ファミレスで食事をしていたら、たまたま隣の席に座った女子高生や小学生もしくは外国の方が発信者にとって都合の良い政治談議を始めることはなく、代わりにおっさん二人が話している内容が聞こえてきました。

おっさんA「そういえば中学のとき一緒だった○○って知ってる?」
おっさんB「ああ知ってる知ってる。ヤンキーのあいつでしょ?」
おっさんA「そうそう。あいつ今更ヤクザになるらしいよ?」
おっさんB「あー、本当?このご時世に?大変だね」

このおっさん二人の見た目の感じからして年齢で言うなら30~40程度。
確かに暴対法から後のヤクザは大変だと噂に聞きます。一昔前ならヤクザと聞くと好き放題やっていたイメージだったのですが今となっては遥か昔の話といった感があります。

今日は一昔前のヤクザについて少し書いてみます。

私自身は幸いにしてヤクザと言われる人たちと直接の関わりは無いため詳しくは知らないのですが嘗て友人の住んでいるマンションに遊びに行ったところ、やたらジャージを着た人に遭遇するなぁと思い住人である友人にそのことを聞いてみると「ああ、ここ俺も住む前までは知らなかったんだけどさ。ヤクザの事務所がいくつか入ってるらしいんだよ」と言われて驚いた記憶があります。
言われてみれば大人になってからスポーツでもやろうかという時を除いてジャージで外をうろつく事ってあんまりありません。そのマンションでは若者も見た目40過ぎてそうなおっさんもジャージを着てマンション内をうろついています。
しかもスーツを着た男性と乗る時にもいい年したおっさんがジャージ姿で階数ボタンの前を陣取っている姿というのは、どこでも見れる光景かと言えば決してそんなことはありません。

このジャージの人たちは部屋住みと呼ばれる人たちで、そういったヤクザ見習いの部屋住みは一つの組に2~3人程度、多くて5人程いると言われますが、結構な数のジャージ姿を見たので複数の組がいくつか入っているというのも納得できました。ですが他の組がこんな近くに居てケンカにならないのか?等と思うのですが、そこは何か明確な線引きがあったのかもしれません。
個人的にはエレベーターで部屋住みと兄貴分がバッティングした時にどちらが行先ボタンを押すのかで揉めたりしないのか?というのが気になる所でした。

他にも友人曰くそのマンションは付近の人からヤクザマンションと呼ばれる地元では知る人ぞ知るマンションだったのだそうです。
詳しい場所の記述は控えますが23区内の都心近くの貴重な下町近くのマンションだったので、よくこんな所に久美事務所が入れたなと驚いたのと、更に昔のヤクザの組事務所と言うと大きな豪邸を高い塀で囲んで正面にでかい門があって、その横に縦に長い木製の看板に○○組と墨書きがされたものが掲示されている場所のイメージだったのですが見た目普通のマンションにヤクザの事務所があるものなのかと驚きます。

しかし昔、ホテルに宿泊した際にも部屋の外の廊下で怒鳴りあう声の聞こえる一騒ぎがあり怖々とフロントに内線を掛けてみたら「ああ、それね。別に悪い人たちじゃないんで気にしないで下さい」と流されて終わりそうになって「いやいや、悪い人じゃないと言われても怖いじゃないですか」と精一杯抵抗してみたら「でも、その人たちヤクザなんですよ。ただ一般の人たちには迷惑は掛けないんで大丈夫ですから」と言われ、ああ、なるほどね。当時もホテルに暴力団の利用はお断りの流れが出来始めた時期だったので、ヤクザが堂々と使える状態ではなかったので驚いたのですが、可能性としてホテルの運営自体がヤクザだったら強硬に抗議したのが向こうに伝われば、ドアをノックされて開けてみたら強面のヤクザがいて「どうもすみませんでしたね」等と言われても怖くてこっちが文字通り恐縮するか、それともしたらドアを蹴られながら「なんか文句あんなら直接言って来いこのやろー!」等となる可能性を考えて、これは経過観察がベストだなとなったことを思い出します。
今になって思うと、宿泊費の安さから私が宿泊していたホテルは以前からヤクザの事務所代わりに使っていてフロントも慣れっこになっていたんでしょうね。
(ちなみに廊下で起きていた騒ぎ自体は直ぐに終わった)

他にも小学生の頃は組事務所があった場所は地域一帯で共有されていて○○町〇丁目にはヤクザの事務所があるから近付かないように等と言われていたものでした。
今もこういった情報共有はあるのかな?

忌み嫌われているヤクザですが所変われば何とやらという奴で場所によっては好感的に一体化している町もありました。
そこは地域の繁華街であったのですが地回りヤクザとでも言えば良いんですかね。なんでもその町の店でバイトを始めると「暴れたり因縁付けてくる奴がいたら直ぐヤクザに来て貰うから言ってね」と言われてビビったという話を聞きました。
飲食店でよくある因縁付けとして
料理の汁がスーツに掛かった。
これから大事な商談があるのにどうしてくれるんだ。
損害賠償を請求する!
どうせ払えないだろうから新しいスーツを買う10万を寄越せ
以上のようなことを言って渡り歩くビジネスで食べていた人もいるので、そういう時に地元のヤクザが直ぐにやって来て輩を締め上げてくれるのは店側も有難かったようです。
町の溶け込み具合から見て毎月のみかじめ料も市場価格に見合ったものだったんでしょうね。
当時の警察は基本的には民事不介入でこういったケースに介入してくれなかったので、じゃあ誰を頼るかと言うとお金を毎月支払えば助けてくれるヤクザ位しかいないという状況もあったようです。
更に女性が接待してくれるお店だと迷惑な客がいてもヤクザが対処して直ぐに解決してくれるので女性も安心できるしお客の側も安心して飲めて良かったのだとか。
そういう話を聞くと需要があるんだったら暴対法で取り締まられるヤクザとしてみかじめ料を取るとかでなくて、民間企業の警備会社として毎月警備料として貰った方が良いのでは?と思ったことを思い出します。
私が知る限りヤクザの事務所探しというのは大抵の場合は大きな抵抗があって困難なものであった印象なのですが、その町では繁華街近くに堂々と好意的に存在していたようです。
これは数の少ない例外だと思いますが、組の事務所事情について話を戻すと他の一般的なヤクザは組で表のフロント企業を立ち上げてその名前で事務所を借りてそこを使ってというようにやりくりしていたんだろうと想像はするのですが、それも暴対法が施行されて現在となっては事務所を探す所かヤクザであり続けること自体が難しくなってしまっている筈なのでヤクザという職業の人たちにとっては今の時代というのは受難の時代なんだろうなと思います。

そう考えるとファミレスで話していたおっさん二人の同級生もヤクザになってやっぱり苦労するんだろう等と思ったので今日は買いてみました。

それでは今日はこの辺で。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。