朝日新聞は21年3月に続いて21年6月の株主総会で更に赤字額が膨らみ458億8700万円の創業以来の赤字額であること発表しました。
不調の主な要因はやはり紙媒体の不調によるもであるようです。

あれだけネットで反日だ何だと叩かれていた要因となっていた記事が誤報であることを誌面で小さくではあるものの発表したと思ったら海外版に向けてのページについては検索エンジンから検索出来ない設定にしていると外部から指摘される始末。

検索できない設定となっていたのは、平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版2本。1つは朝鮮半島で女性を強制連行したと虚偽証言した吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した記事。もう1つは、「女子挺身(ていしん)隊」と「慰安婦」の混同を認めたことを伝えた記事だった。

朝日新聞、慰安婦報道取り下げ英文記事で検索回避の設定 指摘受け解除、「作業漏れ」と説明 ー産経新聞

朝日新聞のメイン事業は言うまでもなく新聞の発行です。
新聞の購買者は個人です。
ネットで朝日新聞に不信感を抱いていたであろう人たちも個人です。
その個人から、あれだけ懸念を表明されている状態で成り立つのだろうか?
と思っていたのですが、その答えの一つがこの創業以来最大の赤字額の計上なのだろうと思います。

そして朝日新聞はデジタル事業部門の強化を大きな課題として取り上げています。
もちろん、これは昨日今日に言われたことでなく以前から言われていたことです。

その一環だったと思うのですが朝日新聞は40歳以上のシングルに出会いの場を提供するとして、
「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」という出会い系とは一線を画すと謳う出会い系サイトを展開しています。
そのことを思い出して今はどうなっているのかサイトを見に行ってみました。
今で言うならマッチングアプリとも書こうと思ったのですがアプリ版は存在していませんでした。
(2022年2月22日現在)

Meeting Terrace(ミーティングテラス)検索結果

検索結果の抜粋画面を見ると、やはり朝日新聞が主催であるという点を売りにしてアピールしているようです。
そしてサイトを見てみると。

事業譲渡して朝日新聞が撤退していました。
調査が秒で終わりました。

しかしこれですと余りに味気ないので少し深堀りして料金について調べてみます。
入会金
web申し込み3万9800円
紙での申込み5万円
月々の会費9800円
イベント参加料金別途。

まず紙で申し込んで来る人はサービスの対象外だと思います。
実際に紙で申し込んで来られたらどうするのだ?
苦情でネットが使えないから何も出来ないと苦情が来そう等と思うと失敗する未来しか見えません。

金額だけ見ても世間を分かっていない印象です。
と言うか入会金を取っている時点でアウトだと思います。

しかし出会い系、今ならマッチングアプリを競合と捉えると、
月々の会費が男性で¥3000-4000円が相場と聞くので、
これ程の高額を支払ってまで入会する人間がいるのか?
という疑問を感じます。
この辺は料金の高額さについてツッコんで聞いてみたら
「いやぁ、うち女性会員がいないんで、さくらのバイト雇うのにどうしてもお金が掛かっちゃうんですよね。さーせんw」
(なぜかキャバクラとかにいる黒服のお兄ちゃんを想像して書きました)

料金について入会金を取るとしたのは結婚紹介所の料金形態を参考にしたのかな?という気がします。

それぞれ結婚紹介所とマッチングアプリがMeeting Terrace(ミーティングテラス)の競合と想定して考えてみました。

結婚紹介所だと入会金が大体10万円ちょっと位で月の料金が1万5千円位。
結婚紹介所からの紹介機能を除いたから入会金は半額以下という安い値段で提供できる。

マッチングアプリについては、
先ずアプリがありません(2022年2月22日現在)
この事実に驚きを隠せません。
しかしマッチングアプリでは開けない実際のイベントを開けるからお得だ。
だから月の料金が倍以上でも全く問題ない。
(イベント参加費別途)

そして何よりも朝日新聞という信用がある。

ということで結婚紹介所とマッチングアプリという競合から、
それぞれ主要な機能を取り除いて料金だけは都合良く解釈してスタートしたら予想通り誰も入会しなかったということなんですかね?

でも、考えてみると朝日新聞のMeeting Terrace(ミーティングテラス)のビジネスモデルはマッチングアプリ+イベント業なんですよ。
しかしマッチングアプリからアプリを取り除いたら出会い系でイベント業(例えば街コン)も今は殆ど聞きませんよね?そういった流れの中で事業譲渡となったのは必然の流れだったのかもしれないと思ったので書いてみました。

それでは今日はこの辺で

この記事をSNSでシェアして貰えると嬉しいです!

投稿者: 悲しい笑い

新卒でいきなりブラック企業に入社してから数々のブラック企業を渡り歩いた途中でどさくさに紛れて営業マネージャーをやったり新規事業の立ち上げ等を行っていました。 投稿はその都度、興味の湧いたものを書いています。