桶川ストーカー殺人事件 埼玉県警上尾署の傲慢と失態

流出書類社会派気取り


桶川ストーカー殺人事件ですが、
最終的には警察内部でも多数の処分者を出すに至っており警察に対する不信を招く要因ともなっています。

この事件の主犯である小松和人についてはこちら
桶川ストーカー殺人、主犯である小松の異常性について

実際にこの事件に対しての警察の対応は余りにも不審な点が多かったので書いてみました。


所轄である埼玉県警上尾署が取った被害者に対しての対応

母親と二人で被害を訴える為に三日間通う(二日目は父親も加わり三人)が事件にならないと取り合わない。
小松とのやり取りを録音したレコーダーを提出しても同じ対応。

彼女の自宅周辺、大学付近、父親の会社に中傷する大量のビラを撒かれた為に通報されるが次の日に一日見張るだけで終了。

告訴を決意した彼女に「よーく考えた方がいいよ。全部みんなの前で話さなくてはいけなくなるし、時間掛かるし面倒くさいよ」と告訴を取り下げるように促す。

告訴を受理するまで一ヶ月半もの時間を掛ける。

父親の会社に送られた嫌がらせの手紙を持ち訴えると「これはいい紙を使ってますね。手が込んでいるなぁ」と笑いながら言うだけで何もしない。

自宅前での嫌がらせについて通報を受け車のナンバーも知らされるが何もしない。

被害者宅へ刑事が訪問を行い「受理した告訴を取り下げて欲しい。告訴するならまたすぐにできますよ」と伝えに来る。
(刑事の発言は嘘で取り下げた告訴を再度上げる事は出来ない)


警察はこの嘘について当初関係者たちはメディアに対して次の様に話していたようです。

警察幹部がこの事件に関してされた質問に対しての回答

「調べてみましたが、警察にそんな刑事はうちにはいません。記録も報告もありません。そんなことを言う筈がありません」

捜査関係者がこの出来事についての質問に対して

「ニセモノですよ。おそらく芝居を打って告訴を取り下げようとしたのでしょう」

※この件は当初、報道関係者も小松の手の者によるものと捉えていましたが清水氏に被害者の父親から調書を取った刑事である事が伝えられた事で本物の警察であることが発覚しました。

警察が告訴を取り下げさせようとした事への識者の意見
告訴を受理すると検察庁への書類送付義務が生じ県警本部でも状況が管理される。
事件の起きた9月は上尾署の署長が交代した時期で継続捜査事案にチェックが入り事件が二ヶ月進展がなければ問題になる。
しかし遺族が取り下げれば無かったことになる。
従って解決するよりかは事件自体を無かった事にした方が警察にとって都合が良いと判断したのではないか。

捕捉として告訴調書とは検察または警察に口頭で告訴する場合に検察官か警察官が作成する調書の事です。
今回の事件では「告訴状」が「被害届」を出したという内容に改ざんされていました。

するとどうなるのか?

名誉棄損は親告罪です。
親告罪で警察に犯人を逮捕して貰う場合、被害者から犯人を逮捕してくださいという「告訴状」を出す必要があるのですが、それを警察は被害状況を伝える「被害届」に改ざんしてしまいます。
つまり警察は小松を逮捕出来ない状態になっていたということです。

更に警察は逮捕できない犯人を確保する為に100名にものぼる捜査体制を敷きました。その中で犯人が逮捕できない状況ということを書類の改ざんに関わった3名の警察官以外に誰も気が付かない等ということは果たして起こり得るのでしょうか?

それでは事件当初、既に詳細な聴取を持った上で記者クラブへと提供された情報です。

詩織さんの服装と身に着けていたのもの
・黒いミニスカート
・厚底ブーツ
・プラダのリュック
・グッチの時計
・酒を出す店でアルバイトをしていた
(警察は小松が風俗店経営者であることから「風俗店店長と交際していた被害者 猪野詩織」とすることで被害者も風俗嬢であるという印象操作を行っていました。小松は詩織さんに自分がカーディーラーであると言い続けていたにも関わらずです。)

報道側は警察の目的通りに乗せられたことで当初、詩織さんを下記のイメージで報道
ブランド依存症
風俗嬢だった女子大生
といったようにブランド中毒の女子大生が交際相手に散々に貢がせた挙句に痴情の縺れで殺されたといった報道のされ方をしています。

実際はブランド品は小松が渡したものであり、風俗嬢というのも二週間だけ酒を出す店でアルバイトをしていただけです。

また被害者の容姿が良かったこともメディアとして世間の耳目を集めるには丁度よく面白おかしく報道されました。

上尾署は新聞記者の取材に捜査員は「あれは風俗嬢のB級事件だからね」と言い続けたそうです。

被害者の猪野詩織さんについて公開される情報も上記の通りブランド品を持って厚底ブーツを履いた女子大生といった情報を流すことで印象操作を実施することでその試みは途中まで成功しています。この流れを広報でもない事件担当の僅か3名の警察官で形成出来るとは考え辛い。そう考えると担当部署だけでなく上尾署の上層部も事件に関わっていたと考えるのが自然ではないでしょうか?

