アメリカでマスクがいまいち普及しない理由

マスクをする女性徒然日記
マスクをする女性


新型コロナウイルスの影響でマスクを着用する人が以前と比べて大きく増えたように感じます。
少し前までダイソー等の100円均一で10枚セットで買えていたものがコロナ騒動で一転して転売ヤーに買い占めらて値段が高騰したり、本当かどうかは調べていないので知りませんがアベノマスクが全世帯に配布されることでマスクの価格を吊り上げようと狙ってストックしていた業者が大放出したことで投売り状態になりそうな気配で個人的な感想としてはざまあみろな悲しい笑いです。商売で利益を出すことは良いことですが人の弱みに付け込んだり本来の流通や生産を細工することで市場を操ろうというやり方は許すべきでありません。

と、ひとしきり愚痴らせて貰いましたが、今回はアメリカでマスクがいまいち普及しない理由についてです。

最近でもアメリカのニュースでアラバマ州のスーパーマーケット店内でマスクを付けないことを注意された女性が、それに応じず騒いでいたら警察にボディスラムをかまされて逮捕された挙句、ついでにマリファナを持っているのが見つかってマリファナ所持の罪も加わるという微笑ましいニュースがあったかと思えば、ミシガン州ではスーパー入店に際してマスク着用を注意した警備員が注意をした相手の家族から撃ち殺されるという痛ましいニュースなどが流れています。

どうもアメリカ人というのはマスクを着用することに抵抗があるようです。
それはトランプ大統領も例外ではなく2020年の4月3日に米疾病対策センターCDCが市民に対してマスク着用の方針を示した際にも「自主的なもので自分はしないだろう」と述べているのを見て、いやいや、おまえは率先して付けないとダメな立場だろうとテレビに向かってツッコんだ記憶があります。

しかし駅などでアジア系の人がマスクを付ける姿に違和感を感じることは無いのですが、やはり欧米の人がマスクを着用している姿を見ると珍しいなと思ってしまうのも事実です。

そこでアメリカのマスク事情なのですが、実はアメリカの州によって反マスク法というものがありマスク着用自体が禁止されている所も存在するようなのです。
理由としては白人至上主義団体「クー・クラックス・ クラン(KKK)」の活動する際に自分の身元が割れないようマスクなどで隠していたものを制限するために制定されたようです。
このように人種差別の問題も絡んでいるのが問題をややこしくしている要因の一つとして存在しておりジョージア州オーガスタ市の市長も「根深い偏見が現実にある。白人がマスク姿で店に入るのと、黒人が見せに入るのでは全く意味が違う」とワシントン・ポスト紙のインタビューに答えており、逆にイリノイ州のスーパーでは黒人男性がマスクをしていたら警察から注意されたことに反発する動画がアップされたことで反響を呼んだりという出来事もあったようです。

更にはマスクやバンダナで顔を隠すのは昔から犯罪者だという固定観念もあるようで、アメリカで昔気質のテキサス州あたりのおじいちゃんなら「何がマスクだバカ野郎、コロナだかコロ助だか知らねぇけど、昔っからマスクしなきゃなんねえのは、銀行強盗だって相場が決まってんだ。べらんめい」と向こうの江戸っ子口調で怒る人も多いのかもしれません。

そう考えるとトランプ大統領はどちらかと言うと強いアメリカを復活させようと方針によって動いているので、病気に負けないマッチョなイメージ作りの為、自分は後ろ暗いことをして顔を隠さないといけないような人間ではないというイメージ作りの一環というのも理由であるのかもしれません。まぁ不倫していたのを元不倫相手に口止め料を払って、しかもそれを自分ではなく弁護士にさせていたというのが表になった時点で十分に後ろ暗いから今更マスクを付けても問題ないんじゃない?と言ってやりたい位なのですが、本人からしたら不倫は文化だから無問題的な認識なのかもしれません。

他にアメリカでは相当な重病者が付けるものであるという意識もあるそうで、単純にマスクを付けていると、自分も病気を移されてはたまらないということで周りにいる人が引いていって悲しくなってしまうというのもあるようです。

マスク一つとっても国によって事情というのは随分と違うものだと思ったので今回はアメリカでマスクがいまいち普及しない理由について書いてみました。

それでは今回この辺で