川口市で騒音問題に遭遇するとどうなるか1

本当に住みやすい街大賞2022第2位ではないと思う 騒音

自宅近くにまいばすけっとがオープンしてくれたのは良いのですが、まいばすけっとの設置した室外機からの騒音で苦しめられることになりました。

当然、まいばすけっとに苦情を申し立ててはいますが解決には至っていません。

そして思った以上に困ったことになったのが川口市役所の対応です。
部署は環境保全課になるのですが、ここの相談してから解決への道が遠のくことになりました。

それぞれの問題点については別の記事にて述べているので、ここでは川口市環境保全課の対応についての備忘録として残すことを目的として書かせて貰います。



因みに川口市環境保全課の対応については窓口の担当職員個人の問題でなく部署で共有してくれているとのことですので、対応に問題があれば環境保全課の問題ということになります。
そして基本的にはメールでやり取りをして残しているものを見ながら当時のことを思い起こしながら書いています。

先ず初めに宣言しておくと環境保全課の対応には全く納得がいっていないため途中で感情的になったりグチになる可能性は大いにありますのでその点ご了承の上で読んで頂けると幸いです。

2022年3月某日
まいばすけっと 西川口駅東店オープンにあたり自宅近くに室外機が設置されました。
結果、物凄い騒音が自宅に響くことになります。

たまらず川口市環境保全課へ困っているため対応して欲しいと問い合わせます。

2022年3月2日
川口市環境保全課から返信が返ってきます。
現地調査を行い室外機からの騒音を確認した。
店舗担当者に対し苦情が出ていることを伝え改善を求めた。

商業地域における夜間の規制基準(50dB)は20台以上駐車できる駐車場がある大型スーパーやファミリーレストラン等に適用されるが当該店舗であるまいばすけっと西川口駅東店は規制対象外。
任意の改善を求めることしか出来ない。

当時はどうしようと大いに悩みましたが、調べてみると環境基準を超えている騒音の確認が為されていれば調停という話し合いの制度による解決も望めそうだと考えました。
そして相手は名も知らぬ有象無象の中小零細の個人が営む経営者によっては全く話の通じない無法者である可能性の薄い天下のイオングループのまいばすけっとだからです。
おまけにイオンは環境を守る等と嘯いてはいます。
そこが環境省の定めた騒音の環境基準を超える騒音を出しているなら解決もしてくれるだろうと思ったのです。

詳しくは下の記事に書きましたが、まいばすけっとは室外機から遠く離れて騒音の届かない位置で測定したら環境基準を超える騒音の発生は確認出来ないため騒音の発生自体ありません等と抜かして来ます。

まいばすけっとに騒音苦情を出したら、騒音元から遠く離れた場所で測定したら騒音が確認できなかったので解決しましたと説明を受けた話

それと対策としてホームセンターで適当に買ってきたゴムを適当に挟んだので振動が抑制されて解決ですといったようなことを述べてきました。
当たり前ですが問題は全く解決しません。

そこで計測を行ってみますと60dB以上の騒音が出ているのが確認出来ました。
しかし個人で計測したものは信憑性に欠けるとして取り合って貰えません。

数年経った現在も以下のように同じ状況です。

※ヘッドホン推奨


そこで川口市環境保全課が騒音の確認を行ったと述べていたので改めて騒音値を教えて欲しいと問い合わせます。

2022年3月9日
返って来た返信は
規制対象外であるため店舗に苦情が申し立てられている旨を伝え任意の改善を求める以上の対応は出来ないので騒音測定は実施しない。
市としてもすでに店舗に任意の改善を求めておりこれ以上の対応は出来ない。

といった返信が返ってきます。
ここで問題なのは川口市環境保全課が調査を行っていないことです。

先ず川口市環境保全課は規制対象外と言う言葉をミスリードとして使用しています。
確かに騒音についての罰則は設けられていません。
しかし公害とは企業や人の活動によって生じるものを指します。
従って行政がこういった相談を受けた場合、先ずは調査による測定を行うのが鉄則です。
そうでなければ、騒音元は解決すべき騒音は発生していないという態度を取ることが出来てしまうからです。

同じ頃にtwitterで隣人の低周波音による被害に困って川口市環境保全課に相談したところやはり断られた上にこのままでは今の自宅に住んでいられませんと伝えたところ漫画喫茶にでも適当に住めば良いんじゃありませんか等と言われ憤慨しているといった人を見つけます。

このような相隣関係についても公害と言えるので環境保全課は対応義務があります。
少なくとも調査を行うことが求められます。
そこで被害を確定させた上で解決しなければ企業等の対応と同様に調停や裁定、もしくは訴訟へと繋げていく。
つまり個人でも企業でも地方行政は同じ対応をするということです。
低周波音についても騒音に含まれる問題とされており先ずは騒音測定です。
騒音の値が減じても被害が生じるようであれば低周波音の発生が考えられるので、次は低周波音の測定を行うといった流れが考えられます。

このように罰則が設けられておらずとも行政が騒音測定等の調査を行うことは当然のことです。
逆に調査を行わずにどうやったら解決出来るのか?

私の場合は騒音問題となりますが、他にも川口市では資材置場問題が生じています。
これも言い換えれば資材運搬等に伴う騒音や振動、野焼き等による大気汚染といった環境問題です。
この被害に遭っている人に話を聞くと川口市環境保全課は測定など全く行っておらず被害が生じてから数年経つが未だに解決していないのだそうです。

川口市環境保全課は資材置場問題として世論に押されて仕方なく対応はしてはいるようですが、資材置場側に苦情が出ていると伝えるだけの対応をしているようです。
言ってみれば役人のアリバイ作りに過ぎないので、こうすることで環境保全課は資材置場が対応してくれないので仕方ないという、ある意味で自分たちも被害者なのだというスタンスを装うだけの対応に終始しているようです。
まあ当人は面倒な仕事にあたった被害者だと本気で思っているのだろうとは思いますが・・・

どうやら川口市で騒音問題に遭遇した場合は相手の善意に期待するか諦めて引っ越すしかないようです。
川口市環境保全課が機能していないので仕方ありません。

これが本当に住みやすい街大賞2022年度第2位を受賞した川口市の本当の姿です。

困りました。

騒音
スポンサーリンク
シェアする
悲しい笑いをSNSでフォローして貰えると励みになります。