラー衛星攻撃衛星(キラー衛星)を開発中だそうです。

個人的には衛星攻撃衛星って、同じ単語の中に衛星が2回入るのって何か頭悪そうだよねと思いながら同様に頭の悪そうなヤンキーみたいに本当に見境なく攻撃してくるのではないかという怖さも感じます。

しかし例えば自分が衛星攻撃衛星(キラー衛星)の開発に携わったとしてですよ。
それで合コン何かに参加して酒の勢いも手伝って「俺、実は衛星攻撃衛星の開発やってんだ」何て言おうものなら、その場でこそ女性陣は「すごーい」とかは言ってくれるでしょうけど心の中では(この男、言語能力に問題有り、注意)とかレッテルを貼られてしまうことになるのは間違いない訳です。
しかもですよ。
衛星攻撃衛星をキラー衛星に置き換えてみようものなら事態は更に悲惨なことになります。
衛星攻撃衛星でこそ御座なりに女子勢は棒読み的に賞賛の声を上げてくれるかもしれませんが、これが「キラー衛星」では「厨二病かオマエは!!」となるか鼻で笑われるかのどちらかになるという憂き目にあう訳です。
そんな状況では合コンで上手いこといってホテルで夜の後半戦も望めないでしょう。

これが知り合いならざまあみろ。
いい気味と思って面白可笑しく後ろ指をさして嘲笑うことも出来るのですが、それが国益に関わるとなれば話は別です。
そこで提案なのですが衛星を攻撃出来る兵器群を衛星攻撃兵器と総称、その中で衛星攻撃衛星に関しては衛星攻撃兵器(衛星型)とでもすれば良いのではないかと思うのです。

そして衛星を攻撃する兵器は必ずしも衛星型である必要は無いのです。
そこで我が日本の名産であるガンダムを実用化すべく開発して欲しいと切に願うのです。
それよりも宇宙空間に届くミサイルの方が手っ取り早いのでは?等という至極まっとうな考えはノーセンキューです。

ということで悲しい笑いは一刻も早いガンダムの開発と実用化を待ち望んでいるであります。等と思っていたのですが、改めてwiki先生に聞いてみると既に別称として「対衛星兵器」という呼び名が存在していることが判明しました。
良かった。
対英製兵器を開発する人が言葉の不自由な人かヤンキー崩れの頭の悪い人扱いされて合コンではふられていることはないんだ・・・。

それでは今回この辺で

徒然日記
スポンサーリンク
シェアする
悲しい笑いをSNSでフォローして貰えると励みになります。
悲しい笑い