セルフイメージと言うものがあります。
会社を倒産させた社長がいたとして、
一人はその後に貧乏になったが再起を狙い続けて再び成功を手にすることが出来た。
一方で会社を倒産させてから再起することが出来ず夜逃げしたらしいという話も珍しくありません。

この両者の違いは何なのでしょうか?
二人の社長の事業と能力は別々なので比較しようがないのですが、
明確に挙げられるのは以下です。
・生活レベルを落とせた。
これが出来ていれば夜逃げ社長だって成功は難しくても所謂普通の生活は出来たと思うんです。
では夜逃げに至った社長がなぜこれが出来なかったのか考えると、それはセルフイメージを傷つけられている為ではないかと思ったので書いてみたいと思います。


セルフイメージとは自分が自分をどんな人間であるかを自分自身の中に描いた自画像のようなものになるかと思います。
簡単な例を挙げれば、
足の速い子供であれば、自分は足の速い人間。
絵の上手な人であれば、自分は絵の上手い人、絵描き、絵師である。
といった所になるでしょうか。

これらは自分で思い描いたイメージなので必ずしも正しい訳ではありません。
間違った例を挙げれば、私の友人のジャイアン(仮称)は自分で歌が上手い人だと思っています。
私がジャイアンの歌について抱いているイメージは歌は下手だけど声はでかいです。
従って、ジャイアンが自分は歌手になりたいと言えば友人として「これは凄く言い辛いことなんだけど、君、歌、下手だよ」と告げざるを得ないわけです。
この自己のセルフイメージと他者の抱くイメージが一致していれば問題ないのですが、このように大きな乖離が生じている場合は些かの問題を生じさせることになります。

私が正確な事実をジャイアンに告げた場合に想定される反応は以下になります。
1.「そうなんだ。じゃあ諦めて家業のスーパーを継ぐよ」と事実を受け入れる。
2.「はぁ?おまえ耳がおかしいんじゃないか?青いタヌキがバックに付いてるからって調子に乗るんじゃねえぞ!」と言って怒る。
3. 「そうか・・・(こいつ耳がおかしいんだな)」とこちらの解釈を否定する。
これらの反応が予想されます。

素直に受け入れられる人であれば、こちらも勇気を出した甲斐があるというものですが、これは残念ながら稀な例になると思います。
実際は2、3の例が多く、ジャイアンは私と話したその後にでもスネ夫(仮称)あたりに「のび太(仮称)に俺の歌が下手だって言われたんだけどよ。そんなこと無えよな?」
「え、ジャイアンの歌が下手だってのび太が言ったの?・・・。う、うん、う、うまい?と思うよ。多分だけどね。いやぁ、でも僕も歌とかよく分からないから、な、何とも言えないんだけどね。おそらく、きっと、そうなんじゃないかな?」
とでも言って貰って「そうだよなぁ。あいつ耳が悪いんだよな」と自分を無理やり納得させるに違いないのです。
このように一度作り上げたセルフイメージというのは中々変え難いものがあります。おまけに、これを壊すようなことを言えば、それが事実であったとしても大抵は大きな衝突が起きますし、そうならなくても自己弁護が行われてそのイメージは守られたままのケースになることも往々にしてあります。

ここで話は冒頭に戻るのですが、社長は一度やったら辞められないとよく耳にします。
理由として
一つは社長の頃の収入が下がってしまう事による金銭的な理由
もう一つは今さら誰かの下に付いて人の指示で動きたくないという立場の問題

ただしホームレスの中にも以前は会社の高い地位にいたり会社の経営を行っていたという例があると聞きます。
ということは普通の暮らしよりもホームレスの方が金銭的には厳しいものになっている筈なので、この暮らしに耐えられるなら実は金銭的な理由は必ずしも耐え難い理由とはならない。
そこで思ったのですが一度作り上げた「自分は会社のトップで全て自分で決めて動ける偉い人」というイメージを崩すことが再起を起こすべく行動を起こす妨げになっている理由になっていると思うのです。
会社が潰れた後に別の会社で働くということは誰かの指示で動くか勤務先の会社の方針に従った行動を取ることになります。
これが自分のセルフイメージを崩す受け入れ難い事実になっているのではないか。
普段の生活にしてもそうです。
社長の頃はタワマンの上層階に住んでいたものが6畳一間のアパートに引っ越すというのも「自分は社長で稼いでいるから成功者が住むに相応しい場所に住む」という今までの成功者であるというセルフイメージの住居についての箇所を「自分は会社を潰して資金が無いから収入に相応しい場所に住む」と書き換えるのは想像するだけで難しいものだと分かります。
故に夜逃げに至った社長であれば、仕事を探し住居や食事の内容といった生活レベルを落とすことは難しい。
つまり生活を変えるということはそのままセルフイメージを書き換える必要があるからです。
もしも自分の持つ預金等の資産が尽きるまでにセルフイメージの書き換えが出来なければ以降は借金をするか飢えることになる。その限界点が見えてくれば夜逃げか失踪する。それは最悪、自殺に至る可能性すら考えられます。

もしかしたら自分が今いる場所でセルフイメージの書き換えが出来ない場合は、誰も自分を知らない土地に行くことで今まで社長であった自分を知る人が誰もいない場所に来て始めて全てリセットして一から新しいセルフイメージを書き換えることが出来るようになる。そうなって初めて再構築するべく仕事に就いて日々の生活を送ることが出来るという人もいるのかもしれません。

これは今回の例に限らず企業をリストラされた人も当てはまるでしょうし、あるいは学校でいじめに遭ったことで不登校になった場合もセルフイメージを傷つけられたことが原因であると言い換えられるかもしれません。もしもそういった人たちを再起させる必要が生じたなら相手の傷付けられたセルフイメージの再構築を行うという観点から行動してみても良いのかもしれないと思いました。

それでは今日はこの辺で

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。