赤井秀和

アリさんマークの引越し社続報

赤井秀和

前回取り上げてからの続報です
アリさんマークの引越し社がアリ地獄のブラックだった

男性を支援する団体から動画がいくつか公開されていたので、
シェアさせて貰います。

動画①アリさんマークの引越社「追い出し部屋」裁判 名誉毀損の「罪状ペーパー」記者会見 2015年9月30日

動画②ありさんマークの引越社「追い出し部屋」事件 社前抗議行動 2015年10月1日 懲戒解雇撤回されるも「罪状ペーパー」が増えていた!

タイトルにもある「罪状ペーパー」がこちら

罪状ペーパー

アリさんマークの引越し社で掲示された男性を犯罪者扱いする内容の掲示物

動画を見て先ず思った事は、
子供か!!

男性の存在が引越し社にとって面白くないものであろう事は
想像に難くありません。

しかし、男性を侮辱する内容のものが会社や
グループ会社に掲示され続けているというのが理解できません。
既に男性の復職は決まったものです。
そこに対しての行動の意味は単なる意趣返し以外の何者でもありません。
つまりは感情に任せて行った考えのない行動でしかないという事です。

他にも社の前での抗議活動に対しての対応の際にも、
カメラでの撮影が行われているにも関わらず、
威嚇するかのような行動を起こしており
これも引越し社に対してメリットがあるとは思えず、
これも感情に任せた行動であるようにしか思えません。
アリさんマークの引越し社で抗議活動への威嚇
「なんやワレ!!アホンダラこらぁ!」(動画②の1:07秒あたりです)

正直、男性に対しては酷い会社に入ってしまったねという、
同情の気持ちを禁じ得ません。

しかし、男性はなぜ会社に残り続けるのでしょうか?
名前は出さずとも動画の中で彼は顔を出して、
自分の声で会見を行っています。

動画②の8:00前後辺りで男性が
他の従業員と共に弁償金や未払い賃金についての、
集団訴訟を起こしたそうです。
そこに対して男性は他の社員に対してのメッセージとして
会社に残っているのかなと思いました。

また、復職に際して会社から男性に対しての謝罪は一つとして
行われておらず、男性はそれに対して、
全く癒されていないという事も述べているので、
感情的な問題もそこには当然に含まれているのでしょうね。
当たり前ですが、社員は人間です。
従って当然の事ながら感情を持っています。
その人間の感情を踏み躙るようなまねをされれば、
傷つくのは道理だと思います。

他に、アリさんマークの引越し社では社員同士で
飲みに行ったりという交流を禁止しているという事を聞きました。
社員が結束する事で会社に対して反抗される事を、
防ごうという試みなのだろうとは思いますが、
これは完全に奴隷を扱う考え方です。

配属された支店の支店長の色が色濃く職場環境に反映される会社です。従業員同士の中はいいと思いますが、従業員どうしでの飲み会など禁止されています。
キャリアパーク

個人的な思いとしては、
社員を人間扱いできない会社なんかやめちまえ!!
だったりします。

他に追加情報として、
男性が関わっているのかどうかは分かりませんでしたが、
既に引越社は他でも訴えられていました

アリさんマークの引越社を元社員ら提訴「天引きは違法」
引っ越し作業で生じた弁償金を従業員に負担させるのは違法だとして、「アリさんマークの引越社」で知られる運送会社「引越社」(名古屋市)と「引越社関西」(大阪市)の元社員とアルバイトの20~30代の男性12人が31日、2社を相手取り、支払った弁償金や不当に減額された賃金など計約7千万円を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

訴状などによると、2社は引っ越し作業で荷物が破損すると、担当した社員とアルバイトに連帯責任を負わせ、給与から弁済金として弁償費用などを違法に天引きしていると主張。原告の1人は運送中の事故でトラックが傷つき、修理代金として40万円を負担させられたという。また、不透明な評価基準による賃金の減額があり、長時間労働に対する残業代の未払いも横行していると訴えている。

弁護団は提訴後に会見し、「天引きや減額行為は労働基準法で厳しく規制されており、明確な違法行為」と主張。今後、東京、大阪地裁でも集団訴訟を起こすという。原告の鈴木拓也さん(28)は「お金を返してほしい。今働いている人が安心して働ける会社になってほしい」と語った。

引越社は「今後、内容を十分に精査し、対応を検討してまいりたい」とのコメントを出した。朝日新聞