日本初公開:1999年12月18日
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
イタリア・アメリカ合作

生まれてから一度も船を降りることの無かったピアニストの話。

物語はマックスという男の思い出話の回想シーンという描かれ方をします。
主人公の1900(ナインティーン・ハンドレッド)はマックスの同僚であり良き友であり憧れを抱かせる英雄として描かれていました。

回想の中の船は過ぎ去った時代を象徴しマックスは普通の感覚の持ち主の人間を代表している。
その対極の存在として1900が存在しているのだと思っています。

この作品が人の心を動かすのは数々のエピソードが積み重なる事によって達成されているのではないかと思います。

はじまりは1900年。
作品の舞台はアメリカに渡るために多くの移民が夢と希望を抱いて乗り込んだ豪華客船ヴァージニアン号。
その船のダンスホールで機関士ダニーはピアノに置かれた赤ん坊を見つけ「ナインティーン・ハンドレッド」と名付けます。
映画の中で1900は大きく揺れる船の中でピアノのストッパーを外し揺れによって縦横無尽に走るピアノを心地良さそうに弾くシーンがあります。
これは正に1900が船を揺り籠として育ち、ピアノを何よりの友として過ごしたことを良く表現しているなぁと思いました。

他にも豪華客船の中でジャズピアニストと対決したり。
想い人となる女性との出会いを経験し彼女を想い曲を作ります。

船は1900の生まれ故郷で在り青春を過ごした場所で在り彼が今まで生きて来た全てであったのでしょう。

豪華客船はやがて病院船へと役割を変え、遂には破棄されることとなります。
その姿に嘗て豪華客船であった頃の面影はありません。

この屍骸となった船は昔に捨て去ってしまった想いや過ぎ去った時代への懐古を表現しているのかもしれません。
それは普通の人が果たせなかった想い、あるいはそれは夢と言い換えても良いのかもしれません。
船と共に1900が殉ずる姿は同時に観客の脳裏に過去はたすことの出来なかった夢やそのために選択することの出来なかった後悔を映すのかもしれません。

1900は純粋な大人だというイメージを抱きます。
想いに身を任せる事の出来る狂気すれすれの純粋な天才。

普通の感覚を持つ人間が見限らざるを得なかった時代に留まり続ける事を選択できる懐古主義者の最期。
誰もが正解を知っていても間違えた選択肢を選ぶことを望んだ時が一度はあったのではないでしょうか?
その選択肢を1900は選びました。選択肢と共に彼を訪れるものは死です。
殉教者への憧れ。
それを彼の姿が表現しているのだと感じました。

思うのですが、案外あの作品の主人公はマックスであり、海の上のピアニストという物語は彼を救う為のものだったのではないかと思うんです。彼を救う事であの物語は完成したのではないかと思うんですね。そして彼はおそらく見ている観客自身です。

作品が終わった後も暫くピアノの鳴る音が聞こえてくる。そんな余韻を残す作品でした。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: 悲しい笑い

ブラック企業を渡り歩き、どさくさに紛れて営業のマネジメントや新規事業の立ち上げをやったりしていました。