いつまでもあると思うな親と金とは昔のひとはよく言ったもんだと思います。
出来ることなら親には死にそうで死なず両親共に認知症等の介護も必要にならずオレオレ詐欺に引っ掛かってすってんてんになることもなく奇跡的な長寿を全うして逝くのは私が死んだ後位にして欲しいと思っていますし、ついでに使ったお金も私を慕って勝手に戻って来てくれれば良いのにと都合の良いことを考える今日この頃です。

私もおっさんと呼ばれるようになって久しく、おっさんになってくると親が介護状態とかになったらどうしようという不安に駆られることが増えます。
そんな心の隙間を突くかのようにネットで不動産販売なら複数見積もりのこのサイト的な広告を見せられてボンヤリと思ったことを今日は書いてみたいと思います。

先ず自分が売る側として考えてみます。
もしも不動産を売却すると考えたら1円でも高く買い取って欲しいです。
出来れば勝手に土地だか建物だかに何だか知らん勝手な思い入れや思い出とやらがあって相場を無視した高額な金額で買い取って欲しいです。

しかし一方の買い手側は1円でも安く買い叩きたい!
無理して買ったマイホームのローンがリストラだか何だかで払えなくなったのを安く買い叩いた上に相手から感謝されたい等と都合の良いことを考えて不動産屋にそんな感じで急に多額の資金が必要になって相場の2割引き3割引きでも可みたいな都合の良い物件無いの?等と言って不動産屋を困らせているに違いないのです。

そうして1円でも高く売りたいと売主と1円でも安く買いたい買い手の両者が出会ったらどうなるかと言うと、相場付近の金額で取引することになるのです。
市場メカニズムというのは実に上手く出来ています。

そしてもし仮に本当にそんなお得物件があった場合なのですが、相談を受けた不動産会社が一度買い取って相場で売りに出します。
手元に資金が無かったらどうするか?
営業活動で人件費掛けたり広告費を掛けて動くのって面倒臭いじゃないですか?
だから日頃そういうハイエナみたいに安く物件を買い漁っている代わりに支払いだけは早い業者に回します。

従って一般の素人がお得だと思える物件は精々がおとり物件という奴で、これはチャンスと息せき切って不動産屋を訪ねてみたら「いやぁ丁度さっき売れちゃったみたいなんですよね。惜しかったですね」等という猿芝居を見せられて落胆する位が精々なんだろうと思ったりします。

ここで話を不動産一括査定サイトに戻し、もしも自分が不動産会社に勤務していて一括査定サイト経由で見積もり依頼が来たらどうするか考えてみます。

間違いなく高めの見積もりを出すと思います。
と言うのは売る側は高い金額で買い取って欲しいと考えていると知っていれば見積もりの高い会社に依頼される可能性が高いと考えるからです。

しかし買う側は安く買いたいので相場より高い金額の物件は売れません。
ですが不動産会社は言ってみれば売主から販売の委託を受けているような形なので、別に売れなくても懐は痛みません。
それ所か売主はいつまで経っても売れない物件の維持費や抱えている事情によって勝手に困っていく公算が高いとなれば、その弱みを利用して会社で相場より安く買い叩く。もしくは頃合いを見て売主に買い取りを希望する人が出たけど値段を安くしないと買えないと言っていますとか何とか適当なことを言って販売価格を下げさせて以降はその価格を基準値として扱えば良いのです。
そうすれば結果的に適性価格を出して来た会社から販売委託を勝ち取ることが出来るのです。
更には売主が勝手に困窮して買い叩けるかもしれないというチャンスまで得られるので良いこと尽くめです。

依って不動産の売却見積もりサイトに登録している不動産屋は大抵の場合は相場より高い価格を出してくるんだろうなと勝手に想像します。
そう考えると売却を考える側は自分が売却したいと思っている物件の相場を知る必要があります。
自分だったらどうやって調べたら良いのか考えて見ると、ネットで適当に近くの住所で出ている物件の販売価格をいくつか適当にチェックして相場観を作る。

その上で見積もりサイトを使うのは、販売について全く焦っておらず売れなかったら自分が住んでれば良いや位の時に相場より高く出して置く。
しかし売却を任せる会社の営業マンは優秀であれば優秀であるほど相場より高い価格の物件を一生懸命プッシュすることはほぼ間違いなく無いので、比較的広告費を使っている会社で賑やかしに相場より高くても売却したい物件を掲載し続けてくれそうな会社を選んで買い手が酒に酔った勢いで決めちゃったみたいなミラクルを期待して任せておけば相場より高く売れる可能性も高くなって良いのだろうか等と思ったので今日は書いてみました。

それでは今日はこの辺で

この記事をSNSでシェアして貰えると嬉しいです!

投稿者: 悲しい笑い

新卒でいきなりブラック企業に入社してから数々のブラック企業を渡り歩いた途中でどさくさに紛れて営業マネージャーをやったり新規事業の立ち上げ等を行っていました。 投稿はその都度、興味の湧いたものを書いています。