少なくとも事件を担当した部署の垣根を越えて他の部署に指示することの出来る上層部で情報が共有されていたと考えるのが自然なような気がします。

こういった状況下で上尾警察署は逮捕できない犯人に対して100名にものぼる捜査体制を敷いたのです。

フライデーの記者である清水氏が凶器であるナイフを事件現場裏の団地付近や歩道の植え込みを捜索した際に団地の管理者や住人に聞き込みを行うと警察は捜索に来ていなかったという証言を得ています。

つまり警察は100名にものぼる捜査体制の中で事件現場すぐ近くにある凶器の隠し場所として最適な場所を捜索していない。

これは私の穿った考えですが、警察は無かったことにしようとしていた小さな事件が殺人事件に発展してしまった。そのため必要な捜査なども行われていないため世間の注目を集めると警察の不手際が明らかになってしまう。

それを避ける為に記者たちには警察にとって都合の良い情報を流すことで風俗嬢のB級事件として扱わせることで火消しを図るも失敗。そうなると世間の注目を集めてしまっている状況で警察が動かないという訳にはいかない。そのためにアリバイ作りとして逮捕できない犯人を捕まえる為に100名体制の捜査体制を結成した。

そう考えると先述のナイフを隠すのに最適な場所を捜索しないのは当然です。もしもナイフが見つかって指紋から犯人が確定したらどうなるか?

警察が書類を改ざんした事実が発覚してしまうのです。

つまり警察も犯人が見つかると困ってしまうという状況にありました。

以上のように考えると警察が犯人逮捕に繋がる場所を捜索しなかった理由の説明がつくように思います。

更にこの事件をスクープした当時フライデーの記者、清水潔氏は小松容疑者と警察の繋がりについて疑義を呈しています。


警察はこの事件の結果として

・100人体制で臨んだにも関わらず週刊誌記者である清水氏に出し抜かれ実行犯の居場所を先に特定される
・主犯である小松和人に自殺される
・書類改ざんの不正を暴かれて逮捕者を出す
・国会で議員に捜査の怠慢を追及される
-警察の事件関係者処分者多数※1
・遺族に国家賠償請求訴訟を起こされて敗訴
-捜査の怠慢を裁判所に認められて賠償金550万の支払いを命じられる

といった警察史上の中でも稀に見る大失態を衆目に晒しています。

2000年4月6日警察が内部調査の結果を発表
警察が調書を勝手に書き換えて告訴を取り下げていた。
書類改竄に関わった3名は懲戒免職。
この3名は詩織さんの訴えを聴かなかった刑事二名と告訴取り下げの話をしにきた巡査。
動機は告訴を減らしたかったというもの。

※1警察関係者処分者と内容

4月6日に埼玉県警は「調書改竄」や「捜査放置」を認め謝罪し、署員の処分を決定した。

署員3名 – 懲戒免職
埼玉県警本部長 – 減給10%・1カ月
県警本部刑事部長 – 減給5%・1カ月
上尾署長 – 減給10%・2カ月
県警刑事部主席調査官(元・上尾署刑事生活安全担当次長)- 減給10%・4カ月
上尾署刑事生活安全担当次長 – 減給10%・1カ月

9月7日、告訴状の改竄に関わっていた元署員3名が虚偽有印公文書作成容疑で執行猶予3年の懲役刑の有罪判決を受けた。wikipedia


その後、事件当時刑事であった巡査部長が2000年10月7日に起こした事件について

・事件当時の上尾署員を脅迫
・当時の上尾署刑事生活安全担当次長であった埼玉県警警視の自宅を放火
・逮捕、服役中に自殺
・容疑者への対処に不信感を表明した刑事も自殺

補足として

逮捕された巡査部長は桶川事件当時上尾署の刑事であり、さらに最初の逮捕容疑となった脅迫事件の被害者も当時の上尾署員だった。wikipedia

容疑者は刑事から交番勤務に左遷されていたことから恨みによる犯行とされた。その一方で容疑者は桶川事件では最初に被害者の女子大生に応対し相談内容の深刻さに同情して当初は熱心に話を聞いてくれていたという。wikipedia

警視は桶川事件当時の上尾署刑事生活安全担当次長で、告訴取り下げや告訴状改竄を直接、間接に指示し得る立場にあった人物である。wikipedia

この事件の余りの遣り切れなさに驚いています

被害者死亡

容疑者自殺

警察関係者処分者多数と複数の自殺者

これだけの死者を出しながら誰も救われていない。

結局この桶川ストーカー殺人事件というのは何だったのでしょうか?

警察が本来の職務を全うしなかった事を隠すために右往左往していた単なる失態劇だったのでしょうか?しかし事件後に自殺した巡査部長の一連の出来事には明かされていない裏が隠されているように思えて仕方ありません。

事件発生から多くの年月が経過している訳ですが、この時から改善が行われているのかどうかというのは大いに気になる所です。
そもそも警察が何のために存在しているのかという点を考えて見つめ直して欲しいというのが率直に望むところであり、まだ風化させるには早い事件と感じました。

最後に詩織さんの友人の言葉です
「詩織は小松と警察に殺されたんです」

参考資料:
桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)清水 潔
-書いた内容の殆どはこの本の内容を参考とさせて貰っています。事件当時フライデーの一記者に過ぎず、記者クラブに所属することも出来ていない為に警察への取材も出来ない人間が大手報道や警察を出し抜いて真相を暴き出して真犯人を追い詰めていく姿からは執念すらも感じます。


桶川ストーカー殺人事件―遺言―